University of Illinois Urbana-Champaignはデジタル分野の成長に合わせて地域ネットワークを効率的に拡大

UIUCでは、教育、研究、一般大衆との関わりにおいて、テクノロジーが重要な役割を果たしています。テクノロジーは、教室の内外における学習方法を変革し、次世代リーダーたちにインスピレーションとエンゲージメントをもたらすという同大学の使命に貢献しています。

UIUCは、U.S. News and World Report’s America’s Best Collegesで15位にランクインしている公立大学です。シカゴから2時間以上南部に位置する同大学は、51,000名を超える学生および世界中の研究・教育パートナーを擁しています。

概要


会社名 University of Illinois Urbana-Champaign
業界 教育
使用製品 MX204MX10003
地域 Americas
University of Illinois Urbana-Champaignの画像
顧客企業の成功事例の概要

最大60,000名

学生、教授、スタッフ

15位

 U.S. News and World Report’s America’s Best Collegesによる公立大学上位ランク

課題

指数関数的なデジタル成長に対応

データとアプリケーションの指数関数的な消費に対応するために、UIUCは地域ネットワークバックボーンをアップグレードし、UIUCと他の大学システムキャンパス間のより高速なリンクを可能にしました。このネットワークは、大学のビジネス、パブリックインターネットをサポートし、Internet2やESnetなどの研究機関に接続されています。このネットワークは、州全体の教育組織に輸送手段も提供します。

University of Illinois 3
Solution

より高密度の100GbE接続を提供

UIUCは、ジュニパールーティングの長年にわたって実証された柔軟性、信頼性、パフォーマンスを備えるリージョナルバックボーンに対し、長い間信頼を寄せてきました。より高速な接続が求められる中、同大学は大規模サイト向けにジュニパーネットワークス® MX10003ユニバーサルルーティングプラットフォームに、小規模サイト向けにジュニパーネットワークスMX204ユニバーサルルーティングプラットフォームに移行しました。

このアップグレードにより、キャンパスをデータセンター、クラウドサービスプロバイダ、教育パートナーと100ギガで接続するとともに、妥協のない信頼性を確保することができました。高密度のMX10003およびMX204ルータープラットフォームにより、大学は需要の増加に応じて接続をより効率的に提供できます。

成果

自動化によりサービス提供が迅速化

移行は簡単でした。ジュニパーネットワークスJunos®OSは、強力なコミュニティサポートによって、自動化された運用を促進します。自動化により、チームはより少ない労力でより多くのことを実行し、繰り返しの作業を減らすことができます。ルーターの構成と検証のタスクが自動化され、より信頼性の高いネットワーク基盤がより迅速に作成されるようになりました。

UIUCは、高等教育がキャンパス内外で必要とする帯域幅の指数関数的な増加を効率的に満たす、超高速で機敏なネットワークを手に入れました。強固なデジタル基盤をベースに、同大学は次世代のリーダーをエンゲージメントし教育するという、その使命を全うし続けています。

University of Illinois 2
「私たちのロードマップは、バックボーンを100ギガにアップグレードし、より多くの顧客を40ギガと100ギガでつなぐことでした。現在、私たちのジュニパーバックボーンの冗長性と帯域幅は大幅に向上しました」。
フィル・ワイナンズ氏 University of Illinois Urbana-Champaign、ネットワークエンジニア

2021年3月発行