ジュニパーコネクテッドセキュリティオンラインセミナーシリーズ

セミナーに参加して、セキュリティ戦略を強化する新しいツールをご覧ください。

お使いのネットワークに接続しているユーザーやデバイスを把握していますか?

ジュニパーのオンラインセミナーに参加して、リスクベースのアクセスコントロールを含むジュニパーのネットワークとセキュリティのポートフォリオの新しい拡張機能をご覧ください。これにより、誰が何をしているのかを正確に把握し、セキュリティ ポリシーとアクセス コントロールをすべての場所とデバイスに拡大し、ユーザーがどこにいても安全にネットワークに接続できるようになります。

クラウドへの接続性を保護する

講演者:Kenneth O'Kelly、セキュリティ ソリューション アーキテクト

セミナーに参加して、ジュニパーのツールを使ってクラウドへの接続性を確保し、HSM やメタデータなどのクラウドリソースを活用してセキュリティポリシーの一貫性を確保する方法をご覧ください。内容:

  • 複数のクラウドでラベルとメタデータを使用する方法。
  • Microsoft Azure向けのHSMサポートを利用して、セキュリティおよびコンプライアンス要求に対応します。
  • vSRXの仮想ファイアウォールをHSMサービスと統合し、パブリッククラウドインスタンス内で安全にキーを生成して保存します。

リモートユーザーを安全に接続

講演者:Johan Andersson、プロダクト ライン マネージャー Juniper Secure Connect がどのようにリモート ユーザーの接続性と生産性を安全にサポートしているかを
ご覧ください。このウェビナーでは、Juniper Secure Connectのことがわかります:

  • SRXファイアウォールのポリシー構成
  • 利用可能な機能
  • ユーザー エクスペリエンス

資格要件を満たされた米国からの参加者の方々には、SRX340ファイアウォールを無料で提供いたします。

適応型脅威プロファイリングでサイバー攻撃を阻止

講演者:Krystle Portocarero、プロダクトラインマネージャー、Manager, Advanced Threat


脅威は、機械学習などの分野を悪用することで、進化し続けています。このオンラインセミナーでは、暗号化されたトラフィックの処理にダイナミック脅威分析とカスタム脅威フィードを使う方法について学習します。

適応型脅威プロファイリングにより以下が可能になります。

  • ネットワークを攻撃している人物や対象に応じて、セキュリティインテリジェンスフィードを自動的に作成する。
  • エンドポイントの動作を分類し、カスタム脅威インテリジェンスフィードを構築する。
  • インテリジェンスフィードを使用して、複数の適用ポイントで、より詳細な検査とブロックを実施する。

コンバージドインダストリアルエッジソリューションの紹介

講演者:Robert Tafoya、ビジネス開発担当ディレクター

このオンラインセミナーでは、ジュニパーネットワークス、Dragos、Schweitzer Engineering Labs(SEL)の新たなパートナーシップによりもたらされた ICS と SCADA 環境の新しいアーキテクチャを紹介しています。この新しいアーキテクチャは、あらゆるデバイスの任意のポートに対して可視性、脅威インテリジェンス、強化をもたらします。内容:

  • セキュリティ、状況認識、耐障害性を向上させながら、新しいサービスを提供するための TCO を削減します。
  • IP ネットワーク上のレガシー シリアル インフラストラクチャをサポートします。
  • IT-OT ドメインにおけるサイバー攻撃を可視化して積極的に対応することで、重要なインフラストラクチャをセキュリティ保護します。