プレスセンター

2016

Navigation
ミクシィがジュニパーネットワークスのQFXシリーズスイッチを採用

―イーサネット・スイッチ「QFX5100」が煩雑なネットワーク管理のボトルネックを解消し、 クラウドとオンプレミスをシームレスに接続したサービスの開発と展開を高速化―

ジュニパーネットワークス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:古屋知弘、以下ジュニパーネットワークス)は、株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長:森田仁基、以下ミクシィ社)が、ジュニパーネットワークスのイーサネット・スイッチ「QFX5100」を採用したことを発表しました。ミクシィ社は、様々な新規サービスを積極的に展開するための開発環境の運用において課題を抱えていましたが、ジュニパーネットワークス製品の導入により、クラウド・サービスとオンプレミス・システムをシームレスに接続した迅速なプロビジョニングが可能となり、管理負担を軽減し、より一層迅速なサービス展開ができるようになりました。

採用背景

ミクシィ社は、新規サービスを積極的に展開して事業化する文化をもち、2004年に登場したSNS「mixi」をはじめ、最近では「モンスターストライク」、「きみだけLIVE」など多数のスマートフォン・アプリやWebサービスを提供しています。こうした迅速な事業展開を図るために、クラウド・ファーストの考えから積極的にパブリック・クラウド・サービスを活用し、スタッフが使いやすい環境を自由に選ぶことができるようにしています。

クラウド・サービスは自由にリソースを拡張・縮小できるため、事業展開に応じて柔軟に対応することができ、その結果、パフォーマンスと収益のバランスを取ることが可能となります。例えば、パブリック・クラウドを活用して新規サービスをスモール・スタートし、サービスの展開状況に応じてより収容力と可用性の高いオンプレミス・システムへの移行の検討ができます。しかし、この運用方法は負荷が高く、その最大の要因となるIPアドレスの重複排除とアクセス制御に対処するため、ミクシィ社は抜本的な解決策を必要としていました。


ミクシィ社のネットワーク構成図

選定理由と採用効果

ミクシィ社は、こうした問題を解決するため、技術的な成熟、安定稼働、厳しいチューニングによる総合的な負荷が最小限の仕様を要件として検討した結果、VRF(Virtual Routing and Forwarding)機能を備えたMPLS(Multi Protocol Label Switching)を採用することにしました。MPLS/VRFにより、クラウド環境とのシームレスな接続を実現しつつ、ルーティングテーブルを分離してマルチテナントに対応することができるためです。そして、MPLSに対応したネットワーク機器として、ジュニパーネットワークスのイーサネット・スイッチ「QFX5100」を選定しました。

ミクシィ社は、以前から採用しているジュニパーネットワークスの3D ユニバーサルエッジルーター「MX480」を用いたインターネット接続に、新たに「QFX5100」を追加し、MPLSとVRFを利用できる環境を整えました。その結果、IPアドレスのバッティングの問題を解消し、膨大なACL管理の負担をなくすことができました。

ジュニパーネットワークスのネットワーク製品群の選定の理由の一つとしてミクシィ社は、ネットワークOS「JUNOS」の運用のしやすさを挙げています。株式会社ミクシィ、エックスフラッグスタジオの松本聡氏は、次のように述べています。「他社製品に比べて、コンフィグの管理が格段にやりやすいと感じています。コマンドの入力、つまり作業内容がコンフィグの変更内容と一致する仕様は、バージョン管理システムとの相性が良いです。コミット方式が採られているため、設定コマンドの入力順序をあまり意識しなくてもよいですし、コミット前にコンフィグの差分をチェックできるところも気に入っています。確認すべき項目を減らせますので、工数とリスクの双方を軽減できます。」

ジュニパーネットワークスのネットワーク製品群を活用したMPLSの採用によって得られた効果については、株式会社ミクシィ、エックスフラッグスタジオの吉野純平氏は、次のように述べています。「最も重要な効果は、事前のネゴシエーションなどが必要なくなったため、自由にクラウド環境を用意して、サービスを展開できるようになったことです。サービスの担当者にとっても、私たち管理者にとっても、大きなメリットです。」

参考資料:

<報道関係からの問合せ先>
エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
TEL:03-4360-9000
Email:juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークス(NYSE: JNPR)は、ルーティング、スイッチング、セキュリティにイノベーションをもたらします。ネットワーク・コアから消費者向けデバイスまで、ジュニパーネットワークスのイノベーションはネットワーキング体験とビジネスを変革するソフトウェア、シリコン、システムを提供しています。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下をご覧ください。
http://www.juniper.net/jp/TwitterFacebook

【その他の情報】

J-Net: http://www.juniper.net/jp/jp/community/
ジュニパーネットワークスに関する最新情報を提供

 

  • Junos Central(英語)・・・ネットワークOS「Junos®」に関する各種情報を掲載

  • フォーラム・・・参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイト

  • ブログ・・・ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

Twitter: @Juniper_Japan
Youtubeジュニパーチャンネル: http://www.youtube.com/junipernetworks
ジュニパーネットワークス株式会社について
〒163-1445 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F
電話番号(代表): 03-5333-7400

mixi、ミクシィ、mixiロゴ、モンスターストライク、モンスト、MONSTER STRIKEは、株式会社ミクシィの登録商標です。 また、各社の会社名、サービス・製品名は各社の商標または登録商標です。

Juniper NetworksおよびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper Networksロゴ、JunosロゴおよびMetaFabricは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。ジュニパーネットワークスの製品に関する情報や比較はすべて、社内試験の結果および競合製品や業界標準に関して公表されている情報に基づくものです。