プレスセンター

2006

Navigation
ジュニパーネットワークスの侵入検知防御システムが、Windowsの脆弱性を保護

ジュニパーネットワークス(米国カリフォルニア州サニーベール、Juniper Networks, Inc., Nasdaq: JNPR)は本日、同社の「IDP」侵入検知防御システムおよび「IDP」機能を搭載した「ISG」ファイアーウォール/VPNアプライアンスが、マイクロソフト社が公表したWindowsの重大な脆弱性を補完できることを発表しました.

問題の脆弱性は、以下の通りです。

MS06-066 : Netware用クライアントサービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される(923980) 
MS06-067 : Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラム(922760) 
MS06-068 : Microsoftエージェントの脆弱性により、リモートでコードが実行される(920213)

MS06-069 : AdobeのMacromedia Flash Playerの脆弱性により、リモートでコードが実行される

(923789) 

MS06-070 : Workstationサービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される(924270) MS06-071 : Microsoft XMLコアサービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される(928088)

ジュニパーネットワークスのセキュリティ・ソリューションに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます。 http://www.juniper.net/jp/jp/products-services/

また、脆弱性に関する情報は、以下のマイクロソフト社のURLでご覧になれます。 http://www.microsoft.com/japan/security/default.mspx

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

●ジュニパーネットワークスについて ジュニパーネットワークスは、大規模IPネットワークにおけるセキュアで接続性の高い通信の構築に大きく貢献しています。高いパフォーマンスを誇る目的特化型IPプラットフォームは、お客様のさまざまなサービスやアプリケーションをサポートしています。世界中のサービスプロバイダーをはじめ、エンタープライズ、政府機関、研究機関、および学術機関がジュニパーネットワークスの製品によって、ユーザー、サービス、アプリケーションによって異なる特定のニーズに対応できるネットワークを構築しています。ジュニパーネットワークスのネットワークおよびセキュリティ製品ポートフォリオは、世界中のネットワークにおける拡張性、安全性およびパフォーマンスに対する高い要求を満たしています。ジュニパーネットワークスに関する詳しい情報は、以下のURLでご覧になれます。 www.juniper.net/jp/jp/

●ジュニパーネットワークス株式会社について 〒163-1035 東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー N棟 35階 電話番号(代表):03-5321-2600

Juniper NetworksおよびJuniper Networksロゴは、米国をはじめ世界各国でJuniper Networks, Inc.の商標として登録されています。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。

<報道関係からのお問合せ先> フォーカスト・コミュニケーションズ株式会社 能宗(のうそう)/金成(かなり) TEL:03-5157-0033 Email: jn_press@focused.co.jp