イリノイ・ウェスレヤン大学がAIドリブンのジュニパーMist Wi-Fiに転換して柔軟な学習を支援

新型コロナウイルス感染症によって、授業は対面方式から、寮の部屋でZoomを使って受ける方式に切り替わりました。イリノイ・ウェスレヤン大学の無線ネットワークは古く、高いパフォーマンスが求めるニーズに対応するには困難な状況にありました。即座に対応し、寮のすべての部屋に、Mist AI™が採用されたジュニパー®シリーズ高性能アクセスポイントを設置しました。

概要


会社名 Illinois Wesleyan University
業界 教育
使用製品 AP12AP43
地域 Americas
イリノイ・ウェスレヤン大学の画像
顧客企業の成功事例の概要

6週間

Wi-Fi 6ネットワークの90%を展開するために

 

2 倍

より多くのデバイスを接続

Student BYODは、学生の維持と勧誘の鍵

 

寮の部屋から最適な学習環境を提供

 

課題

老朽化したWi-Fiネットワークはパンデミックの負荷に耐えられない

イリノイ州ブルーミントンにあるIllinois Wesleyanは、全米でもトップクラスのリベラルアーツカレッジで、少人数制の授業と卒業後の優れた将来性で知られています。しかし、従来のWi-Fiは、遠隔地での学習という突然の要求に耐えられず、ストレスの多い1年を通して、学生や教員を悩ませていました。

ITチームはすぐに行動を起こし、わずか6週間で新しいキャンパスネットワークの90%を展開しました。

634X648 Hero Case Study Illinois Wesleyan 1
ソリューション

AI搭載のネットワークが6週間で簡単に実現

600台以上のジュニパー®シリーズの高性能アクセスポイントが設置され、迅速な導入、容易な拡張性、および合理的な運用を可能にする最新のマイクロサービス・アーキテクチャ上に構築されたMistクラウドに接続されました。高性能のWi-Fi 6アクセスポイントが、寮生全員の8フィート以内に設置されています。ジュニパー・ネットワークス®EXシリーズ イーサネット・スイッチは、キャンパス内の高性能なアクセスおよびアグリゲーション・スイッチング用に導入されました。

ジュニパーのアクセスポイントは、ジュニパーMist™クラウド・アーキテクチャやMist AI™と連携して、すべての無線クライアントからほぼリアルタイムでメタデータを収集および分析し、最適なユーザー・エクスペリエンスを提供します。また、ジュニパー・ミストの無線および有線ネットワークを利用することで、問題の迅速な発見と根本的な原因の特定が可能となり、予測に基づいた提案を行うことができます。

634X648 Hero Case Study Illinois Wesleyan 2
成果

BYODとWi-Fiパフォーマンスが学生から最高の評価を獲得

学生たちは、簡単な登録をするだけで、携帯電話、ノートパソコン、ゲーム機、およびスマートテレビなどを容易に接続できることにすぐに気付きました。Wi-Fi環境の悪さが、学生のリテンションやリクルートの問題として浮上することは、もうありません。

接続機器の数が2倍になっても、トラブルチケットは減少しています。AIを活用したジュニパーMistネットワークは、トラブルシューティングを簡素化し、問題解決を迅速化します。

Illinois Wesleyan大学では、COVID-19のトラッキングや道案内などの革新的なネットワークサービスを検討しており、Wi-Fiを屋外のアスレチック施設にも拡張する予定です。大学は、学生、教員、そして学校のミッションである優れた教育を支援するために、何ができるかをほんの少し検討しました。

634X648 Hero Case Study Illinois Wesleyan 3
「わずか6週間で600台のアクセスポイントとスタックスイッチを導入したことは驚異的なことです。サンクスギビング休暇から戻ってきた学生と教員は、モバイルデバイスに問題なく接続できました。今後は、Wi-Fi 6の最先端を行くことになるでしょう。そして数ヶ月の間にもっと多くのことを目にすることになるでしょう。」
Michael Zehr Illinois Wesleyan大学 ネットワーク・インフラサービス担当ディレクター

2021年4月発行