プレスセンター

2006

Navigation
ジュニパーネットワークス、統合型アクセス管理ソリューション新製品を発表

-「UAC2.0」で802.1XやTrusted Network Connectをサポート-

ジュニパーネットワークス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:大須賀 雅憲、以下ジュニパーネットワークス)は本日、統合型アクセス管理ソリューションの新製品である「Unified Access Control 2.0」(以下、UAC2.0)を発表しました。UAC2.0は、ジュニパーネットワークスの既存のUAC製品に「Odyssey Access Client」および「Steel-Belted Radius」などの802.1xソリューション・ファミリーの機能を統合したものです。「UAC2.0」は、レイヤー2および3のアクセス管理ソリューションとして、企業のネットワークにおけるリアルタイムな視認性ときめ細かいポリシー管理を実現します。さらに、標準規格であるIEEE 802.1XやTrusted Computing Groupの「Trusted Network Connect」(TNC)にも対応しており、複数のベンダーによる異なるネットワーク環境下でも相互運用性を維持します。

ジュニパーネットワークスのUACソリューションは、リアルタイムに展開するダイナミック・ポリシー管理によって、ユーザーが抱えるアクセス管理とセキュリティのバランスという課題を解決する手助けします。UACは、ポリシー管理としての「Infranet Controller」、ダウンロード可能なエンドポイント・ソフトウェアである「UAC Agent」、さらにファイアウォールおよび802.1x対応スイッチやワイヤレス・アクセス・ポイントなどの機能を統合したソリューションです。今回発表した「UAC2.0」では、「Infranet Controller」と「UAC Agent」に、ジュニパーネットワークスが昨年買収したFunk Softwareの「Odyssey Access Client (OAC) 802.1X」および「Steel-Belted Radius」を搭載しています。UACを導入しているユーザー企業には、中国最大の移動通信事業者であるChina Mobile、ノルウェーのFredrisktad Kommun、米国のKAMO Electric Cooperativeなどがあります。

ジュニパーネットワークスの柔軟性に富んだエンフォースメントによって、ユーザーは有線・無線を問わずデータセンターや支店におけるアクセス管理を迅速に導入できます。また、必要に応じてファイアウォール、統合型コンテンツ・セキュリティや侵入検知防御などの機能を追加してミッションクリティカルなLANネットワークを保護する機能を強化できます。さらに、「UAC Agent」や「Infranet Controller」を改めて導入することなく、レイヤー2における802.1Xに対応することができます。

ジュニパーネットワークスのUACソリューションは、802.1Xインフラ環境下でのレイヤー2および3におけるIDおよびエンドポイント評価機能を提供します。アンチウィルス、スパイウェア対策、ファイアウォール、パッチ管理、コンフィグレーション管理、OSおよびマルウェア管理などの機能を含む包括的なアクセス管理を実現します。

ジュニパーネットワークスのアジア太平洋地域担当CTO(最高技術責任者)であるマット・コロン(Matt Kolon)は、次のように述べています。「今回発表した『UAC2.0』は、1年前に買収したFunk Softwareの802.1XとRadius技術を当社のUACソリューションに統合した成果です。『UAC2.0』は、ファイアウォールや802.1X対応製品との相互運用性によって、お客様の分散型ネットワークのアプリケーションやリソースへのより確実でセキュアなアクセス管理を実現します。」

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

  • 価格と発売時期について
    UAC2.0は、2006年12月からジュニパーネットワークス株式会社の正規販売代理店を通して販売されます。価格は、オープン価格。
  • ジュニパーネットワークスについて
    ジュニパーネットワークスは、大規模IPネットワークにおけるセキュアで接続性の高い通信の構築に大きく貢献しています。高いパフォーマンスを誇る目的特 化型IPプラットフォームは、お客様のさまざまなサービスやアプリケーションをサポートしています。世界中のサービスプロバイダーをはじめ、エンタープラ イズ、政府機関、研究機関、および学術機関がジュニパーネットワークスの製品によって、ユーザー、サービス、アプリケーションによって異なる特定のニーズ に対応できるネットワークを構築しています。ジュニパーネットワークスのネットワークおよびセキュリティ製品ポートフォリオは、世界中のネットワークにお ける拡張性、安全性およびパフォーマンスに対する高い要求を満たしています。ジュニパーネットワークスに関する詳しい情報は、以下のURLでご覧になれま す。 www.juniper.net/jp/jp/
  • ジュニパーネットワークス株式会社について
    〒163-1035
    東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー N棟 35階
    電話番号(代表):03-5321-2600

Juniper Networks、およびJuniper Networksロゴは、米国をはじめ世界各国でJuniper Networks, Inc.の商標として登録されています。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。

<報道関係者様向けお問い合わせ先> フォーカスト・コミュニケーションズ株式会社 能宗(のうそう)/金成(かなり) TEL: 03-5157-0033 Email: jn_press@focused.co.jp