ありがとうございました。

フォームが送信されました

クラウドレディーのEX スイッチに適用されたMist AIの能力と使いやすさを体験してみましょう。ボーナス:また、ネットワーク運用を強化するために、Marvis仮想ネットワークアシスタントも導入しています。

3つの簡単なステップで始めましょう:

1.manage.mist.comで新しいアカウントと組織を作成します。アカウントをすでにお持ちですか。support@mist.comに送信し、既存のOrgのトライアルを有効にします。

2.EX シリーズスイッチをジュニパーMistクラウドにオンボードまたは採用します。組織> Inventoryへと進み、画面上部の

「スイッチ」を選択:新規導入(グリーンフィールド):出荷ラベルやクラウドナウEX シリーズスイッチの請求コードを確認する。「請求スイッチ」をクリックしてコードを入力する。「設定の管理」を選択することで、スイッチを完全にクラウド管理することができます。

既存の導入(Junos 18.2以降を搭載したEX2300/3400/4300/4400/4600/4650のブラウンフィールド):「採用スイッチ」をクリックして、CLIコマンドを既存のEXシリーズスイッチにコピー&ペーストする。または、請求コードにクラウドレディーEXスイッチがある場合、「スイッチを請求」をクリックします。

ヒント:既存の導入については、Juniper Mist クラウドに採用されると上書きされるので、既存のJunos OS設定をバックアップしてください。クラウドナウスイッチは、「設定の管理」のチェックを外すことによって「モニターオンリー」モードで請求できます。

3. 付属の電源ケーブルでEXシリーズスイッチの電源を入れてください(ファイアウォールがある場合はTCPポート2200を開けてください)。

ありがとうございます!90日間のトライアルが有効になりました。詳細については、「Juniper MistクラウドにEXシリーズスイッチを追加」をご参照ください。
ご質問がある場合
お問い合わせ先support@mist.com

その他のリソース

-Wired Assuranceデータシート
-Wired Assurance YouTube プレイリスト
-Wired Assuranceデモ
-Wired Assuranceテクニカルドキュメント