将来の変化に合わせて拡張可能なネットワークを実現

Fluidata社は、高密度の1GbEおよび10GbEパフォーマンスを実現するだけでなく、将来の100GbEに向けた拡張性があり、すべてに充実したIP/MPLSサービスを備えたネットワークプラットフォーム上にインターネットサービスプロバイダビジネスを構築する必要がありました。さらに、管理しやすい簡素化されたネットワーク設計も必要でした。

概要


会社名 Fluidata
業界 通信事業者
使用製品 Junos OS
地域 EMEA
Fluidataの画像
「当社が取り扱うトラフィックの量は膨大で、増え続ける一方です。ジュニパーネットワークスのインフラストラクチャには信頼感があり、今後どんな問題でもこのネットワークで対処できる自信があります」
ピアーズ・ダニエル氏 Fluidata社マネージングディレクター

Fluidata社のISPビジネスは企業のお客様を対象としています。英国内10か所のデータセンターから耐障害性の高い独自のネットワークを運用し、50以上のISPにレイヤー2 DSLおよびイーサネットサービスを提供し、サービスプロバイダおよび企業のコアネットワーク全体を管理しています。

ビジネス上の課題

Fluidata社はL3とL2のお客様にサービスを提供するために3つの個別のネットワークを運用していましたが、これらを統合して効率を高め、ネットワーク管理を簡素化し、運用を改善し、コストを削減したいと考えていました。また、新たなネットワークを、ビジネスの成長や技術トレンドに合わせて簡単にアップグレードや拡張ができるようにしたいと思っていました。

ビジネス ソリューション

Fluidata社は、MXシリーズ3DユニバーサルエッジルーターとEXシリーズイーサネットスイッチで自社のネットワークを強化し、すべてのルーティング要素およびスイッチング要素を管理するために Junosオペレーティングシステムで標準化しました。これにより、運用リソースに集中し、事前対応型のサポートができるようになりました。

ビジネスの成果

Fluidata社は、新しいネットワークでパフォーマンスが顕著に向上したことを実感しています。同社のネットワークは、将来の増加に対応できる高い拡張性を備え、維持管理が容易で、お客様に直接影響する数多くの新機能を提供できるようになりました。

「具体的なROIは計算していませんが、予想よりもかなり早く回収できているのを実感しています。この堅牢なネットワークインフラストラクチャは、当社がさらに大きなプロジェクトを勝ち取るためにも役立っています」
ピアーズ・ダニエル氏 Fluidata社マネージングディレクター