プレスセンター

2006

Navigation
ジュニパーネットワークス、IPビデオの配信ネットワークをより効率化

-コアネットワーク上の放送/オンデマンド映像サービスの簡素化とコスト軽減を実現-

ジュニパーネットワークス(米国カリフォルニア州サニーベール、Juniper Networks, Inc.、Nasdaq: JNPR)は本日、ネットワークプロバイダーによるIPネットワークコア上での動画配信の効率と信頼性を高めるため、一連の改良を発表しました。おもな改良点は、MPLSベースのポイント・ツー・マルチポイント(P2MP)による映像配信機能の強化と「SDX-300」サービス・ディプロイメント・システムへの機能の追加などです。さらに、これらの改良によって、大量のコンテンツ配信にかかるコスト効率をより高めるだけでなく、IPTV配信ネットワークの操作や運営管理を簡素化することで、最新のネットワークベース・サービスをすばやく提供することが可能になります。

ジュニパーネットワークスのジュニパーネットワークスのOpen IP Service Creation Program(OSCP)により開発された「Liquid LSP」は、「SDX-300」のオープンAPIを利用し、ネットワークにあるビデオオンデマンド用コンテンツを効率よく確実に処理するソリューションです。オープンAPIを用いるサードパーティーのビデオ供給用プラットフォームが、ジュニパーネットワークスの「SDX-300」およびルーターとやりとりし、視聴者と動画配信拠点間に最適なパスを割り当て、ネットワーク効率を高めるだけでなく、高い動画品質を保持します。「Liquid LSP」は、瞬断にも適応可能なファスト・フェイルオーバー機能も備えており、ネットワークの混雑時や機器の故障時等においても動画の品質とサービスの信頼性をより高めます。

動画配信拠点間にあるLSPの動的なアクティベーション、およびチューニングをすることによって、「Liquid LSP」は、プロバイダーによる複数配信拠点からの動画配信を実現し、コスト低減とネットワークデザインの柔軟性を高めることができます。現在では、ジュニパーネットワークスとOSCPパートナーのみが、ネットワークレベルからアプリケーションレベルまで拡張可能な、この機能を提供可能です。

SeaChange International社は、同社のオープンIPTV・プラットフォームにジュニパーネットワークスの「Liquid LSP」を世界で始めて採用し、その結果、より信頼性の高いIPTVサービスの提供が可能となりました。

SeaChange International社のエンジニアリング担当副社長であるスティーブ・ダヴィ(Steve Davi)氏は、次のように述べています。「ジュニパーネットワークスは、コンテンツ数と加入者数が著しく増加しているIPTVサービスにおいて、ネットワーク帯域を効率的に利用することにより、オペレータにコスト効率の高いサービスの提供を可能にします。『Liquid LSP』は、弊社がよりよい方法でコンテンツを配信する為に不可欠であり、お客様に確実により高品質なサービスを提供することができます。」

ジュニパーネットワークスはまた、「JUNOS」における、業界最先端のポイント・ツー・マルチポイント(P2MP)機能をさらに高めるべく、さまざまな改良を施しました。P2MPとは、効率化、拡張性、信頼性が高い動画トラフィックをバックボーン上で配信できるようにするMPLSベースのマルチキャスティング・ソリューションです。また、プロバイダーは、動画配信時にMPLSのみを活用するので、新たなプロトコルが不要で、しかもそれに伴うオペレーション増加がありません。さらに、CSPFのP2MP LSPへの適応などの新機能により、ネットワークがストリーミング映像に最も適したパスをネットワーク上から自動選択する機能も追加されました。これによって、いくつかのスーパーヘッドエンドによる遠隔地の複数映像配信元へのコンテンツフィードと配信するTV映像チャネルの配信クオリティを同時に維持することができます。

さらにジュニパーネットワークスは、業界に先駆けて開発したBGPベースVPLSの強化についても発表しました。BGPベースVPLSは、キャリアクラスのイーサネット・サービスにとっては重要な技術であり、メトロエリアにおける動画配信ネットワークの拡張性を強化します。これら一連の「JUNOS」の強化により、動画配信ネットワークの効率性を高めることができます。

ジュニパーネットワークスのアジア太平洋地域担当CTO(最高技術責任者)であるマット・コロン(Matt Kolon)は、次のように述べています。「今までは、IPTVといえば、ネットワーク・エッジを指していましたが、コアIPネットワークを経由する映像の効率的な配信もお客様への重要なサービスです。今回の改良は、次世代IPTVとマルチプレイ・ネットワークの進化に貢献する弊社の取り組みの表れです。」

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

  • ジュニパーネットワークスについて ジュニパーネットワークスは、大規模IPネットワークにおけるセキュアで接続性の高い通信の構築に大きく貢献しています。高いパフォーマンスを誇る目的特化型IPプラットフォームは、お客様のさまざまなサービスやアプリケーションをサポートしています。世界中のサービスプロバイダーをはじめ、エンタープライズ、政府機関、研究機関、および学術機関がジュニパーネットワークスの製品によって、ユーザー、サービス、アプリケーションによって異なる特定のニーズに対応できるネットワークを構築しています。ジュニパーネットワークスのネットワークおよびセキュリティ製品ポートフォリオは、世界中のネットワークにおける拡張性、安全性およびパフォーマンスに対する高い要求を満たしています。ジュニパーネットワークスに関する詳しい情報は、以下のURLでご覧になれます。 www.juniper.net/jp/jp/

  • ジュニパーネットワークス株式会社について 〒163-1035 東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー N棟 35階 電話番号(代表):03-5321-2600

Juniper Networks、JUNOSおよびJuniper Networksロゴは、米国をはじめ世界各国でJuniper Networks, Inc.の商標として登録されています。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。

<報道関係からのお問合せ先> フォーカスト・コミュニケーションズ株式会社 能宗(のうそう)/金成(かなり) TEL:03-5157-0033 Email: jn_press@focused.co.jp