オランダのプロバイダ、BGPコンバージェンスの所要時間を分単位から秒単位に短縮

ネットワークのルーティングテーブル急増の課題を抱えていたA2B Internetは、仮想ルーティングの基盤をインストールしてスピードアップを図りました。

A2B Internetは、低遅延接続を提供するオランダの大手プロバイダで、IPアドレスとルーティング管理サービスも提供しています。お客様のトラフィックが増大するにつれ、同社は、リンクで障害が発生した場合の再ルーティングパフォーマンスを向上させる方法を探し求めていました。

概要


会社名 A2B Internet
業界 サービスプロバイダ
使用製品 vMX 仮想ルーティング
地域 EMEA
A2Bの画像
「当社はMXシリーズルーターの機能に精通しており、一度ラボで仮想MXを見て、本番ネットワークに直接移行することにしました。MXシリーズルーターは、MXシリーズとJunosオペレーティングシステムの機能と安定性を、最新の仮想パッケージで提供してくれました。」
エリック・ベイス氏 A2B Internet、創業者

ビジネス上の課題

A2Bのお客様は、手頃な価格で高レベルの安定性と迅速なコンバージェンスを求めていました。ビジネスの成長の負荷に耐え、最新のネットワークパフォーマンスを維持する必要がありました。A2Bは、低遅延のパフォーマンスを維持するため、より迅速なルーティングテーブルのコンバージェンス、ネットワーク自動化、IPv6ソリューションのシンプルな導入方法を求めていました。

技術ソリューション

同プロバイダは、ジュニパーのvMX仮想ルーティングを導入しました。キャリアグレードのvMXルーターは個別の制御プレーン、転送プレーン、管理プレーンを備え、ジュニパーネットワークスのJunos®オペレーティングシステムを、x86チップセットを使用して標準サーバー上で実行します。A2B InternetはvMXを、Linux Ubuntuオペレーティングシステムで稼働する専用ベアメタルサーバーに対応したオープンソースのハイパーバイザーで実行します。

ビジネスの成果

A2Bは、ルーティングテーブルすべてを3~4秒でコンバージし、お客様も認識できるレベルでパフォーマンスを向上させることに成功しました。同社は、基盤となるハードウェアプラットフォームとは独立してルーティングテーブルのコンバージェンスを拡張できるため、専用ハードウェアシステムを使用する場合よりも高速にコンバージェンスできると報告しています。

「vMXを当社ネットワークに追加することにより、当社クライアントが当社を信頼する大きな理由である、ネットワークの拡張性、パフォーマンス、冗長性において、付加価値を提供する優れた方法を手に入れました。」
エリック・ベイス氏 A2B Internet、創業者