データセンター、スペシャリスト(JNCIS-DC)

今すぐ登録(英語)

データセンタープログラムにより、データセンター技術および関連する設定とトラブルシューティングのスキルの能力を証明できます。JNCIS-DC は、このコースのスペシャリストレベルの認定資格で、ジュニパーネットワークスの Apstra ソフトウェアとデータセンターデバイスに関する中級の知識を持つデータセンターネットワークの技術者のために設計されています。この筆記試験では、データセンター技術、関連するプラットフォーム構成、トラブルシューティングスキルの理解度を確認します。

このプログラムには4つの認定資格が含まれます。 

  • JNCIA-DC:データセンター、アソシエイト。詳細は JNCIA-DC をご覧ください。
  • JNCIS-DC:データセンター、スペシャリスト。詳細は以下のセクションをご覧ください。
  • JNCIP-DC:データセンター、プロフェッショナル詳細はJNCIP-DCをご覧ください。
  • JNCIE-DC:データセンター、エキスパート 詳細は JNCIE-DC をご覧ください。

試験準備

試験の準備に役立つ以下の資料をお勧めします。なお、これらの資料は必須ではなく、資料を使用したから必ず試験に合格するというわけではありません。

試験の目的

JNCIS-DC 認定資格試験に合格するために必要とされるスキルセットについて簡単にご紹介します。

試験の目的

説明

データセンターアーキテクチャ(IP ファブリック、EVPN-VXLAN)

IP ファブリックの概念、運用、または機能を説明する

  • スパインリーフのトポロジー設計
  • EC ロードバランシング
  • アンダーレイとオーバーレイのルーティング戦略
  • ジュニパーネットワークスのベストプラクティス

 

EVPN の概念、運用、機能を確認します。

  • EVI
  • ブリッジ ドメイン
  • イーサネットセグメント
  • ルート識別子
  • ルートターゲットと vrf-import および vrf-export ポリシーの比較
  • EVPN ルートタイプ
  • タイプ 2 または タイプ 5 を使用した ERB

 

VXLAN の概念、運用、機能を確認します。

  • コントロールプレーンオプション
  • VNI-to-VLAN マッピング
  • VTEP 機能

Juniper Apstra アーキテクチャ

Juniper Apstra の概念と一般的な機能を確認します。

  • Apstra サーバー
  • Apstra デバイスエージェント
  • Apstra UI
  • RBAC(ロールベースアクセス制御)
  • イベントログ
  • Syslog

Apstra 設計段階

Apstra 設計段階におけるコンポーネントの概念、運用、または機能を確認

  • DC リファレンス設計
  • インターフェイスマップ
  • デバイスプロファイル(インターフェイス命名や速度など)
  • リソース
  • タグ
  • 論理デバイス
  • ラックタイプ
  • スパイン総容量を計画する
  • テンプレート

 

Apstra の設計段階におけるさまざまなコンポーネントの設定、監視、またはトラブルシューティングの方法を説明します。

Apstra のビルドおよび展開のフェーズ

Apstra のビルドおよび展開のフェーズにおけるコンポーネントの概念、運用、または機能を確認する

  • ファブリックデバイス管理(エージェントのインストール、システム IDS など)
  • 設計図の UI
  • ケーブルマップ
  • デバイスの状態
  • 展開モード

 

Apstra の構築および展開段階におけるさまざまなコンポーネントの設定、監視、またはトラブルシューティングの方法を説明します。

設計図の運用

展開された Apstra の設計図を管理および運用する際の、概念、利点、適用、または要件を確認します。

  • サービス異常とプローブ異常の比較
  • トップレベルタブの使用法(ダッシュボード、分析、ステージ、コミットなし、アクティブ、タイムボイジャー)
  • 設計図へのクエリ
  • タグで検索
  • 設計図の変更を行う
  • 復元
  • タイムボイジャーの使用
  • プロパティセットおよびコンフィグレット
  • 根本原因の特定
  • 仮想ネットワークと接続テンプレート
  • ラックの追加
  • 設定タイプ(レンダリング、インクリメンタル、およびプリスティン設定など)
  • 汎用システムの追加

 

展開された Apstra の設計図の設定、監視、またはトラブルシューティングの方法を説明します。

データセンターのマルチテナント機能

Apstra を使用したマルチテナント機能の概念、運用、または機能を確認します。

  • 接続テンプレート
  • ルーティングゾーンと VRF
  • ルーティング ポリシー
  • 仮想ネットワーク
  • セキュリティ ポリシー
  • Apstra に関連する VMware の統合
  • データセンターの相互接続

 

Apstra を使用したマルチテナント機能の設定、監視、またはトラブルシューティングの方法を説明します。

インテントベースの分析

Apstra のインテントベースを使用する際の概念、利点、適用、または要件を確認します。

  • グラフエクスプローラ
  • グラフクエリ
  • IBA プローブ

 

Apstra のインテントベース分析の設定、監視、またはトラブルシューティングの方法を説明します。

試験の詳細

試験問題は、推奨されるトレーニングと上記の試験資料から出題されます。試験は英語のみです。

試験コード

JN0-480

前提となる認定資格

試験会場

試験の所要時間

90 分

試験形式

選択問題 65 問

ソフトウェアバージョン

  • Apstra 4.0.2
  • Junos 21.2

再認定

ジュニパーの認定資格は3年間有効です。詳しくは、再認定をご覧ください。