ZF Groupは、キャンパスからクラウドまでのネットワーク基盤に自動運転車両の未来を推進

自動運転車やトラックの魔法の背景には、画期的な技術があり、それによって車両は見る、考える、行動することが可能になります。それが、自動運転、電気自動車、自動車の安全性、車両の運動制御を実現する次世代モビリティシステムの世界的リーダーであるZF Groupの使命です。 

輸送業界では、将来的にビジネスの俊敏性が求められることに気づき、ZF Groupは、キャンパスからクラウドまで、ジュニパーのネットワークの高性能、拡張性、プログラマビリティを活用しています。  

概要


会社名 ZF Group
業界 製造
使用製品 Wired Assurance
地域 EMEA
ZFの画像
顧客企業の導入事例の概要

150,000

従業員

400

拠点にはAIドリブンネットワークが搭載されています

アジャイルデータネットワークは、ハイブリッドクラウドをサポートします

課題

車両が見て、考えて、行動できるシステムを構築

「企業がデジタル変革で成功するには、いつでも、あらゆるデバイスでユーザーにアプリケーションを提供する必要があります」とZFのインフラストラクチャ、運用、ITセキュリティの職場担当副社長であるロルフ・レイネマ博士は言います。「ZFの既存ネットワーク技術では、ソフトウェアおよびデータドリブン企業になるため、ZFの革新的なデジタルビジネス変革の急速に変化する要件をサポートできませんでした。」

「企業は、デジタル技術の導入をサポートし、ユーザーエクスペリエンスを向上させるため、アジャイルデータネットワークを中核にしてITビジョンを採用する必要があります」とレイネマ博士続けます。「クラウドベースのアプリケーションは、新しいビジネスモデルを可能にし、ビジネスの俊敏性を提供し、統合通信、ビデオ、その他の遅延の影響を受けやすいアプリケーションなどの重要な技術の導入をサポートします。また、IoTデバイスの使用が増加するということは、現代のネットワークは、これ以上複雑になることなく、迅速に拡張する必要があるということです。」 

Discovery画像1
ソリューション

自動化によって、ビジネスの成長に伴って、新しいレベルの効率が実現します

ZFのソフトウェアおよびデータドリブン企業への移行には、非常に堅牢で、柔軟性に優れたネットワークが必要です。革新的なクラウド技術やソリューションの迅速な導入とともに、コネクテッドアプリケーション、データ分析、AI、機械学習ベースのソリューションを実現できます。

クラウドベースのリソースやアプリケーションは、あらゆるデジタルビジネスの主要コンポーネントであり、ネットワークに求められる俊敏性柔軟性の要件を拡張します。これには、セキュリティやパフォーマンスを損なうことなく、対応できるネットワークアーキテクチャやファブリックが必要です。いつでもどこでもアクセス可能なことや、高レベルのレスポンスに対するユーザーの要求は、従来のネットワークアーキテクチャや技術により、一層困難になっています。

ZFは、コストや複雑さを削減しながら、AI、機械学習、自動化、Software Definedネットワークなどの革新的なネットワーク技術を組み込み、デジタルビジネスや将来の成功のために現在や将来の要件に対応しています。ZFのハイブリッドマルチクラウドプラットフォームは、拡張性に優れ、適合性のあるネットワークファブリックとともに、多様なビジネスニーズに応じて実現するパフォーマンス、拡張性、信頼性を備えています。

「ジュニパーのデータセンターIPファブリックソリューションは、EVPNコントロールプレーンを備えたVXLANオーバーレイを基盤として、ZFがキャンパスネットワークを構築し、複数のキャンパス、プライベートクラウドやパブリッククラウドを相互接続する効率性と拡張性に優れた方法です。」とレイネマ博士は言います。

ZFは、データセンターでジュニパーQFXシリーズスイッチを使用するだけでなく、ジュニパーEXシリーズイーサネットスイッチとJuniper Mist Wired Assuranceを導入しています。これにより、短期間で400カ所のオフィス拠点を更新するという目標が実現しています。 

Discovery画像1
成果

ドライバーレス輸送やクリーンエネルギーの未来を考案

「柔軟性が重要なのは、ITが常にプレッシャーを受けているためです」とZFのITネットワークプラットフォームのマネージャーであるパトリック・アーバジ氏は言います。「これまで、ITはビジネスプロセスをサポートするだけで十分でした。今では、ITがビジネス成功の鍵となっています。ビジネスの状況が急速に変化しても、当社のネットワークは適応することができます。」

ZFが、ドライバーレス輸送やクリーンエネルギーの未来を考案する際、ITがビジネス成功の鍵となることを保証するためには、キャンパスからクラウドに至るまで、柔軟性があり、一貫した基盤の構築が不可欠です。

「私たちにとって、これは選択力により手に入れたものだと思います」とアーバジ氏は言います。「ジュニパーを介して利用できる構成要素、設計、構成のセットアップのすべてが、当社のニーズにぴったり合致しました。」

Discovery画像2
「ジュニパーは、ベンダー固有のソリューションを使用する選択力を利用可能にした素晴らしい例です。ベンダー固定のリスクなく、ビジネスにソリューションを提供できることが、ITの成功には欠かせません。」
パトリック・アーバジ ZF、ITネットワークプラットフォームのマネージャー

2021年11月発行