プレスセンター

2009

Navigation
ジュニパーネットワークスとIBM、提携を拡大しOEM契約を締結

-ハイパフォーマンス・ネットワークソリューションをIBMデータセンターの製品ラインに追加-

ジュニパーネットワークス(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、Juniper Networks, Inc. NASDAQ:JNPR)は本日、IBM(本社:米国ニューヨーク州アーモンク、NYSE:IBM)とOEM契約を締結し、両社の戦略的協力関係を引き続き拡大することを発表しました。このOEM契約によりIBMは、IBMデータセンター・ポートフォリオの製品として、ジュニパーネットワークスのイーサネット関連製品およびサポートの提供が可能となります。

ジュニパーネットワークスの製品が、IBMデータセンター・ネットワークの製品ラインに追加されることで、コストの削減、サービスの向上、およびリスク管理において、業界最高峰のネットワークソリューションの提供が実現可能となりました。両社は、ネットワークビジネスとデータセンタービジネスを発展させるという共通のビジョンの促進を図ります。

IBMエンタープライズ・イニシアティブ担当バイス・プレジデントであるジム・コンフォート(Jim Comfort)氏は、次のように述べています。「ジュニパーネットワークスのイーサネット技術がIBMデータセンターの製品ラインに加わることで、ネットワークソリューションの選択肢と柔軟性が向上され、IT環境において拡大している要求への対応が可能となります。さらに、ジュニパーネットワークスとの新たなOEM契約締結は、これまでにないネットワークの拡張性、キャリアクラスの信頼性、および運用の容易性でIBMデータセンター・ネットワークの製品ラインを支え、お客様の仮想化アプリケーションとサービスの開発を加速化し、ネットワークの価値を拡大します」

今日のデータセンターの発展には、性能の向上とともに、これまで以上にネットワークの簡素化が必要となります。IT予算への圧迫が一層高まる一方で、データセンターへの要求は増加を続けており、データ量のみならず、新たなサービス、スピード、セキュリティ、可用性や信頼性などへの要求は膨大な量に達しています。また、クラウド・コンピューティングにより、ネットワークとデータセンターの規模の拡大、効率性と柔軟性の向上に対する要求もさらに強まります。IBMとジュニパーネットワークスとの協力関係が拡大することは、データセンターがクラウド・コンピューティング、またはクラウド・コンピューティングに似たインフラストラクチャへと発展するのに高性能ネットワークが重要となることを裏付けており、両社はハイパフォーマンス・ネットワークが、サービスの生産を可能にするデータセンターや、サービスの提供を可能にするグローバル・ネットワークの中心として不可欠であると、合意しています。

このOEM契約によりIBM システム&テクノロジー・グループ(STG)は、ジュニパーネットワークスの「EXシリーズ」イーサネットスイッチおよび「MXシリーズ」イーサネット・サービス・ルーターをブランド化して販売することが可能になります。

協力関係の拡大

2007年、IBMとジュニパーネットワークスはIBM グローバル・テクノロジー・サービス(GTS)グループとグローバル契約を締結し、GTSはジュニパーネットワークスの製品ライン(ルーター、スイッチ、セキュリティなど)をサービス製品ライン(SPL)ソリューションの一部として再販できるようになり、今回の提携拡大によりこの再販売業者契約が継続します。また、IBMは「マネージド・メンテナンス・サービス(MMS)」の提供も行います。今回のIBM STGとのOEM契約の発表を含め、両社の関係の拡大は以前より期待されてきました。また、両社は共同技術ソリューション、標準規格の開発、ネットワーク管理、管理セキュリティサービスに関して共同で取り組んできました。

過去1年にわたり、両社はジュニパーネットワークス主導の下、完全集中型の仮想化データセンター環境をサポートする柔軟性を備える単一データセンター・ファブリックの構築を目的として、「Stratus Project」に共同で取り組んできました。

IBMとジュニパーネットワークスは、この他にもクラウド・コンピューティングのセキュリティについて引き続き調査・開発を行い、発展させることに注力します。両社は共同でいかにして企業データとコンピュータシステムへの攻撃を緩和できるのかという点に重点を置き、クラウド・コンピューティング・セキュリティモデルに関する研究を行っています。

IBMとジュニパーネットワークスに関する詳細については以下URLをご覧ください。(英文) http://www.juniper.net/us/en/company/partners/global/ibm/ Stratus Projectについては以下URLをご覧ください。(英文) http://www.juniper.net/us/en/company/press-center/press-releases/2009/pr_2009_02_24-12_00.html

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ハイ・パフォーマンス・ネットワーキングのリーダーです。サービスおよびアプリケーションの一元化されたネットワークにおける展開を加速するのに不可欠な、即応性と信頼性の高い環境を構築するハイ・パフォーマンスなネットワーク・インフラストラクチャを提供するジュニパーネットワークスは、お客様のビジネス・パフォーマンスの向上に貢献します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます。www.juniper.net/jp/jp/

ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1035東京都新宿区西新宿 3-7-1新宿パークタワー N棟 35階 電話番号(代表): 03-5321-2600

Juniper Networks、JUNOS、および Juniper Networksロゴは、米国をはじめ世界各国で Juniper Networks, Inc.の商標として登録されています。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。

<報道関係者からのお問い合わせ先> 共同PR株式会社 第一業務局 小野、児玉 TEL:03-3571-5326 E-mail: japanmedia@juniper.net

【米国リリース抄訳】 ※当資料は、米国で2009年7月22日に発表のニュースリリースの抄訳版です。