プレスセンター

2006

Navigation
ジュニパーネットワークスのアプリケーション アクセラレーション プラットフォーム、「Ready for IBM」認定を取得

-DX/WX/WXCシリーズとLotus Notes/DominoおよびWebsphere Portalとの相互運用性を実証-

ジュニパーネットワークス(米国カリフォルニア州サニーベール、Juniper Networks, Inc., Nasdaq: JNPR)は本日、「DX」および「WX/WXC」アプリケーション アクセラレーション プラットフォームが、「Ready for IBM」認定を取得したと発表しました。一連の検証プロセスを通じ、これらのプラットフォームとIBMのLotus Notes/DominoとWebsphere Portal 相互運用性が認められたことで、分散型エンタープライズ顧客に、シームレスな相互運用性を通して、より優れたパフォーマンスを提供します。

これにより、IBMのLotus Notes/DominoやWebsphere Portalなどのソリューションを利用している企業は、リモートユーザーや支社・営業所のユーザーへのアプリケーション配信を高速化するために、ジュニパーネットワークスの「DX」および「WX/WXC」プラットフォームを実装できるようになりました。ジュニパーネットワークスとIBMの協業が業界屈指の信頼性、拡張性、セキュリティ、確実性を備えたソリューションを実現し、分散型エンタープライズ・ネットワークに高い付加価値と高可用性を提供します。

U.S. Cold StorageのIT担当ディレクタであるティモシー・ブレナン(Timothy Brennan)氏は、次のように述べています。「当社は社内の通信アプリケーションとしてIBM Lotus Notesを選び、IBM iSeries 810サーバーで稼働させていました。しかし、Lotus Notesは帯域幅を多用するアプリケーションだったため、各営業所からは初期応答時間に対する不満が出ていました。そこで、ジュニパーネットワークスの『WX』プラットフォームを採用することで十分な帯域幅を確保し、WAN上でLANに近いパフォーマンスを得ることができました。当社にとって、『WX』プラットフォームとLotus Notesとの相互運用性が不可欠であることは明らかです。」

ミッションクリティカルなアプリケーション アクセラレーション

ジュニパーネットワークスの「DX」および「WX/WXC」プラットフォームは、世界中のユーザーからアクセスがある業務用のWeb対応アプリケーションやクライアント/サーバー・アプリケーションのパフォーマンスを改善することで、生産性を向上させます。

「DX」プラットフォームは、サーバー負荷分散、SSL暗号化/終端、HTTP圧縮、アプリケーション・セキュリティを含む幅広いデータセンター アプリケーション アクセラレーション機能を備え、ローカルユーザー、リモートユーザー、モバイルユーザーへのウェブコンテンツ配信を高速化します。また、「WX/WXC」プラットフォームは、圧縮、キャッシング、アクセラレーションなどの技術を組み合わせることで、WANにおけるクライアント/サーバー・アプリケーションのパフォーマンスを向上させ、集中管理されたアプリケーションに長距離リンクでアクセスするリモートユーザーや支社・営業所のユーザーに、よりLANに近い体験を提供します。

ジュニパーネットワークスとIBMのソリューションを組み合わせれば、戦略的なコラボレーティブ・アプリケーションを世界規模で実装するプロセスを簡素化・迅速化でき、ユーザーにとっては時間や場所を問わず安全かつ確実なパフォーマンスが保証されます。

相互運用性を保証

ジュニパーネットワークスの「DX」および「WX/WXC」プラットフォームは、広範なテストの結果、IBM Lotus Domino、IBM Websphere Portal、IBM Workplace Services Express、IBM Workplace Collaboration Servicesといったアプリケーションとの相互運用性が認められています。

ジュニパーネットワークスの事業開発担当ディレクタであるデビッド・コロドニー(David Colodny)は、次のように述べています。「『Ready for IBM』認定は、当社とIBMとの関係を強化するとともに、このパートナーシップを構築・発展させようとする当社の取り組みを示しています。今後も協業を継続し、共通のお客様が抱える最も急を要するネットワーキング・ニーズに応えていこうとする両社の姿勢を明白にすることができました。」

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、大規模IPネットワークにおけるセキュアで接続性の高い通信の構築に大きく貢献しています。高いパフォーマンスを誇る目的特化型IPプラットフォームは、お客様のさまざまなサービスやアプリケーションをサポートしています。世界中のサービスプロバイダーをはじめ、エンタープライズ、政府機関、研究機関、および学術機関がジュニパーネットワークスの製品によって、ユーザー、サービス、アプリケーションによって異なる特定のニーズに対応できるネットワークを構築しています。ジュニパーネットワークスのネットワークおよびセキュリティ製品ポートフォリオは、世界中のネットワークにおける拡張性、安全性およびパフォーマンスに対する高い要求を満たしています。
ジュニパーネットワークスに関する詳しい情報は、以下のURLでご覧になれます。
www.juniper.net/jp/jp/

●ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1035
東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー N棟 35階
電話番号(代表):03-5321-2600

Juniper Networks、NetScreen、ScreenOS、およびJuniper Networksロゴは、米国をはじめ世界各国でJuniper Networks, Inc.の商標として登録されています。JUNOSは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。

<報道関係者様向けお問い合わせ先>

フォーカスト・コミュニケーションズ株式会社
能宗(のうそう)
TEL: 03-5157-0033
Email: jn_press@focused.co.jp