ジュニパーについて

Navigation
経営陣
  • ラミ・ラヒム

    最高経営責任者、ジュニパーネットワークス

    ラミ・ラヒムは、ジュニパーネットワークスの最高経営責任者兼取締役である。 2014 年 11 月に CEO に就任。

    1997 年初めにジュニパーに入社。社員番号は 32。ジュニパーのヒット製品第一号となった M40 コア ルーターの開発にエンジニアとして携わる。 ラヒムは、ジュニパーでさまざまな技術職および役員を担当。その技術的洞察力を、ジュニパーの業界屈指の製品ポートフォリオの設計および開発に発揮。

    直近では Juniper Development and Innovation(JDI)組織の執行副社長兼ジェネラル マネージャーを務め、当社の製品および技術ポートフォリオすべてを統括。 担当職務には、ルーティング、スイッチング、セキュリティー、シリコン技術、Junos オペレーティング システムの戦略、開発、事業成長の促進が含まれる。

    その他に次の上級役員職に就任した。 ルーティングおよびスイッチングのプラットフォーム システム部門の執行副社長兼ジェネラル マネージャー、エッジおよびアグリゲーション事業部門(EABU)担当上席副社長、EABU 担当副社長兼ジェネラル マネージャー。

    トロント大学で電気工学の理学士号を取得し、スタンフォード大学で電気工学の理学修士号を取得。 スタンフォード大学経営大学院の 6 週間集中エグゼクティブ プログラムを修了。 ネットワーク技術に関する 17 件の米国特許を取得。IEEE 会員。

    ネットワーキング業界のスポークスマンとして、その見識および見解をツイッター(@ramirahim)およびジュニパーのブログで発信している。