GVTC Communications、低料金で効率的なブロードバンドを求める顧客の需要の高まりに対応

GVTC Communicationsは、同社のサービスに対するニーズの高まりに応えるために、ブロードバンドへの高い期待を満たしながら、より多くの顧客により多くのサービスを低料金で提供する必要がありました。

概要


会社名 GVTC
業界 通信事業者
使用製品 MX104ACX5000
地域 Americas
GVTCの画像
「Junos OSは素晴らしいコマンドラインインターフェイスを備えています。これが Junos OS を気に入っている理由です。ACXシリーズデバイスからMX104へ、そしてSRXシリーズへと移行でき、まったく同じように機能します」
アーロン・グールド氏 GVTC Communications、シニアネットワークエンジニア

GVTC Communicationsは、米国テキサス州中南部の一般のお客様と企業のお客様に高速インターネット、デジタルケーブル、テレビ、電話、双方向セキュリティ監視のサービスを提供している成長著しいプロバイダです。GVTCは光ファイバーのブロードバンドで業界をリードしており、サンアントニオ地区で初めて住宅用ギガビットブロードバンドを提供しました。

ビジネス上の課題

顧客サービスに積極的に取り組むGVTCは、ギガビットサービスのカバレッジエリア拡大に合わせて、最高のサービスを最適な価格で提供したいと考えました。それには、ポート密度の高いブロードバンドアグリゲーションルーターと、サービスで利用しているものと同じ堅牢なMPLSプロバイダエッジ機能一式が必要でした。

技術ソリューション

GVTCは、代表的なアグリゲーションルーターを徹底的に比較して、高密度のACX5048ユニバーサルアクセスルーターを選びました。決め手となったのは、堅牢なMPLS機能一式、経済性に優れたメトロイーサネットアクセスとアグリゲーション、最大40 GbEの容量です。また、モジュラー型のMX104 3Dユニバーサルエッジルーターではキャリアグレードのネットワークアドレス変換(NAT)が可能なため、GVTCのエンドサイト間で少数のパブリックアドレスのプールを共有できます。

ビジネスの成果

GVTCの再設計されたネットワークは管理が容易です。ジュニパーのすべてのデバイスで共通の Junos OS が実行されているため、新規サービス導入までの時間短縮とネットワーク運用コストの削減が実現します。GVTCは、小規模なコミュニティに高速通信サービスを提供するというミッションを成し遂げることで、経済の発展を促し、住民の生活の質の向上に貢献しました。

「ジュニパーのルーターと新しいネットワークは、設計どおりに機能しています。ジュニパーのルーターにとても満足しています。ジュニパーのルーターが話題に上ることはあまりありませんが、これは良いことです」
アーロン・グールド氏 GVTC Communications、シニアネットワークエンジニア