プレスセンター

2007

Navigation
ジュニパーネットワークス、次世代IPネットワーク環境におけるポリシー管理製品ラインナップを革新

ジュニパーネットワークス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:大須賀 雅憲、以下ジュニパーネットワークス)は本日、包括的な加入者管理ときめ細かいポリシー管理機能を兼ね備えた「Session and Resource Control」(以下、SRC) 製品を発表しました。「SRC」は、サービスプロバイダーが展開する次世代ネットワーク(以下、NGN)環境におけるマルチプレイおよびモバイルサービス において、ユーザーに高品質な動作環境を安定して提供します。本日発表した新製品は、「SDX-300」サービス・ディプロイメント・システムに搭載され ている新しいモジュラー型「SRC」ソフトウェア・アプリケーションと、目的特化型プラットフォーム上でエンド・ツー・エンドのポリシー管理を実現する新 製品「Cシリーズ」コントローラの2製品です。

ジュニパーネットワークスのIPネットワークにおける経験とリーダーシップをベースに開発された「SRC」製品は、IPTV、ビデオ・オン・デマンド(VoD)、VoIP、エンド・ツー・エンドのマルチプレイサービスに必須となるパフォーマンス、そして先端のモバイルおよびFMCアプリケーションの信頼性および拡張性を提供すると同時に、ネットワークのオペレーションと導入を簡素化します。

ジュニパーネットワークスの「SRC」は、ネットワーク、加入者、アプリケーションといった様々な情報を保持し、これらを元にリアルタイムでネットワークリソースを管理します。「SRC」は、今日展開されている最先端のマルチメディアサービスのオペレーションの煩雑さを克服するものであり、ETSI/TISPAN、ITU、3GPP IMS、CableLabsなどの業界標準化規格によるNGNアーキテクチャに準拠しています。さらに、将来IPsphere service management frameworkに組み込まれると思われるウェブサービスのインターフェースとしても対応していく予定です。

最高のインテリジェンスと効率:「SRC」のポートフォリオ 「SDX」プラットフォームに搭載される「SRCは、ネットワークリソースのモニタとアサインを行なう「SRC Policyエンジン」、ネットワーク上のIMSアプリケーションをエンド・ツー・エンドで管理する「SRC Diameterゲートウェイ」、さらにジュニパーネットワークスまたはサードパーティーが開発した多種多様なアプリケーションをシームレスに統合する「SRC SOAPゲートウェイ」があります。

ジュニパーネットワークスの「SRC」は、ネットワーク、加入者、アプリケーションといった様々な情報を保持し、これらを元にリアルタイムでネットワークリソースを管理します。「SRC」は、今日展開されている最先端のマルチメディアサービスのオペレーションの煩雑さを克服するものであり、ETSI/TISPAN、ITU、3GPP IMS、CableLabsなどの業界標準化規格によるNGNアーキテクチャに準拠しています。さらに、将来IPsphere service management frameworkに組み込まれると思われるウェブサービスのインターフェースとしても対応していく予定です。

最高のインテリジェンスと効率:「SRC」のポートフォリオ 「SDX」プラットフォームに搭載される「SRCは、ネットワークリソースのモニタとアサインを行なう「SRC Policyエンジン」、ネットワーク上のIMSアプリケーションをエンド・ツー・エンドで管理する「SRC Diameterゲートウェイ」、さらにジュニパーネットワークスまたはサードパーティーが開発した多種多様なアプリケーションをシームレスに統合する「SRC SOAPゲートウェイ」があります。

また、「Cシリーズ」製品ファミリーには、「C 2000」と「C 4000」の2種類の高性能コントローラがあります。「SRC Policyエンジン」ソフトウェアモジュール搭載可能であるこれら製品は、サービスプロバイダーにとってコスト効率よく、きめ細かくネットワークへとネットワークの細部に至るまで拡張できるソリューションです。このユニークなハードウェアとソフトウェアの融合は、今後登場する新しい形のサービスやNGNにおける運用環境を最適化します。

オープン化へのコミットメント サービスプロバイダー、インフラストラクチャー・サプライヤ、ISVおよびシステムインテグレータは、「Open IP Service Creation Program」(以下、OSCP)によって、「SRC」の独特な能力を活用することができます。「OSCP」は、革新的なIPサービス管理の機能性や、「SRC」ポートフォリオ用のダイレクト・ソフトウェア・アプリケーションをサードパーティー各社が新たに開発することを許可するオープンアプリケーション開発のプログラムです。

Agile、Open、Customizableなネットワークインフラストラクチャ さらに、ジュニパーネットワークスは、パケット転送時のハードウェア・アクセラレーション機能と「SRC」モジュールにより定義されたポリシー・エンフォースメントを実行する次世代サービスPICとして、「Multiservices Physical Interface Card」(以下、MS-PIC)を発表しました。「MS-PIC」は、ステイトフルファイアウォール、NAT、IPSec、異常検知、L2TP LNS、J-flowアカウンティング、リンクサービスおよびトンネルサービスといった幅広い多様なサービスのホストとなります。このアプローチは、サービスプロバイダーに、コンフィギュレーション・レイヤー、管理の煩雑さ、運用コストを削減し、新たな収益増加の機会を提供します。 SRC : http://www.juniper.net/jp/jp/products-services/ipc/src-series/

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

  • ジュニパーネットワークスについて
    ジュニパーネットワークスは、大規模IPネットワークにおけるセキュアで接続性の高い通信の構築に大きく貢献しています。高いパフォーマンスを誇る目的特 化型IPプラットフォームは、お客様のさまざまなサービスやアプリケーションをサポートしています。世界中のサービスプロバイダーをはじめ、エンタープラ イズ、政府機関、研究機関、および学術機関がジュニパーネットワークスの製品によって、ユーザー、サービス、アプリケーションによって異なる特定のニーズ に対応できるネットワークを構築しています。ジュニパーネットワークスのネットワークおよびセキュリティ製品ポートフォリオは、世界中のネットワークにお ける拡張性、安全性およびパフォーマンスに対する高い要求を満たしています。ジュニパーネットワークスに関する詳しい情報は、以下のURLでご覧になれま す。www.juniper.net/jp/jp/
  • ジュニパーネットワークス株式会社について
    〒163-1035
    東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー N棟 35階
    電話番号(代表):03-5321-2600

Juniper NetworksおよびJuniper Networksロゴは、米国をはじめ世界各国でJuniper Networks, Inc.の商標として登録されています。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。

<報道関係からのお問合せ先> フォーカスト・コミュニケーションズ株式会社 能宗(のうそう)/金成(かなり) TEL: 03-5157-0033 Email: jn_press@focused.co.jp