Juniper Mist Wi-Fiを導入し、来館者のエクスペリエンスを向上したイスラエル博物館

イスラエル博物館は、イスラエル最大の文化団体で、芸術および考古学の博物館として世界的に有名です。展示物は、先史時代から現在までに及び、聖書および聖地の考古学に関する所蔵品の数は世界最大です。イスラエル博物館は、ジュニパーのMist AIドリブン無線ネットワークを導入し、来館者のエクスペリエンスをデジタル化しました。

パーソナライズされ、没入感があり、共有可能なエクスペリエンスを求める人が増えています。このため、来館者に対応するために最新のテクノロジーを導入する博物館が増えています。Wi-Fiは、博物館における双方向ユーザーエクスペリエンスの基盤です。

概要


会社名 Israel Museum
業界 メディア&エンターテイメント
使用製品 AP43
地域 EMEA
イスラエル博物館の写真
「事前の計画では、仮想Bluetoothビーコンを使用しているジュニパーアクセスポイントは、精度が1メートルだと想定しました。主な利点は、ジュニパーアクセスポイント内にBluetooth機能が搭載されている点でした」。
オハッド・グライナー氏 イスラエル博物館、CIO

ビジネス上の課題

イスラエル博物館の陳列室と美しい屋外庭園の作りは、非の打ち所がありません。しかし、博物館の建物には、壁が繊維セメント製という、無線を導入するにはここ独自の課題がありました。陳列室を設定し直すときに繊維セメント製の壁を移動しました。博物館の美しさを損なわないように無線アクセスポイントを設計する必要もあります。こうした課題はあったものの、Mist AIを採用したジュニパーの無線により、年間80万人の来館者は、ネットワークを使って展示物を存分に楽しめるようになりました。AIドリブンの運用により、IT部門のサポート業務は簡素化されました。