アジアの研究ハブが高速接続によって全世界に研究を拡大

データによって科学的発見の性質が変革されています。香港の大学の科学者たちは、こうしたデジタルリサーチ時代をけん引しています。彼らの研究は、香港だけでなくアジアの他地域や、北米、ヨーロッパの科学者による膨大な量のデータにアクセスし、分析できるかどうかにかかっています。Joint Universities Computer Centre(JUCC)は、世界中の研究者と確実に情報を高速交換できるようにするため、ジュニパーネットワークスのサポートを得てインフラストラクチャを構築しました。

概要


会社名 Joint University Computer Centre(JUCC)
業界 教育
使用製品 MX10003
地域 APAC
Joint University Computer Centreの画像
「ビッグデータ時代を迎えた今、あらゆる研究分野でコンピューターを利用した研究が普及しています。このコミュニティには研究および教育用の高速ネットワークが欠かせません。ジュニパーのおかげで、高速接続を非常に効率的に実現できました」
サミュエル・クワン氏 JUCC運営委員会、委員長

ビジネス上の課題

研究および教育(R&E)用ネットワークへの接続は、香港の公立大学の科学者にとって必要不可欠です。データ セットの転送に何時間も、あるいは何日もかかっていては、科学的進歩の妨げになります。香港ではスペースと電力が貴重なため、JUCCは高速接続を実現する、電力効率に優れた高密度でコンパクトなソリューションを必要としていました。

グローバルかつオープンな情報交換を超効率的に実現

JUCCは、香港の大学の研究者を世界中の研究者とつなぐため、100 GbpsのHong Kong Open eXchangeインフラストラクチャを構築しました。このインフラストラクチャは、高密度でエネルギー効率に優れた、ジュニパーのMX10003ユニバーサルルーティングプラットフォームに支えられています。MX10003を導入したことで、科学者たちは以前よりも短期間でデータ集約型の研究を行えるようになりました。

ビジネスの成果

Open eXchangeは、香港の公立大学の科学者が研究を次のレベルに引き上げるうえで大いに役立ちました。100 Gbpsのこの新しいインフラストラクチャは、スペース効率、エネルギー効率に優れているだけでなく、次のような成果を上げています。

  • 素粒子物理学、ゲノミクス、公衆衛生学など、データ集約型の分野において、グローバルな共同研究を促進。
  • 香港の研究者が世界各地のスーパーコンピューターを利用。
  • 何千人もの科学者が、より迅速に新たな発見をする道筋を開く。