プレスセンター

2013

Navigation
ジュニパーネットワークス、SDN対応のネットワーク仮想化およびインテリジェンス・ソリューション「Juniper Networks Contrail」の販売を開始

―拡張性が高い仮想ネットワークのオーバーレイ・ソリューションがクラウドネットワークの自動化とオーケストレーションを実現しネットワーキングをクラウドの時代へ―

ジュニパーネットワークス株式会社(本社: 東京都新宿区、代表取締役社長:ジェフリー・ブラウン、以下 ジュニパーネットワークス)は、SDN(Software Defined Network)対応の標準ベースで拡張性に優れたネットワーク仮想化およびインテリジェンス・ソリューション「Juniper Networks Contrail」(以下Contrail)の販売を開始することを発表しました。Contrailは、実績のある安定したネットワーク標準を基盤として仮想ネットワークを構築し、物理ネットワークとのシームレスな統合を可能にします。また、簡素かつ俊敏性の高いオープンなソリューションをサービスプロバイダと企業に提供し、これまでに世界で40社以上の企業が試験運用を実施しました。

企業は、より効率的にプライベート、パブリック、およびハイブリッド・クラウドを構築し、アプリケーション導入における俊敏性の向上を実現する方法を模索しています。しかしながら、従来のネットワーキングは、この変化に対応しておらず、依然として複雑な手作業に頼る必要があります。Contrailはネットワークを仮想化し、高度なネットワーク性能をハイパーバイザに組み込み、クラウド・オーケストレーション・システムに統合することにより、複数のクラウド・プラットフォームでのシームレスな自動化とオーケストレーションを実現します。また、このソリューションは堅牢なアナリティクス・エンジンを搭載しており、リアルタイム・ビューによるネットワークの運用が可能です。

ネットワーク・プロバイダとクラウド・サービスプロバイダは、新規サービスの開発、導入、収益化という重圧に直面していますが、多くの場合は変化するユーザーの要求に応じた再構成や適応が困難です。Contrailは、x86ベースのサーバーで実行されるクラウド環境において自動プロビジョニングと動的なサービス・チェイニングによる円滑な移行を実現するため、プロバイダは新規サービスを迅速に市場に提供できるようになります。

商用版Contrailは、永久ライセンスおよび1年間のサブスクリプション・ライセンスとして、オープン価格にて提供されます。詳細につきましては、ジュニパーネットワークスにお問い合わせください。(電話番号:03-5333-7410

本ニュースのハイライト

  • Juniper Networks Contrail」 旧称「JunosV Contrail」として提供されていたContrailは、ネットワーク仮想化およびインテリジェンス・ソリューションとして、仮想オーバーレイ・ネットワークの構成に必要なすべてのコンポーネントであるSDNコントローラ、vRouter、アナリティクス・エンジンで構成されています。大手サービスプロバイダとエンタープライズ顧客による試験運用において、Contrailは以下のメリットを提供することが証明されました。

o 物理ネットワークを仮想環境と接続し、基盤となるサービスを提供する簡素化された方法により、ネットワーク構成に要する時間、コスト、リスクを削減します。

o Contrailは、ジュニパーネットワークスのSDN対応セキュリティ・サービスに含まれる仮想ファイアウォールの主力製品として、仮想データセンターでの卓越した性能、スケール、適応範囲を実現する「Firefly Perimeter」とシームレスに統合します。これにより、仮想/物理セキュリティ・サービスの簡素化されたオーケストレーション、プロビジョニング、管理におけるサービス・チェイニングのメリットを提供します。

o 幅広いハイパーバイザ、物理ネットワーク、CloudStackおよびOpenStackプラットフォームの双方と互換性があるクラウド・オーケストレーション・プラットフォームと統合する標準ベースのアーキテクチャを活用することで、ベンダーロックインのリスクを排除します。

o ジュニパーネットワークスのルーター「MX」シリーズ、イーサネット・スイッチ「EX」シリーズ、QFABRICスイッチ「QFX」シリーズを含む、現在流通している大部分のスイッチおよびルーターとシームレスに統合するため、基盤となる物理ネットワークのアーキテクチャや投資に影響を与えることなく、迅速かつ容易なSDNへの移行を実現します。

o 仮想リソースの接続を加速し、プライベート、パブリックおよびハイブリッドのクラウド環境のフェデレーションを可能にすることで、より動的で柔軟性の高い自動化されたネットワークを実現し、ビジネスとサービスのイノベーションを加速します

o 独自のアナリティクスを使用した迅速なトラブル・シューティングと診断により、ネットワークをよりインテリジェントかつ効率的に管理することができます。

  • テクノロジー開発エコシステム・パートナー ジュニパーネットワークスは、SDNとクラウドの導入の推進、動的なサービス・チェイニングの実現、ネットワーク運用の可視化と洞察の向上を図るために、Contrailとの統合を通じたソリューション開発に向け、技術パートナーシップを発表しました。新たなパートナーは、以下を含みます

o Cedexis 、 CheckPoint 、 Citrix 、 Cloudscaling 、 Dorado Software 、 Flash Networks 、 Gencore Systems 、 Gigamon 、 Guavus 、 ISC8 、 Lumeta 、Mirantis 、 Red Hat 、 RiverBed 、 Sandvine 、 SevOne 、 Silver Peak 、 Sonus Networks 、 Websense

  • Partner Advantage Cloudプログラム
    ジュニパーネットワークスのパートナー・アドバンテージ・プログラムの 一環として、Partner Advantage Cloudプログラムは、クラウドとSDNの高度な知識を身につけるためのトレーニングと認定を提供するプログラムです。本プログラムは、信頼のおけるア ドバイザーを共通の顧客と共有するとともに、ジュニパーネットワークスのEliteパートナーに新たな収益の機会をもたらします。これにより、Elite パートナー各社は安心してSDNへの移行を進めることができます。新たなパートナーは、以下の通りです。

o 日商エレクトロニクス、ICT Networks、NERA Telecommunications、Xantaro Group

  • ジュニパーネットワークスとIBMのソリューション
    ジュニパーネットワークスは、IBMとの新たな協業を通じてContrailをIBMのSmartCloud Orchestratorと 統合することを発表しました。このパートナーシップがもたらすテクノロジー・ソリューションにより、拡張性が高いクラウド・インフラの導入および管理が可 能になるほか、仮想化されたコンピュータ、ストレージ、ネットワーク・リソースの全体にわたる迅速なサービスの提供が実現し、ビジネスの俊敏性が向上しま す。

Jaguar Networkのネットワーク・アーキテクト、マシュー・パオネッサ(Mathieu Paonessa)氏は、次のように述べています。「当社は数カ月間にわたり、ジュニパーネットワークスのContrailソリューションを使用しており、その性能に感銘を受けています。Contrailは、仮想ネットワークのプロビジョニングを自動化することでサービスの導入を加速し、パブリック、プライベート、およびハイブリッド・クラウドにおけるネットワーク接続のオーケストレーションを通じて、新しいサービスを実現します。また、Contrailと当社が開発した既存のオーケストレーション・システムをシームレスに統合することができました。」

IBMのソフトウェア標準およびクラウドラボ担当バイスプレジデント、エンジェル・ディアス(Angel Diaz)氏は、次のように述べています。「クラウドコンピューティングは、イノベーションを促進し、テクノロジーに対する私たちの考え方を一変させています。当社は、より高度なイノベーションにはオープンソースとオープン標準が必須であると確信しており、オープン・ソリューションにおけるジュニパーネットワークスとの提携を大変嬉しく思っています。オープン・ソリューションによるIBMのSmartCloud OrchestratorとジュニパーネットワークスのContrail SDNコントローラとのシームレスな統合を通じて、両社共通のお客様は、拡張性に優れたクラウド・インフラの導入と管理ができるようになります。オープンソースのクラウド・テクノロジーに対する両社の取り組みによって、ヘテロジニアスな環境を管理するための選択肢とプラットフォームがお客様にもたらされます。」

日商エレクトロニクス株式会社の取締役兼常務執行役員兼マーケティング本部長、木部 俊明氏は、次のように述べています。「当社は1998年以来、ジュニパーネットワークスのソリューションの販売代理店とシステムインテグレータを務めてきました。当社は、新たに認定されたCloud Specializationにより、優良システムインテグレータの1社として、ジュニパーネットワークスのクラウド、仮想化、SDN、オーケストレーションのテクノロジーのお客様への提供をサポートできることを喜ばしく思います。当社のテクニカル・スタッフは、ジュニパーネットワークスのContrailに精通しているだけでなく、Contrailラボを社内に構築し、日本で展開しようとしているお客様に積極的に関与しています。」

ジュニパーネットワークスのソフトウェア・ソリューション部門エグゼクティブ・バイスプレジデント、ボブ・マグリア(Bob Muglia)は、次のように述べています。「SDNは、企業とサービスプロバイダに、俊敏性の向上、イノベーションの促進、コストの削減を保証します。お客様は、この潜在能力を喜んではいるものの、SDNはこれまで大げさに宣伝され、現実味に欠けていました。しかし、今回のJuniper Networks ContrailとOpenContrailの発表により、こうした状況が変わります。当社は、広範なパートナー・エコシステムとともにSDN戦略を実行してきたほか、ビジネスニーズを満たし、ネットワークの革新を妨げてきた障壁を排除するソリューションを提供しています。」

参考資料(英語):

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ネットワークイノベーション企業です。モバイル端末からデータセンターのネットワークまで、消費者からクラウド事業者にいたるまで、ジュニパーネットワークスは、ネットワーキング体験とビジネスを変革するソフトウェア、シリコン、システムを提供しています。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下をご覧ください。 http://www.juniper.net/jp/、Twitter、Facebook

その他の情報】

J-Net:http://www.juniper.net/jp/jp/community/

ジュニパーネットワークスに関する最新情報を提供

ジュニパーネットワークスに関する最新情報を提供 Junos Central(英語)・・・ネットワークOS「Junos®」に関する各種情報を掲載 フォーラム・・・参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイト ブログ・・・ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

Twitter: @Juniper_Japan

Youtubeジュニパーチャンネル: http://www.youtube.com/junipernetworks

ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1445 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F 電話番号(代表): 03-5333-7400

Juniper NetworksおよびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper NetworksロゴおよびJunosロゴは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。ジュニパーネットワークスの製品に関する情報や比較はすべて、社内試験の結果および競合製品や業界標準に関して公表されている情報に基づくものです。