JRR200 ルートリフレクタ アプライアンス

JRR200ルートリフレクタ アプライアンス は、大規模なルーティングテーブルを必要とするサービスプロバイダ、データセンター、エンタープライズネットワークに最適なソリューションを提供します。スペースと消費電力に制約のある環境向けに最適化されたコンパクトな筐体で10 GbE接続を提供します。ネットワークを簡素化し、クラウドサービスや分散メトロ、データセンターネットワークなどの幅広い導入事例で、運用コストを削減できます。

JRR200アプライアンスは、機能豊富なBGPコントロールを提供するJunos OSコントロールプレーンを搭載しています。カスタマイズされたサーバーとハイパーバイザーソフトウェアのどちらかを選択したり、個々のハードウェアとソフトウェアのサポートを維持したりする必要はありません。

ゼロタッチプロビジョニング (ZTP)のサポートにより、JRR200は新規の導入を迅速かつシンプルにプロビジョニングできます。

主な特長


· 64-Gbpsパケット転送

· 20GbE WAN

· 5千万件のRIBエントリーをサポート

· 1/10GbE x 10ポート

特長とメリット

高い信頼性

すべてのアプリケーションでキャリアグレードの信頼性を実現します。

ワイヤースピードのパフォーマンス

1GbEのローカルワイヤー速度で、ネットワークトポロジーと運用の大幅な簡素化を実現します。

圧倒的な拡張性

高密度10GbE x 8ポート容量を活かして、最大5千万件のRIBエントリーでルーティングテーブルをサポートします。

導入が簡単

仮想ルートリフレクタ(VRR)ソフトウェアと、コンパクトで高密度のジュニパーハードウェアを組み合わせたソリューションで、インストールを簡素化します。

リソースセンター

資料一覧
トレーニングおよびコミュニティー
ネットワーク自動化の現状レポート(SoNAR)
自動化の影響をご覧ください。ジュニパーの協賛で実施された調査レポート、2020年度SoNARでは、今日の自動化の使用がエンジニア、NetOpsチーム、ビジネスにどのような影響を及ぼすかが明らかになりました。
ライブイベントとオンデマンドのデモ
変革を遂げたネットワークの道のりをたどってみましょう。