Indianaが、400G接続によりInternet2への道を切り開く

データ制限は、教育、科学研究、または公共の利益においてゲート的な要素となるべきではありません。Indianaにおいて、それらは次のようなものではありません。Internet2が400Gに移行し、州の研究や教育コミュニティが、驚愕するような容量に最初にアクセスすること。

州の研究と教育ネットワークであるIndiana GigaPOPおよびI-Lightとして運営する、インディアナ大学のGlobalNOCは、ジュニパーのネットワークを使用して400G接続をInternet2へと改善しました。 

概要


会社名 Indiana GigaPOP
業界 高等教育
使用製品 MX240
地域 Americas
Indiana GigaPOP
顧客企業の導入事例の概要

400G

インディアナの教育、研究および公共部門組織のネットワーキング

1998

インディアナGigaPOP、州の研究および教育コミュニティに高度な接続性をもたらすために設立

課題

科学的なコラボレーションを加速

「400Gの私たちの目標は、全国の研究および教育機関をサポートすることです」と、I-LightおよびインディアナGigaPOPのCTOトム・ジョンソンは述べています。

かつてない大変な時期に何年にもわたる計画と実装を経て、2022年1月にInternet2の次世代インフラストラクチャ(NGI)が稼働し、各セグメントで最大32 Tbpsの容量を実現し、フットプリントを大幅に削減しました。

400Gへの全国的な移行に備えて、GlobalNOCチームは、インディアナGigaPOPおよびI-Lightネットワークの復元力、容量、および効率を強化したいと考えていました。

Indiana GigaPOP Challenge
ソリューション

400Gへのスムーズな移行

400Gバックボーンは、よりスケーラブルな容量を意味するだけでなく、Indiana GigaPOPのネットワーク復元力も向上させました。チームは、シカゴとインディアナポリスの場所を接続する多様なファイバーパスを確立し、既存のルーターをアップグレードして、インディアナGigaPOPにメンバーに高速ネットワークサービスを提供する機能を提供しました。

400Gに移行するために、インディアナGigaPOPは、ジュニパーMX240ユニバーサルルーティングプラットフォームを新しいMPCラインカードで更新しました。コンパクトなMX240ルーターは、信頼性と機能を犠牲にすることなく、スペースと電力の制限に対処します。

ジュニパー400Gソリューションは、長持ちするために構築されています。フォークリフトの交換ではなく、インプレースアップグレードにより、チームはエンジニアリングと運用の専門知識を維持し、既存の設備投資を最大化することができました。 

Indiana GigaPOP Solution
成果

知識を高め、公共に良いサービスを提供

「人が持っている帯域幅が多ければ多いほど、それを使用する方法を見つけることができます」とジョンソンは言います。

400Gに移行することで制限要素としてのバンド幅を削除することができます。Indiana GigaPOPは、ゲノミクス、気候変動、および癌の理解を深めるために研究者が膨大なデータセットを共有するため、巨大科学の要求に備えています。より強力な大型ハドロン衝突型加速器が2024年に戻ってきたとき、科学者は宇宙の起源をさらに深く調べることができるようになります。

400Gは、地元の小さな大学と大きな研究大学の間の競争の場を平準化することができ、高性能コンピューティングリソースへの公平なアクセスと、ピアとのコラボレーションの容易さを提供します。幼稚園から高校までの生徒は、非常にクリアなビデオと最新のデジタル学習ツールにアクセスできます。州の機関や非営利団体は、高速で手頃なブロードバンドを利用できます。

「私たちのコアバリューは、メンバーのためにできる限りのことをすることです」とジョンソンは言います。「私たちはハイタッチで顧客志向の組織であり、サービスを提供している研究および教育コミュニティの一部です。」

Indiana GigaPOP Outcome
I-LightおよびIndiana GigaPOP CTO、トム・ジョンソン
「ジュニパールーターをアップグレードすることは、400Gだけでなく高密度の100Gを提供する正しい方法でした。特に物理的なスペースが限られている場合は、より多くの利益を得ることができます。」
トム・ジョンソン I-LightおよびIndiana GigaPOP CTO

2022年4月発行