CMC Networks は、ジュニパーの Session Smart ルーターを活用して、アフリカ初のエクスペリエンスを中心とした SD-WAN を構築しました。

最大規模の汎アフリカ通信事業者である CMC Networks は、高度なサービス提供を中心としたルーティングへの移行により、サービス品質と顧客満足度を向上させました。CMC は、ジュニパーの Session Smart ルーターを活用することで、ネットワーク全体のサービス レベルのコミットメントを満たすことができ、アフリカと中東においてポイント オブ プレゼンスを 100 まで広げています。

概要


会社名 CMC Networks
業界 サービスプロバイダ
使用製品 Session Smartルーター
地域 EMEA
CMC Networks の画像
顧客企業の成功事例の概要

パフォーマンス向上とコスト削減

トンネリングのコストを削減したことでスループットを改善

トンネル障害後のダウンタイムなし

低コストなリンクの使用効率を向上

課題

ネットワークの信頼性の問題に対処し、カスタマー エクスペリエンスを向上

接続状態が悪く、MPLS 回線のコストが高いため、アフリカでは長い間ビジネスで最大限の可能性を発揮できませんでした。

CMC は、厳しい SLA(サービスレベル契約)の要件とお客様の期待に応えるために、汎アフリカ ネットワーク全体でネットワーク接続性、パフォーマンス、信頼性の向上を試みました。

信頼性の向上は、リンクの障害やネットワーク アクセス上の問題に取り組むことで実現できました。これらの問題は、過剰な帯域幅を消費するトンネリング プロトコルやオーバーレイの急増によって生じます。当初のルーティング インフラストラクチャには多くのトンネルが組み込まれていましたが、SD-WAN ソリューションではトンネルを追加しただけです。

CMC Networks は、課題に対応するには SD-WAN を改革することになることが分かっていました。

ソリューション

エクスペリエンスを中心とし、セッションベースでゼロ トラストな次のレベルのルーティング

ジュニパーの Session Smart SD-WAN はサービスを中心としたネットワーク ソリューションで、従来の SD-WAN ソリューションに固有の非効率性とコスト上の制約を解消しています。この完全なソフトウェアベースのソリューションは、俊敏性、安全性、信頼性の高いWAN接続とともに画期的な経済性とシンプルさを実現します。

Session Smart ルーティングでは、ネットワークはアプリケーションやサービスの言語で話すことができます。一方で、個々のセッションやユーザー セグメントの要件に自動的に対応します。アプリケーションは耐障害性と対応性に優れています。帯域幅と接続コストを削減しました。

成果

高度な SD-WAN はカスタマー エクスペリエンスを重視しています

次レベルの SD-WAN ソリューションは、CMC Networks のお客様と対応性を重要視しています。

Session Smart ルーティングは、以前のルーティング インフラストラクチャの制限に対処しました。トンネルフリーの SD-WAN では、パケットにコストは追加されません。このアプローチにより、フラグメンテーションによる問題の解消、帯域幅の使用量の削減、トンネルの設定時間の短縮、アプリケーションのパフォーマンスの向上が実現できます。動的なマルチパス ルーティング アプローチでは、信頼性を犠牲にすることなく MPLS、インターネット、LTE、衛星チャネルをサポートします。

Session Smart ルーターは、堅牢なセキュリティ、一元化されたオーケストレーション、負荷分散などのネットワーク機能を提供します。ゼロトラスト セキュリティ アプローチにより、IP ネットワークを分散型ネットワーク ファイアウォールに変換し、適応型の暗号化、ホップ単位の認証、グローバル アクセス制御に対処しました

ジュニパーネットワークスが、セキュアで信頼性の高い SD-WAN でアフリカと中東のコミュニティーを接続している方法をご紹介します。(15:25)

2021年7月発行