プレスセンター

2011

Navigation
ジュニパーネットワークスとTELEFONICA社、動的IP光マルチレイヤ調整機能の共同デモンストレーションを実施

ネットワークの経済性と柔軟性の強化を実現

ジュニパーネットワークス(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、Juniper Networks, Inc. NYSE- JNPR)は、Telefonica社のR&D(研究開発)事業部(Investigación y Desarrollo,I+D)と共同で実施した動的IP光マルチレイヤ・ネットワーク・アーキテクチャのデモンストレーションに成功したことを発表しました。この動的IP光マルチレイヤ・ネットワーク・アーキテクチャは、サービスプロバイダーにとってネットワークの複雑さを大幅に軽減しながら、次々と登場する新しいネットワーク・アプリケーションによって予測することがますます困難になってきているトラフィック・パターンをコスト効率良くサポートする手段のひとつとなります。

動画やWebサイトからの直接ダウンロード、新しいアプリケーションなどによりネットワークトラフィックが飛躍的に増加し、これらのトラフィックのパターンを予測することは難しくなってきています。サービスプロバイダーにとって、変化へ動的に適応しながら最も効率的な伝送経路を提供できるIP光インフラストラクチャは、最小限のCAPEX(設備投資)とOPEX(運用コスト)で最大限のサービス品質レベルを実現するための鍵となります。シグナリングのメカニズムとしてGMPLS(Generalized Multi-Protocol Label Switching)を活用するこのアーキテクチャは、ネットワーク全体を通じて新たなトラフィックの需要とパターン、そして変化へ動的かつ柔軟に適応します。

Telefonica I+D社のテクノロジ・ディレクタ、エンリケ・アルガバ(Enrique Algaba)氏は次のように述べています。「当社は5年後、10年先を見据えてネットワークのあるべき姿を定義することに努めています。この次世代アーキテクチャにおいてIPおよび光レイヤの調整は中核となります。ジュニパーネットワークス社と共同で実施したこのアーキテクチャ・モデルの実験は、未来のネットワーク構築に向けた可能性を示す上で、非常に実りある成果を生み出しました」

ジュニパーネットワークス、プラットフォームシステムグループの製品マーケティング担当副社長であるルック・クーペンス(Luc Ceuppens)は、次のように述べています。「Telefonica I+D社は経済的でより効率的なコア伝送ネットワークの構築と運用の鍵となる能力、すなわちIPと光レイヤのリソースを調整するための高度な能力を示しました。実際のトラフィック・パターンに合わせてネットワークを動的に適応させながらどこにトラフィックを集約させれば良いのかを明確化する能力は、サービスプロバイダーにとって、サービスの信頼性やエンドユーザーの利便性に影響を与えることなく、ネットワークリソースの消費を最低限に抑えるために不可欠です。 これは、ジュニパーがMPLS(Multi-Protocol Label Switching)の効率性とスイッチングのシンプル性および統合された光環境の統合により、サービスの信頼性を落とすことなく少ないネットワーク要素で卓越した規模のネットワークを実現する新しいConverged Supercoreアーキテクチャで追求する理念でもあります」

Telefonica社はジュニパーネットワークスのコアルーターとエッジルーターで稼働するJunos®コントロールプレーンを活用してこのソリューションを開発し、ロサンゼルスで開催された『OFC - Optical Fiber Communication Conference and Exposition 2011』で公開しました。

Telefonica I+D社について

Telefonica I+D社はTelefónica GroupのR&D(研究開発)企業で、 スペイン、ブラジル、英国にあるイノベーション・センターのネットワークを中心にしたオープンで完全なイノベーションのフレームワークを運営し、ネットワーク、セキュリティ、M2M、クラウド、ビデオ、eヘルス、通信サービスとプラットフォーム、ユーザー・モデリング、ファイナンシャル・サービスなどの分野における技術革新を通じての競争力強化に貢献しています。同社に関する詳細はtelefonicaid(www.tid.es)をご覧ください。

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ハイパフォーマンス・ネットワーキングのリーダーです。サービスおよびアプリケーションの一元化されたネットワークにおける展開を加速するのに不可欠な、即応性と信頼性の高い環境を構築するハイパフォーマンスなネットワーク・インフラストラクチャを提供するジュニパーネットワークスは、お客様のビジネス・パフォーマンスの向上に貢献します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます。
http://www.juniper.net/jp/

【その他の情報】

J-Net: http://www.juniper.net/jp/jp/community/
ジュニパーネットワークに関する最新情報を提供

  • Junos Central(英語)・・・ネットワークOS「Junos®」に関する各種情報を掲載
  • フォーラム・・・参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイト
  • ブログ・・・ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

Twitter: @Juniper_Japan
Youtubeジュニパーチャンネル: http://www.youtube.com/junipernetworks

ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1035東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F
電話番号(代表): 03-5333-7400

Juniper Networksは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper NetworksロゴおよびJunosロゴは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。

<報道関係からの問合せ先>

共同PR株式会社
第一業務局 小野、児玉
TEL: 03-3571-5326
E-mail: japanmedia@juniper.net