Big Bear Lake がクラウド管理ネットワークの導入で、優れた顧客サービスを実現

南カリフォルニアのリゾート地であるビッグ・ベアー・レイクでは、顧客サービスの向上と観光事業の成長という運営課題を抱え、難しい IT に悩まされることなくこの課題を解決したいと考えていました。クラウド管理の有線および無線ソリューションを導入したことで、ビジター センターに必要なネットワーク機能が利用可能になりました。運用もいたってシンプルです。

概要


会社名 Big Bear Lake
業界 旅行&物流
使用製品 EXシリーズSRX300EX2300SRX340
地域 Americas
「想像していたよりはるかに進歩しました。これもジュニパーのおかげです」
マット・マッケイブ氏 Big Bear Visitors Bureau、ビジター サービス マネージャー

ビジネス上の課題

山岳リゾート地であるビッグ・ベアー・レイクには、エンタープライズレベルのネットワークが現実的でした。ビジター センターにコネクティビティ、ユニファイド コミュニケーション、コラボレーション ツールが完備されたことで、さらに多くの観光客がご当地イベントに訪れるようになり、地元企業との共同事業も活発になりました。クラウドベースのソリューションを導入したことで、どのようにビッグ・ベアー・レイクのネットワークが簡素化されたかについてご確認ください。