プレスセンター

2012

Navigation
SKテレコム社、ジュニパーネットワークスのクラウド・コンピューティング向け バーチャル・セキュリティ・ソリューションを導入

― 韓国を代表するモバイル通信事業者として、「vGW」バーチャル・ゲートウェイを採用 ―

ジュニパーネットワークス(NYSE: JNPR)は、SKテレコム社(NYSE: SKM、KRX: 017670)がジュニパーのプライベート・クラウドとパブリック・クラウド向けバーチャル・セキュリティ・ソリューションを導入した韓国初の顧客となったことを発表しました。ジュニパーネットワークスの「vGW」バーチャル・ゲートウェイと「SRXシリーズ」のサービス・ゲートウェイを活用することで、SKテレコム社は物理ネットワークと仮想ネットワークの環境を通じて広範なセキュリティ機能を実現し、動的なサービス提供に対応したクラウドベースのデータセンター保護で包括的かつ自動的なアプローチの展開が可能となります。

SKテレコム社は、加入者数2,600万人超、50%以上の市場シェアを誇る韓国のNo.1モバイル通信事業者です。2010年11月には、中堅・中小企業を対象とし、企業向けクラウド・コンピューティング・サービス「T cloud biz」の提供を開始しました。2011年7月の韓国初の4G LTE(Long Term Evolution)サービス提供に続き、2011年9月には、固定回線ブロードバンドに匹敵する速度での大量データの保存・送信、マルチスクリーンの同期化、クラウドベースのソーシャル・ネットワーキングに対応し、4G LTEネットワークに最適化されたB2Cのクラウド・サービス・ポートフォリオ「T Cloud」の提供も開始しています。

本ニュースの主な内容:

  • SKテレコム社は、2012年4月に全国規模の4G LTEネットワークの構築を完了し、年内のLTE予想加入者数600万人に向けて普及を進めています。
  • クラウド・コンピューティング・サービスに対する需要はLTEの成長に匹敵するもので、SKテレコム社はデータセンターの急速な拡張に迫られています。
  • ジュニパーネットワークスの高性能「vGW」バーチャル・ゲートウェイはVMware ESXハイパーバイザ上で直接動作するため、仮想マシン(VM)のトラフィックを把握することができ、マルチテナント環境で顧客のVMを適切に隔離できます。
  • 「vGW」バーチャル・ゲートウェイは、ジュニパーネットワークスの「SRX3600」サービス・ゲートウェイと連動することで、「T cloud biz」データセンターの仮想ネットワークと物理ネットワークで一貫したセキュリティの導入が可能となります。
  • 既存のスイッチと新規の「EX4500」スイッチにより、全キャンパスに10GbEネットワークのアグリゲーション・レイヤーを提供し、光ファイバーケーブルを通じて接続を行い、ジュニパーネットワークスのバーチャルシャーシ技術を活用して、弾力性のある、単一でありながら分散型の論理スイッチを構成します。
  • 「SRXシリーズ」はデータセンターの周辺でゾーンベースの隔離を行います。一方の「vGW」は、スマートグループやVMイントロスペクションなどの自動化セキュリティ機能を通じ、SRXゾーンの知識を組み込むことでESXハイパーバイザ上のゾーンの完全性も保証します。
  • セキュリティ機能の統合・自動化により、より動的で柔軟性、拡張性の高い「T cloud biz」データセンターの運用が可能です。

本ニュースに関するコメント:

SKテレコム社
「当社の4G LTEネットワーク、最新モデルのスマートフォン、高度に自動化されたクラウド・データセンター運用の組み合わせにより、これまでにないダイナミックなサービスの機会が開かれます。ジュニパーネットワークスの仮想化セキュリティ・ソリューションである『vGW』は、仮想マシンのレベルまで一貫したセキュリティを自動的に維持し、当社のクラウド・データセンターで求められるワークロードの変動に対応することから、SKのサービス・ビジョンを実現させる上で欠かせない要素となっています。」
- SKテレコム社、エンタープライズ・コンサルティング・オフィス、シニアバイスプレジデント兼代表、サンシク・ウォン(SungShik Won)氏

ジュニパーネットワークス

「SKテレコム社はモバイル・ネットワークに関するさまざまなイノベーションでのパイオニアであり、今回のダイナミックな仮想化データセンターの導入もこれを裏付けるものといえます。ジュニパーネットワークスの『vGW』バーチャル・ゲートウェイは包括的な仮想化セキュリティ・ソリューションであり、ハイパーバイザ・ベースの高性能ステートフル・ファイアウォール、統合侵入検知機能、仮想化に特化したアンチウイルス機能により、SKテレコム社のクラウド・データセンター運用の中心部を保護します。」
- ジュニパーネットワークス、韓国担当マネージング・ディレクター、ティム・カン(Tim Kang)

Media Contact

エデルマン・ジャパン株式会社
岡田、安達、中田
電話:03-4360-9000
juniperjp@edelman.com

ジュニパーネットワークスについて

ジュニパーネットワークスは、ハイパフォーマンス・ネットワーキングのリーダーです。サービスおよびアプリケーションの一元化されたネットワークにおける展開を加速するのに不可欠な、即応性と信頼性の高い環境を構築するハイパフォーマンスなネットワーク・インフラストラクチャを提供するジュニパーネットワークスは、お客様のビジネス・パフォーマンスの向上に貢献します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます。
https://www.juniper.net/jp/

【その他の情報】

J-Net:https://www.juniper.net/jp/jp/community/
ジュニパーネットワークスに関する最新情報を提供

  • Junos Central(英語)・・・ネットワークOS「Junos®」に関する各種情報を掲載
  • フォーラム・・・参加者同士で、情報交換ができる掲示板ウェブサイト
  • ブログ・・・ジュニパーネットワークスが運営する公式ブログ

Twitter:@Juniper_Japan
Youtubeジュニパーチャンネル:http://www.youtube.com/junipernetworks

ジュニパーネットワークス株式会社について

〒163-1445 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー45F
電話番号(代表): 03-5333-7400

Juniper NetworksおよびJunosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。Juniper NetworksロゴおよびJunosロゴは、Juniper Networks, Inc.の商標です。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。ジュニパーネットワークスの製品に関する情報や比較はすべて、社内試験の結果および競合製品や業界標準に関して公表されている情報に基づくものです。