プレスセンター

2010

Navigation
ジュニパーネットワークスとポリコムが提携、ビジュアル コミュニケーション ネットワークにおけるユーザーエクスペリエンスとコスト効果を向上

提携により高度な統合ネットワークの性能を最大限に引き出し高品質なテレプレゼンスとビデオ会議サービスを提供

Juniper Networks®(NYSE: JNPR、以下、ジュニパーネットワークス)とPolycom Inc.(Nasdaq: PLCM、以下、 ポリコム)は本日、テレプレゼンスおよびビデオ会議サービスの信頼性、コスト効果、ユーザーエクスペリエンスの品質の向上を目指して提携したことを発表しました。ジュニパーネットワークスのネットワークリソース管理プラットフォームとポリコムのビデオ通話コントロールシステム間の動的なシグナリングを軸にした共同のマネージドビデオ会議サービスソリューションを提供する予定で、経費や保守コストならびに保守要件を総合的に削減しながら、ビジュアル コミュニケーションの運用と管理性を向上します。

この提携により、統合ネットワークを介して品質保証されたマネージドビデオ会議サービスを提供するためのサービスプロバイダ向けソリューションを2010年中ごろに提供する予定です。これは業界初※の「ビデオ会議を意識した」ネットワーク ソリューションであり、サービスプロバイダは既存ネットワークの性能を最大限に活用できるため、高価値なテレプレゼンスと包括的なビデオ会議のマネージドサービスの提供で発生するコストを削減できます。サービスプロバイダにとって、単一のネットワークソリューションは、ビデオ会議のサポートに現行のオーバーレイ型のネットワークに比べて、拡張性に富み、収益性に優れたサービスモデルです。 ※当社調べ

サービスプロバイダへのメリットに加えて、ユーザー企業は、サービスの提供状況がよりコントロールしやすくなることで、他のアプリケーションが混在するネットワーク機器上で、テレプレゼンスやビデオ会議のトラフィックを確かな品質で実行でき、ビジネスの価値を高めることができます。テレプレゼンスや会議室および個人用のHDビデオ会議システムの導入を全社的にサポートできるマネージドサービスは信頼性とコスト効果に優れ、ユーザー企業はコラボレーションを促進し、生産性の向上やコストの削減が可能になります。マネージドサービスモデルは、ビデオ会議に関する初期費用の削減や運用コストの予測が可能で、顧客に迅速な投資効果をもたらし、安全な企業間コラボレーションを実現します。

ジュニパーネットワークスの戦略的アライアンス担当執行副社長であるジェリー・エリオット(Gerri Elliott)は次のように述べています。「ビジュアル コミュニケーションへの関心が急激に高まったことで、確かな品質で、信頼性とコスト効果に優れたビデオ会議サービスを提供するサービスモデルへのニーズが生まれました。プログラム可能な汎用的ネットワーク アプリケーション プラットフォームであるJunos® Spaceを活用し、ジュニパーネットワークスとポリコムは、サービスプロバイダが既存のネットワークの価値を最大限に生かして拡張性のある高品質なビデオ会議サービスを提供できるような、独創的なソリューションの開発に取り組んでいます。これにより、通信事業者は相互連携のないサイロ型のネットワークから脱却し、長期間にわたって優れた持続性と収益性を持つ、より高度で効率的な統合型ネットワークへ移行できるようになります。」

ポリコムのCEOであるBob Hagertyは次のように述べています。「今日のダイナミックで国際化されたビジネス環境において、ビジュアル コミュニケーションはますます戦略的なツールになっています。それは、各業界の企業が、遠隔地同士での効果的な仕事やコスト削減を実現するために、ビジュアル コミュニケーションを導入しているからです。ジュニパーネットワークスとの提携により、ネットワークを介したビジュアル コミュニケーションの品質と効率の向上を目指します。その結果、お客様は選択肢が増え、この技術を安心して自社の中核的なビジネスプロセスや自社のユニファイド コミュニケーションの主要コンポーネントに組み込むことができます。今回の提携は、Polycom Open Collaboration Networkという取り組みを支援するもので、ポリコムのオープンで国際標準に準拠したソリューションを、より効率的で、コスト効果の高いサービスモデルで提供します。」

世界のビジュアル コミュニケーションのマネージドサービス市場は、2008年の約8,300万ドルから2015年には約9億4,000万ドルに成長し、年平均成長率(CAGR)は162%と予想されています*1。ビジュアル コミュニケーションのソリューションやサービスの総需要は、2013年までに87億ドルに達すると見られ、2008年からのCAGRは17.8%になると予測されています*2。

Wainhouse Researchのシニアアナリスト兼パートナーであるIra Weinstein氏は次のように述べています。「ジュニパーネットワークスとポリコムは、通信事業者向けのネットワーク アーキテクチャと企業向けのテレプレゼンスおよびビデオ会議という両社の長所を生かして、他のアプリケーションが共存するネットワーク上でのビデオトラフィックの運用に変革をもたらします。従来のビデオ会議環境では、ネットワークの状態をリアルタイムで把握することはできませんでした。このソリューションにより、ビデオ コミュニケーション プラットフォームは、ネットワークとともにダイナミックに動作し、ビデオやその他のネットワーク重視型のアプリケーションの品質を確保します。その結果、ネットワークとビデオのリソースを、より効率的かつ効果的に利用できるようになります。」

このソリューションでは、ジュニパーネットワークスが提供する高性能なネットワーク インフラストラクチャ システムに、ポリコムの業界最先端のテレプレゼンスおよびビデオ会議システムが組み合わされています。具体的には、ネットワーク アプリケーション プラットフォームの「Junos Space」、ポリシーサービスや認証サービスなどの契約者向けサービス、3D ユニバーサル エッジ ルーターの「MXシリーズ」、効率的に企業接続用にルーティングとセキュリティを提供するサービスゲートウェイ「SRXシリーズ」が含まれます。ポリコムの主要コンポーネントには、ビデオ会議システムやインフラ製品が含まれます。インフラ製品には、ビデオ会議を一元化し、負荷分散による冗長性を実現する「Polycom Distributed Media Application(DMA)」などがあります。

ネットワーク リソースの自律制御や、ポリシーと認証サービスをリアルタイムでやりとりするJunos SpaceとJunos® OSを、「Polycom DMA」ネットワークアプリケーションと組み合わせることにより、ビデオ会議の各々のニーズに応じて、動的にビデオとネットワークのリソースの組み合わせを配分できるようになります。これにより、サービスプロバイダは、ほかのアプリケーションが共存する統合ネットワーク上で、ビデオサービスの品質をより正確に制御し、提供できるようになります。ネットワークの機能と価値を最大限に活用することにより、通信事業者は、自社ネットワークのコスト効果を拡大し、より大きなサービス利益を得ることができます。

発売時期: ジュニパーネットワークスとポリコムでは、サービスプロバイダ向けソリューションを2010年中ごろに発売する予定です。

1 - Frost and Sullivan発行「World Visual Communication Managed Services Market」2009年11月 2 - Gartner発行「Video Conference Products and Services Market Forecast, Worldwide 2007 to 2013」2009年9月28日

Polycom Open Collaboration Networkについて

ポリコムによるジュニパーネットワークスとの協業は、ポリコムのOpen Collaboration Network戦略を支援するものであり、オープンで相互運用性のあるコラボレーション ソリューションを提供することにより、顧客に一層の柔軟性をもたらし、顧客のユニファイド コミュニケーション環境における設備投資を保護することを目指します。

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、デバイスからデータセンター、コンシューマーからクラウドにわたり、ネットワークのエクスペリエンスと経済性を一変させる、画期的なソフトウェア、シリコン、およびシステムを提供しています。現在では、世界各国で30,000以上の顧客およびパートナーにサービスを提供し、昨年度は30億ドルの収益を上げています。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます。 http://www.juniper.net/jp/

ポリコムについて

ポリコムは、テレプレゼンス、ビデオ、音声ソリューションのグローバルリーダーです。コミュニケーションにおける明確なビジョンに基づき、あらゆる場所にいる人々をつなぎ、共同作業を可能にするソリューションを提供します。 ポリコムに関する詳しい情報は、http://www.polycom.co.jpをご覧下さい。

ポリコムは、将来の製品計画を断り無く修正する権利を保持します。本リリースで紹介されている製品および(または)関連仕様は、発表された場合を前提とするものであり、ポリコムがこれらを保証するものではありません。

PolycomおよびPolycomのロゴは、Polycom Inc.の米国およびどの他の国における登録商標または商標です。その他の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

●本件に関する報道関係者のお問合せ先 ジュニパーネットワークス株式会社 担当:フィールドマーケティング本部 飯島 電話:03-5321-2823 Email:j-marketing@juniper.net

共同PR株式会社(ジュニパーネットワークス広報代理) 第一業務局 小野、児玉 TEL: 03-3571-5326 E-mail: japanmedia@juniper.net

ポリコムジャパン株式会社 マーケティング部 青木 電話: 03-5213-2501 FAX:03-5213-2502 E-mail: jpmarketing@polycom.com

ホフマン ジャパン株式会社(ポリコム広報代理) 担当:高濱 昌也 / 小倉 徳行 電話:03-5159-2145  FAX:03-5159-2166 E-mail:mtakahama@hoffman.com / togura@hoffman.com

(2010年1月25日 米国発プレスリリース抄訳)