ネットワーク自動化とは

ネットワーク自動化とは

ネットワーク自動化とは、ネットワークとそのサービスの計画、導入、運用、最適化を自動化するプロセスです。基本的に、ネットワーク自動化ソリューションでは、ネットワークライフサイクルの各ステージで実行される手動のタスクとプロセスを、反復的かつ確実に完了できるソフトウェアアプリケーションに移行します。

 

ネットワーク自動化により解決する問題

人工知能(AI)と機械学習(ML)の導入により、高性能なネットワーク自動化ソリューションは、メタデータを分析し、モデル駆動型のネットワークプログラマビリティを活用して、ネットワークの動作を学習し、予測分析を提供し、ネットワーク運用チームに推奨事項を提供することができるようになりました。このような高性能な自動化ソリューションは、自律的に改善策を講じるように設定することができ、ネットワークの問題が発生する前に、時にはクローズドループで改善策を提供します。このように、ネットワークの自動化は、運用効率を向上させ、ヒューマンエラーの可能性を減らし、ネットワークサービスの可用性を高め、より良いカスタマーエクスペリエンスを提供します。

現在、ネットワーク自動化ソリューションは、次のようなさまざまなタスクに対応できます。

  • シナリオ計画と在庫管理を含むネットワークの計画と設計
  • デバイスのテストと構成検証
  • 導入した物理デバイスとサービスのプロビジョニング、および仮想デバイスの導入とプロビジョニング
  • デバイス、システム、ソフトウェア、ネットワークトポロジー、トラフィック、サービスに関するネットワークデータのリアルタイムでの収集
  • 現在および将来的なネットワーク動向に関するインサイトを提供する、AIとMLによる予測分析を含めたデータ分析
  • すべてのネットワークデバイスとサービスがインテント(意図)したとおりに動作していることを確認するコンフィギュレーションコンプライアンス
  • 必要に応じたソフトウェアのロールバックを含むソフトウェアのアップデート
  • 潜在的な障害のトラブルシューティングや修復を含む、ネットワーク問題のクローズドループ修復
  • レポート、ダッシュボード、アラート、アラームに関するインサイトの提供
  • セキュリティコンプライアンスの実行
  • SLA(サービスレベル合意)の順守と顧客満足度を保証するためのネットワークとネットワークサービスの監視

 

ネットワーク自動化のメリット

クラウドへの移行が進むにつれ、企業のお客様とそのアプリケーションはネットワークにより左右されるようになります。クラウドへの移行により、ネットワークは障害を最小限に抑えて信頼性を高めることが期待されています。サービスプロバイダにとって、自動化はネットワークの俊敏性と信頼性を高めながら、運用コスト(OpEx)と設備投資(CapEx)を抑制するために不可欠な戦略です。

ネットワークとサービスを自動化することで、企業は次のメリットが得られます。

  • 問題発生数の減少 — 少数のコードとプレイブックに基づくワークフローを活用し、クローズドループ運用の効率性、インテントベースの運用を採用することで、ネットワークの一般的な問題が自発的に解決されます。設定エラー、タイプミスなどの手動処理によるエラーの可能性を低減できます。
  • コストの削減: 自動化により基盤インフラストラクチャの複雑さが低減されるため、サービスとネットワークの設定、プロビジョニング、管理に必要な作業時間が大幅に削減されます。運用の簡素化、ネットワークサービスの統合、使用床面積の縮小、未活用デバイスの使用中止により、トラブルシューティングと修理に必要な人員と消費電力を削減することができます。
  • ネットワークの耐障害性の向上:イベント発生時に手動で中断する必要がなくなり、企業は拠点や地域間で一貫性に優れた、より高度なサービスを提供できます。
  • ネットワークのダウンタイムの低減: ヒューマンエラーの可能性を排除することで、企業は拠点や地域間で一貫性に優れた、より高度なサービスを提供できます。たとえば、ジュニパーネットワークスのService Nowは、リモートのトラブルシューティング自動化クライアントです。これにより、ジュニパーネットワークスはお客様がネットワークの問題に気付く前に、問題を事前にすばやく検知できます。
  • 戦略に関わる従業員の増加: ヒューマンエラーが発生しやすい反復タスクを自動化することで、企業の生産性は向上し、ビジネスの改善とイノベーションが推進されます。その結果、従業員は本来やるべき仕事に専念できるようになりまれます。
  • インサイトの向上とネットワークの制御:自動化により、分析を通じてIT運用がより変化に対応できるようになります。ネットワークに対する可視性が高まり、ネットワークで何が起こっているかを正確に理解し、必要に応じて制御し、適応させることができます。

 

ジュニパーネットワークスの実装

ジュニパーは、すべてのネットワークドメインでエンドツーエンドの自動化を可能にする、自動化製品およびソリューションのポートフォリオをご提供しています。これらのソリューションはマルチベンダー環境をサポートし、各ネットワーク事業者に固有のビジネス環境や運用環境に完全に統合、最適化、カスタマイズできます。Paragon Automationは、オンプレミスまたはSoftware-as-a-service(SaaS)製品としてクラウドで実行するために利用可能な複数のソリューション全体で多くのユースケースを実現しますParagon PathfinderおよびParagon Plannerは、大規模ネットワーク全体のセグメントルーティングとIP/MPLSフローのプロビジョニング、管理、監視を簡素化、最適化、自動化します。Paragon Active Assuranceは、物理ネットワーク、ハイブリッドネットワーク、および仮想ネットワークのテストと監視を積極的に行うため、プロビジョニングされた各サービスが配信時に機能し、そのライフタイムを通じて機能し続けることをネットワーク事業者が検証できます。ネットワークコンポーネントを監視し、実用的なインサイトを提供するために、ジュニパーはParagon Insightsを提供しています。これは、高度に自動化されたデータ収集およびネットワーク分析ツールで、MLアルゴリズムとJunos Telemetryを利用します。Anuta ATOMは、デバイス、サービス、運用ワークフローを含めた、ネットワークの設計、開発、導入を自動化するネットワークオーケストレーションプラットフォームです。物理ネットワーク、仮想ネットワーク、ハイブリッドネットワークに対し、サービスのライフサイクル全体を通して、完全なサービスオーケストレーションを提供します。ジュニパーの自動化製品とソリューションの詳細については、自動化ポートフォリオのページをご確認ください。

 

ネットワーク自動化の未来

将来的に、未来のネットワークでは、以下のことが実現すると予想されています。

  • ネットワーク動作のインテントを学習できるAIおよびMLドリブンのネットワークが、予測解析を行い、推奨事項/是正措置を提供する
  • 自動サービス配置とサービスモーションを実装する
  • 高度なプローブ技術を使用して、サービスアシュアランスを積極的に監視し、サービス要件に基づき、トラフィックフローを調整する
  • 設定済みのサービスに基づき、特定のアップグレードを提供する
  • 自律的に運用し、ネットワークのパフォーマンスと動作がビジネス目標に沿うものであことを確認するため、ネットワーク事業者に能動的な監視とレポーティングを提供する

自律ネットワークを実現するまでのプロセスは、テレメトリ、自動化、機械学習、宣言的なインテントを備えたプログラミングに依存します。この未来のネットワークは、Self-Driving Network™と呼ばれる自律型ネットワークで、環境を予測して適応します。

効果を発揮するには、自動化が従来のサイロから抜け出し、ネットワークインフラストラクチャの要素、チーム、運用サポートシステムのすべてに対処する必要があります。ジュニパーネットワークスは、IT運用全体を簡素化するために不可欠な要素として、簡素化されたネットワークアーキテクチャを提供しています。柔軟でオープンなスタンダードベースのフレームワークに設計されたジュニパーネットワークスのツールおよび戦略は、ネットワークプロビジョニングからオーケストレーション管理までの運用ライフサイクル全体の自動化を可能にすることで、ネットワーク事業者をサポートします。

ネットワーク自動化に関するよくある質問

ネットワーク自動化が重要な理由

5Gおよびクラウドの時代には、統合型IPサービスファブリックを大規模に管理するために、自動化が不可欠になっています。自動化により、ネットワークのパフォーマンス低下およびダウンタイムの最も一般的な原因であるヒューマンエラーが減少し、自動化されたネットワークはより信頼性の高いものとなります。また、サービスプロバイダや大企業は、自動化の活用により、市場投入までの時間を短縮し、顧客エクスペリエンスを向上させ、ネットワーク運用を簡略化することで、拡張性の高い需要に対応することができます。その結果、ネットワークの効率性、稼働時間および一貫性を、全体的に向上させることができます。

ネットワーク自動化におけるAIの活用方法

AI は、ネットワークドメインやベンダーにわたるデータの自動収集と正規化、インテリジェントな根本原因分析、潜在的なパフォーマンス低下や機器の誤動作に関するアラートなどに使用されます。特に、顧客サービスに影響を与える可能性のある異常を把握するのに便利であり、多くの場合、ユーザーが影響を受ける前に問題を解決することができます。 

ネットワークプログラマビリティとネットワーク自動化の違い

自動化を活用するためには、NETCONF/YANG などの新しい設定方法をサポートすることで、ネットワークをプログラム可能にする必要があります。ローコードのワークフロー自動化と REST API を提供する最新のクラウドネイティブのプラットフォームにより、企業は、ネットワーク計画、設定、コンプライアンスの検証、サービスの有効化、品質検証、パフォーマンス監視、パス計算、クローズドループ修復などのプロセスを自動化し、ネットワークの効率性とサービスのパフォーマンスを向上させることができます。 

ジュニパーが提供するネットワーク自動化ソリューションには、どのようなものがありますか。

クラウドネイティブなアプリケーションであるJuniper Paragon Automationスイートは、ネットワークサービスのライフサイクル全体を自動化し、管理します。オンプレミスで、またはSoftware-as-a-service (SaaS)製品としてクラウドで実行できるParagon Automationは、ネットワークサービスを自動的に計画、オーケストレーション、保証、最適化するのに役立ちます。 

リソース

詳細はこちら

Juniper Paragon Automation:エグゼクティブインタビュー