プレスセンター

2017

Navigation
ジュニパーネットワークス、業界初のセキュリティ自動化機能と オンプレミスの新しいマルウェア検知アプライアンスを発表

「Software-Defined Secure Networks」プラットフォームの強化により、運用の自動化、一元化した可視性、 エンフォースメント、脅威の軽減をサイバー犯罪のライフサイクル全体で実現

ジュニパーネットワークス(本社:カリフォルニア州サニーベール、NYSE: JNPR)は本日、セキュリティ部門の時間節約、運用の簡素化、修復までの時間短縮を支援する、サイバー・セキュリティ・プラットフォームの強化を発表しました。

標的型攻撃はますます巧妙になっており、今ではあらゆる規模の組織が、様々なロケーション、クラウド、機能にわたって、サイバーセキュリティのリスクにさらされています。ジュニパーネットワークスとVanson Bourneが実施した調査によると、サイバー犯罪が常時発生している現在、手動のプロセスや複雑なポリシーによってすでに身動きが取れなくなり、加えて人手不足の問題を抱えているセキュリティ部門において負担となっていることが判明しました。これにより脅威の把握が遅れ、修復に時間がかかっている原因になっています。自動化と機械学習は反復作業やマニュアル作業の短縮を支援できますが、ジュニパーネットワークスとPonemon Instituteによる調査では、回答者の大半が、コンピューターによる自動化は、マニュアル作業や人間の専門性に全面的に取って代わることはないと感じていることが明らかになっています。

近年、簡素化と高速化の需要は高まっています。そうした差し迫った課題に対応するため、ジュニパーネットワークスは本日、サイバー・セキュリティ・プラットフォームの新たな強化を発表しました。これは、効率的なポリシー管理による運用の簡素化、脅威の行動分析とワンタッチの脅威軽減によるオンプレミスでのマルウェア防御、様々な環境にわたる適応型エンフォースメントを提供します。こうした機能強化は、セキュリティ担当者とシステムとの携わり方を改善しつつ、担当者による制御を維持しながら自動化による時間の節約を実現します。

ジュニパーネットワークスが今回新たに発表したサイバーセキュリティにおける強化は、統合型の「Software-Defined Secure Networks」(SDSN)プラットフォームの自動化、機械学習、リアルタイムのインテリジェンス機能と組み合わせることにより、脅威を予測するとともに、侵害によるコストを最小限に抑え、企業の保護を支援します。

本ニュースのハイライト

  • 自動化された俊敏なポリシー管理を備える「Junos Space® Security Director」:「Security Director」内の「Dynamic Policy Actions」は、業界初、特許出願中の機能です。ネットワーク状況の変更に応じてポリシーを作成、実行するインテントベースのフレームワークを活用し、ポリシー管理からマニュアル作業を排除します。従来のプロセスでは、攻撃に対する修復ポリシーの作成に30時間以上かかることもありましたが、「Dynamic Policy Actions」では、その作業を数分にまで短縮することが可能です。さらに「Security Director」は、環境全体で自動プロビジョンされたメタデータに基づいたエンフォースメント・ポリシーの定義を実現します。この新機能により、ファイアウォールのルール管理に要する時間を80%以上削減できます。

  • ワンタッチで脅威を軽減する「Advanced Threat Prevention Appliance」:高度なマルウェアに対する保護を提供する取組みの一環として、クラウドで提供している「Sky Advanced Threat Prevention」の対をなすオンプレミスの新製品です。いずれも、Cyphortの画期的な分析と修復技術を活用し、脅威の行動可視化と、ワンタッチによる脅威の軽減機能を搭載することで、インシデントへの対応スピードを加速化します。データ権限の要件が厳格な企業に最適な、オンプレミスでの脅威を阻止する本製品は、ISCAの認定を受けており、平均2時間を要する修復をわずか10分に短縮できます。

  • 次世代のファイアウォール「SRX4600」:次世代のファイアウォールである新しいSRXシリーズは、プライベートクラウド環境の保護への最適化に加え、高い性能による迅速な防御を実現し、企業のセキュリティ環境に単一のビューを提供する「Security Director」と統合しています。また、「SRX4600」はコンパクトなフォームファクターで導入しやすく、優れたコストパフォーマンスを提供します。

「SRX4600」

参考資料:

  • 「Junos Space® Security Director」に関する詳細

  • ジュニパーネットワークス「Advanced Threat Prevention Appliance」に関する詳細(英語)

  • ジュニパーネットワークス「SRX4600」に関する詳細(英語)

  • 本件に関するブログ(英語)

  • 本リリースはジュニパーネットワークス本社が2017年12月12日(現地時間)付けで発表したニュースリリースの抄訳版です。

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ネットワークのビジネスを変革する製品、ソリューション、サービスによって現状に挑戦しています。弊社は、自動化、柔軟性、俊敏性を備えたセキュアなネットワークと、パフォーマンス、価値を提供するために、顧客とパートナー企業と共に変革を起こしています。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下をご覧ください。
http://www.juniper.net/jp/TwitterFacebookYouTubeJ-Net(最新情報提供サイト)

Juniper Networks、Juniper Networksロゴ、Juniper、およびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。その他、記載の各名称は、各所有者に所有権があります。