Zayo Group はジュニパーの 100GbE コア ネットワークを利用してパフォーマンス向上およびコスト削減を実現

Zayoは、米国およびヨーロッパ全体で高まるイーサネット帯域幅ニーズを満たすため、ハイパフォーマンスかつ高密度のBGPフリーMPLSネットワークを必要としていました。

コロラド州ボルダーを本拠とし、ロンドンとパリにヨーロッパ本社があります。131,200 kmにわたるネットワークを運用し、ダークファイバー、波長、イーサネット、IPサービス、SONET、相互接続、コロケーションなどの幅広いサービスを、さまざまな顧客(電気通信、教育、金融、医療、石油ガス、公益事業)に提供しています。

概要


会社名 Zayo Group
業界 SaaSサービス
地域 Americas
Zayo Groupの画像
「私たちは帯域幅の増加を見込んで対応するために、ネットワークを再構築する必要がありました。より高速でコンバージェンスに優れたコアネットワークを可能にする、レイヤー2プロトコルに限定した新しいコアをセットアップすることは、経済的に理にかなっていました」
Chris Morley氏 Zayo Group、クラウドおよび接続担当社長

ビジネス上の課題

革新的な物理インフラストラクチャおよび帯域幅サービスに対する顧客の要求に応え、プロバイダは最新の技術を取り入れ、最高のパフォーマンスとサービスを提供する必要があります。Zayo 社は、増加する帯域幅に対する顧客のニーズを満たすために、拡張性に優れたサービス指向イーサネット エッジを使用した次世代 100GbE コア ネットワークを必要としていました。

技術ソリューション

Zayoは、競合他社よりも高速かつ高性能で、レイヤー2の収益を高めるために必要なパフォーマンス、筐体、光統合に対応したルーティングソリューションを探していました。Zayo Group は、米国およびヨーロッパのコア ネットワーク用としてジュニパーの SDN 対応 PTX シリーズ パケット トランスポート ルーターを選択し、メトロ エリア用として SDN 対応 MX2010 ルーターを選択しました。

ビジネスの成果

Zayoは、他のベンダーソリューションと比較して電力および冷却コストを年間180万ドルも節減しました。BGP フリー MPLS コアは 8 Tbps の性能を有し、スロット当たり 8 個の 100GbE ポートに拡張可能です。Zayoは100 Gbpsサービスを迅速に導入したことで、サービスの俊敏性と可用性が向上し、カスタマーエクスペリエンスが大幅に改善されました。

 

「当社の総所有コストは低く抑えられ、ジュニパーへの投資はZayoにとって素晴らしいものになりました」
Chris Morley氏 Zayo Group、クラウドおよび接続担当社長