ホーム レスポンスのコミュニティ

セキュアなWi-Fiは、COVID-19渦中のリモートワークやリモート学習を支えています。

コミュニティーで迅速に産業用品質のセキュアな接続性を提供し、パンデミック中のリモートワークやリモート学習を支援しています

コロナウイルスのパンデミックにより、現代社会の公平性について、不安になる真実がいろいろと浮き彫りになりました。

その真実のひとつがデジタル デバイドの拡大です。密集した都会の中心部から山々が連なる町や広大な農場まで、信頼性の高いインターネットにアクセスできない人が実に多すぎます。

Microsoft によると、昨年、米国の人口の約半数はブロードバンド・インターネットを使用していませんでした。ブロードバンド インターネットを利用できなかった地域もあれば、ユーザーが利用しようとしない場合もありました。ブロードバンドの利用を測定する Technology Policy Institute によると、多くの場合、農村部に焦点を当てますが、都市部ではこの問題が 3 倍も大きいと報告しています。

コミュニティー向けの高速応答 Wi-Fi

世界が自宅で在宅勤務や学習をするという大規模な実験に向けて動き出す中、世界中のITリーダーたちは、仕事や学校で使う現代のツールとなるラップトップと安全な接続性を提供するという勇敢なタスクに挑みました。十分なインターネット接続がなかった地域では、イノベーターがデジタル砂漠にコミュニティー Wi-Fi を持ち込むために大胆な手順をとりました。

アマーストのマサチューセッツ大学は屋外の Wi-Fi を地域で利用できるように迅速に拡大しました。アマーストは、地方部にある美しい小さな学園都市です。Wi-Fi が利用できるようになった大学のスタジアムの駐車場では、Wi-Fi 対応デバイスを持つ地域住民が誰でも高速でセキュアなインターネットを利用できます。自宅のインターネット接続の質が悪い人やインターネットに接続できない人も取り残されませんでした。

UMass Amherst はジュニパーの移動用ネットワーク キットをコミュニティー Wi-Fi として設置しました。ジュニパーのキットには、屋外の無線アクセスポイントやセキュアな WAN 接続など、コミュニティー Wi-Fi を素早く届けるために必要なものが全て揃っていました。ジュニパーの AI ドリブン Mist Wireless LAN プラットフォームにより、駐車場や庭、競技場など屋内外で優れたネットワーク体験を簡単に提供できます。導入する際に現場で必要とされる特別なネットワーク スキルはなく、大学の IT チームがすべてをリモートで設定してユーザー エクスペリエンスをモニタリングできます。

ほぼ同時期に、ダートマス大学では 700 の授業をオンラインに切り替えました。

「ダートマスはオンライン大学ではありませんでした」とダートマスのCIOであるミッチ・デイビスは述べています。

6,400 人の学生、教員、スタッフが突然、世界中に散らばる事態になると、IT チームは学習を再開できるようにセキュアなリモート アクセスを全員に用意しました。ダートマスでは最近、AI ドリブン ジュニパー ネットワークをキャンパスからコア ネットワークに導入したため、一気に 3 倍になった VPN ユーザーを、IT チームは迅速に移行できました。IT チームは、Mist AP を教員や管理者の家に送り、キャンパス体験を拡大しながら最高レベルのセキュリティも確保しました。

需要の急拡大に対応するプロバイダ

全国のインターネット サービス プロバイダは、アクセスの拡大やデータ制限の撤回によって課題に向き合いました。地方部の電気協同会社の Jackson Electric はテキサス湾岸部での緊急性に遭遇しました。

「テキサス南東部の僻地では、住人は出勤することに慣れていましたが、コロナウイルスによる外出制限の命令により、急に自宅で在宅勤務をする生活をしなければならなくなりました。

住民たちは電話で、これまでインターネットが必要だと思ったことはなかったが、今では子どもが自宅で学習したり、彼ら自身も自宅で仕事をしたりしていると言っていました。信頼できるインターネットがなかったら、住民たちは困っていたことでしょう」とJackson Electricのネットワークエンジニアであるブライトン・ハーデスは言います。

Jackson Electric はスマート コミュニティー ネットワークを運営し、地域の住民や企業や学校にインターネットサービスとスマートメーターを提供しています。

「非常に多くの人が自宅で仕事や勉強をするようになったことで、インターネットの利用者数が130パーセント、インターネットトラフィックが30パーセント急増しました。それをジュニパーのネットワークが見事に処理したのです」とハーデスは言います。

1213531596

自宅に会社を持ち込む

世界がウイルスと格闘する中、多くの人が自宅での仕事や学習を続けることになるでしょう。最近の Gartner CFO 調査では、現場の従業員の少なくとも 20% を永久的にリモート対応に移行すると回答者のほぼ 4 分の 1 が答えています。

「パンデミック以前では、IT チームは 8,000 人のユーザーや一握りの建物を担当していたでしょう。それが今やITチームは8000のリモートオフィスをサポートしています。家庭用のWi-Fiとインターネットなどでは対応しきれません。自宅で産業品質の体験を提供する必要があります。」とジュニパーネットワークスの Mist 製品管理 VP を務める Sudeer Matta は言います。

産業品質ネットワークの簡略化した運用は、物理的に距離が離れるときには特に重要です。AI ドリブン Mist Platform で、ネットワーク問題のトラブルシューティングが簡単になり、仕事をするときに自宅にいても、駐車場にいても、草原にいても、優れたユーザー エクスペリエンスを提供できます。

自宅での接続でデジタルな隔離を解決

在宅勤務や在宅学習はもはや少数の人が享受する特権ではなく、経済を安全に回復させて軌道に乗せるためのグローバルな戦略です。しかし大規模なリモートワークを維持するということは、自宅を完全に接続するということであり、食卓や居間のソファは、保護されていないデジタル拠点ではなくなりました。

ジュニパーの新しい Enterprise at Home ソリューションは、組織が産業用ネットワークを従業員の自宅やその他の場所に直接拡大しやすくし、オフィスと同じレベルのセキュリティを確保しながら、より良いユーザー エクスペリエンスを提供できます。

産業品質のホーム Wi-Fi は、 従業員や学生の自宅のブロードバンドに Mist AP を差し込むことで始まり、自宅のネットワークが Mist Cloud から設定を読み込みます。Mist Edge ソリューションを追加すると、組織は強固なセキュリティを備えた会社並みのネットワーク エクスペリエンスを自宅に完全に拡張できます。

金融機関や医療施設など、最も堅牢なセキュリティ要件が必要な組織の場合、自宅の設定に Juniper SRX300 シリーズ サービス ゲートウェイを追加できます。実際、ジュニパーのEnterprise at Homeソリューションは、ある金融サービス会社に接続性と信頼性をもたらし、最初のロックダウン開始から数週間以内に数百人のトレーダーが自宅から取引できるようにしました。

コロナウイルスは、生活、仕事、学習の方法をあらゆる面から見直して新たな概念をつくるきっかけとなっています。自宅でのセキュアな接続性は、在宅勤務をしたことがない大勢の人々も含め、すべての人のライフラインとなっています。今こそ、これまで以上に幅広いコミュニティーが協力して公平なデジタル世界を創造する機会なのです。