Secure Retailとは

Secure Retailとは

Secure Retailは、小売企業に対するサイバーセキュリティの脅威をプライベートネットワークとパブリックネットワークの両方で迅速かつ費用対効果の高い形で防御できるシームレスなPOSソリューションです。今日の小売業界は、遠隔地にある小売店の顧客取引、業務アプリケーション、インフラストラクチャサービスを保護するエンドツーエンドセキュリティを提供および管理するための安全で俊敏性の高い環境を必要としています。

Secure Retailを利用すべき理由

小売店では、データの盗難(顧客の個人情報、クレジットカード情報の取得)やその他の店内システムの侵害につながるサイバーセキュリティの脅威が高まりつつあります。第三者による不正アクセスでは、セキュリティの脆弱性を侵害して悪用する方法を絶えず探しています。進化し続けるセキュリティ脅威に対抗する新しいテクノロジを巨大な小売店網に取り入れることは時間とコストがかるため、財務上のリスクが増大し、ブランドの評判が脅かされます。

Secure Retailサービスを利用すれば、自動化されたシンプルかつ組織的な方法で遠隔地の店舗のセキュリティを容易に計画、設計、導入、管理できます。従来の物理的なハードウェアベースのインフラストラクチャから、新たに自動化および仮想化されたセキュアなソリューションに、ネットワークを移行することが可能になります(リファレンスアーキテクチャ図を参照してください)。

Secure Retailソリューションでは、各小売店から中央のコアネットワークに戻るセキュアなレイヤー3 VPN 接続が使用されます。小売店に仮想ファイアウォール(vSRX)を導入することで、店舗から出るすべてのトラフィックが検出され、適切にルーティングされます。さらに、このvSRXによって、すべてのトラフィックがインターネット利用に関する顧客の企業ポリシーに従ったものになります。支店側でセキュリティ層を強化することを目的として、UTM(統合脅威管理)IPS(侵入防御システム) など追加のJuniper Securityコンポーネントを各仮想ファイアウォールに適用できます。仮想環境にネットワーク機能を導入すると、小売サービスの俊敏性が高まります。サードパーティー製のVNF(仮想化ネットワーク機能)を採用することで、トラフィック最適化などの追加サービスの統合が可能になります。

Secure Retailソリューションのメリット

クラウドサービスは、IT部門に自動化やサービスの迅速なプロビジョニングをもたらします。そのため、Secure Retailでは次のような機能やメリットを得られます。

  • 適応性に優れた統合セキュリティ – 未知のマルウェアの検知、コマンドとコントロールの検出、機械学習などを行う包括的なエンドツーエンドセキュリティモデルです。データ漏洩のリスクを抑えます。
  • プロビジョニングと分析の自動化 – 組み込みの分析プラットフォームを使用して小売ネットワークの導入、テスト、検証を自動化することで、脅威に迅速に対応し、アプリケーションや新店舗に合わせた俊敏な拡張を可能にすると同時に、運用コスト、設備投資、人的ミスを減らします。
  • リスク管理戦略 – PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)など外部標準の総合的なコンプライアンス、および、監査報告サービスによって、リスクとセキュリティ態勢を継続的に分析します。
  • 発展的なプランニング – SD-WAN(Software Defined WAN)および IBNS(Intent-Based Networking System)に関する今後の企業戦略とビジョンに向けたロードマップを提供します。すべての物理ネットワーク機能の統合と管理機能の一元化によって現場作業コストを抑制することで、企業は最小限の労力で簡単にサービスを計画し、導入できます。

Secure Retailソリューションの導入方法

ビジネスが変化して成長している場合は特に、新しい支店環境それぞれに適したネットワークサービスとポリシーを配備して、導入と管理を速やかに実行する機能が求められます。明確な導入パスにジュニパーのプロフェッショナル サービス チームと共同で取り組むことができます。ジュニパーのプロフェッショナル サービス部門は、業界とジュニパーのベストプラクティスに基づいた一連の小売ソリューションを設計/開発し、セキュリティに重点を置いて拡張性と俊敏性をテストおよび検証してきました。セキュリティ機能が搭載された小売ソリューションをエンタープライズ環境にシームレスに導入できます。