医療の強化

コミュニティー向けのポップアップ検査センター、モバイル診療所、臨時救命救急センター。

Medical workers doing analysis in laboratory during corona virus outbreak- Science and healthcare concept

AIドリブンネットワークがコロナウイルスの急増への効果的な対応を推進(英語)

ポップアップ検査センター、モバイル診療所、一時的な重傷集中治療室には、シンプルで安全な接続が必要です。

これまでに見たこともないような10年の始まりでした。コロナウイルスの流行が広がる中、世界は行動を起こしました。一瞬のうちに、人々は所定の場所に避難し、仕事、学習、生活を自宅から完全に切り離して、拡散を遅らせ、最も弱い人々を守りました。

医療従事者は24時間体制で、命を救うために働いていました。駐車場、コンベンションセンター、公共の公園が医療施設になりました。コロナウイルス検査センターのテントがさまざまな場所に登場しました。これらの場所は一時的とはいえ、接続性と最新の医療ツールを必要としていました。

テクノロジーコミュニティーも、グローバルな脅威に対抗するために集結しました。ジュニパーネットワークスは、迅速な対応を活用し、AIドリブンの安全なワイヤレスを使って、すぐに使えるネットワークキットを構築しました。スマートで簡単かつ自動化されたネットワークは、医療従事者が臨時施設向けにセキュアな接続を迅速に設定できるように設計されました。

ネットワークライフラインの拡張

メイン州のポーターという町にある非営利病院Sacopee Valley Healthは、危機的状況に陥ったとき、駐車場に検査センターを設置するという迅速な対応をとりました。この病院は40年前からこのコミュニティに根付いていますが、メイン州の田舎でコロナウイルスが猛威を振るっているという状況は未知数なものであり、準備が重要でした。

「Sacopee Valley Health Centerでは、新型コロナウイルスのニーズに対応するために、ネットワークを再構築する必要がありました」とSacopee Valley Health Centerの情報システム部長デビッド・ブルは述べています。「ジュニパーとMistのセキュアな無線キットで、臨時新型コロナウイルス検査テントを設置しました。駐車場全体が潤沢なWi-Fiに浸されているかのような状態です。テントの誰もがすぐにその違いに気付きました。」

Orlando Veterans Health Medical Centerは、フロリダ中央部の11万人の退役軍人にサービスを提供し、国の保護者とその家族の健康を守っています。パンデミックが拡大する中、臨床スタッフは自宅の獣医にバーチャルトライアージと看護を提供しました。最悪の事態を想定して、VHA Innovation Ecosystemは、トレーニング演習用にモバイルICUを作成しました。

新型コロナウイルスに対処するため、VHA Innovation Ecosystemは、Orlando VA Medical Centerの外で行われた移動式ICUテントのトレーニングを支援すべく努力しました」と、Orlando VA Medical Centerの最高技術責任者であるジェフ・サウラ氏は述べています。

Orlando VAでは、すでにMist AIを活用したロケーションサービスとWi-Fiを使って、広い施設内で患者や訪問者を案内し、Wi-Fiを照らして一時的なICUをサポートすることは円滑に進みました。医師や看護師は、患者の医療記録やその他のデジタル医療リソースにタブレットから簡単にアクセスできます。遠隔医療ロボットは、臨床医のバーチャル代理として機能し、医師や看護師はウイルスへの繰り返し曝露を最小限に抑えながら、患者をケアすることができます。

sad modern physician woman using phone app outside near clinic

検査を超えた医療

ルイジアナ州南部にあるラファイエットでは、公衆衛生の緊急時に都市がどのように対応できるかを証明しました。ラファイエットでは、スマートシティネットワークを利用して、民間企業、非営利団体、市民団体の間で情報を共有し、公衆衛生や安全に関する情報、営業時間の変更、さらには店舗からの引き取りのための駐車場の空き状況などをリアルタイムで伝えました。

遠隔医療はかつては僻地向けのものでしたが、一般的になりました。病院では、遠隔医療や遠隔患者監視機能に加え、バーチャルプライマリーケア、セラピーサービス、行動医療などの機能が急速に拡大しました。医師によるバーチャル診療は新たな標準になりました。

遠隔医療ネットワークの提供において長年のリーダーであるAlaska Communications社は、危機的状況の中、農村部の医療に対するニーズの高まりをサポートするために簡単に接続性を向上させることができました。「当社のネットワークは信頼性、冗長性、帯域幅要件の増加に対処するために構築されています」と、Alaska Communicationsの社長兼CEOであるウィリアム・ビショップ氏は述べています。

今後の波を乗りこなす

世界がコロナウイルスと生きる方法を学ぶ中でも、盛衰が見られます。ホットスポットが現れると同時に、医療従事者は検査や治療のニーズを満たすために迅速に行動する必要があります。

今後の波で、複雑なIT設定のために無駄にする時間は誰にもありません。医療従事者は、検査、トライアージ、救命救急診療のどれであれ迅速にセキュアな接続を確保し、患者とスタッフの安全を第一に優先する必要があります。

「ジュニパー全社のチームが一丸となって、医療機関が安全な接続環境を迅速に構築できるよう支援しました。」と語るのはジュニパーネットワークスの医療業務リードであるマット・ロバーツです。「最前線のシステムエンジニアからテクニカルアシスタントセンターの専門家まで、危機の中でもホワイトグローブサービスを提供することができるように全員が優先警告を受信していました。」

「ジュニパーとMistは、私たちが最も必要としているときに、並外れた寛大さで支援してくれました。」ととSacopee Valley Health Centerのブル氏は語ります。「機器は素晴らしくかつ使いやすく、サポートは素晴らしいものでした。話ばかりでなくコミットメントを提示する会社を見つけるのはまれなことです。本当に感謝しています。」

ジュニパーのAIドリブンネットワークキットには、屋内外の無線LAN、有線ネットワーク、セキュアなWAN接続など、拠点を迅速にオンライン化するために必要なものがすべて含まれていました。Mist’sのクラウドベースのAI搭載Wi-Fiは、コンベンションセンターや適応した職場にいる人々に、優れたネットワークサービスを簡単に提供することができるため、近接追跡や健康診断によってウイルスの拡散を遅らせることができます。現場で特別なネットワークスキルは必要なく、医療従事者のITチーmうによりすべてをリモートで設定および管理できます。

AIと自動化は、シンプルさを継続的なネットワーク運用に延長しています。AIドリブンのジュニパーネットワークは、ITチームのためにネットワークのトラブルシューティングを簡素化してくれます。AIドリブンインサイトが、事前対応型で合理化されたIT運用のための実用的なタスクを推進するため、ITチームはが戦略的な業務により集中できるようになります。

コミュニティーの健康の変革

多くの人々が、コロナウイルスの地域的大流行により日常がすっかり変化してしまったと感じるでしょう。これは、業界を超えた大きな変化であり、これまでオフィスにいることが不可欠と考えられていた人たちの間でも起きています。

「テクノロジーを使ってスマートシティを作ることは、ワクチンの発見に向けて、また将来的にウイルスの大流行に直面する可能性がある中で、隔離や検疫期間を繰り返すことになる世界にとって、不可欠なテクノロジーです。」と述べるのは、ラファイエットのスマートシティ化に協力したUS Igniteのテクノロジーディレクターである、スコット・ターンブルは、「都市はテクノロジーを活用して、コミュニティーに情報と安全性を提供し、職場、家族、友人とつながっていることができます。」

医療においては、患者のスケジュール管理や請求書作成などを行う事務スタッフが、自宅で仕事を続けることで生産性が向上する可能性があります。自宅で患者を監視することで、移動の必要性を軽減し、治療を継続的に行うことができます。遠隔医療は、医療サービスが不足している地域に求められている専門家をつなげることができます。しかし、より優れた、手ごろな価格の医療サービスへの移行は、病院、開業医、診療所、そして地域社会が安全な接続性を確保しない限り実現しません。

俊敏なテクノロジー基盤により、医療従事者は考える限り最善の治療を提供することに集中できます。

Senior woman with lovely girl wearing face mask at park