デジタル変革とは

デジタル変革とは

デジタル変革のプロセスによって、データが使用される状況からインテリジェンスが作成されてビジネス価値が生まれ、これにより組織の持つデータの価値が最適化されます。データは、デジタル変革の中心的な役割を果たします。以下の条件を備えたデータである必要があります。

  • すばやく簡単かつ確実にアクセスできること
  • 収集、配信、実行が従来よりも自動化されていること
  • 何よりも、安全性が確保されていること
デジタル変革プロセス

デジタル変革の目標は、アプリケーションおよびサービス導入の速度を向上させ、カスタマーエクスペリエンスをシンプル化して改良し、より多くの情報に即座にアクセスできるようにすることです。

最も基本的なテクノロジー基盤となるのが、強固なデジタルプラットフォームです。一貫性のある設計とアーキテクチャでプラットフォームを標準化し、セキュリティ保護し、これを予算内で遂行する必要があります。サポート終了間近のインフラと多数の独自のレガシーハードウェアデバイスを抱える環境でデータセンターを刷新するのは、複雑な課題です。

デジタル変革に取り組むには、デジタル活動とともに力強いリーダーシップが必要です。デジタル変革においては、別の観点から考えることが不可欠です。リーダーは進んで変革を受け入れ、組織の変革によってデジタル世界で成長し、勝ち抜くためのビジョンを持つ必要があります。

デジタル変革の主な領域

  • カスタマーエクスペリエンス:(デジタル変革の最も目に付きやすい面)デジタルメディアとソーシャルメディアを使用し、分析機能を構築することで、何がお客様を満足させ、どのようにして購入またはサービス利用に導くか、詳しく理解します。デジタル変革によって、カスタマーサービスと同時に営業活動も改善されます。
  • 運用:企業の業務、プロセスおよびコスト削減に対するデジタル変革を推進するにあたって、自動化は欠かせない要素です。ネットワーク自動化、オープンアーキテクチャ、テレメトリ、機械学習、宣言的なインテントによるプログラミングと組み合わせると、Self-Driving Network™と呼ばれる、予測可能で環境に適応可能な、自律ネットワークが作成されます。
  • ビジネスモデル:
    • サービスプロバイダ:ブロードバンドの月額料金(ネットワークアクセス、帯域幅、コンテンツ)モデルから上がる収益を多様化させ、ネットワークのあらゆる面でクラウドを活用することで、デジタル変革を実現する能力を備えようとしています。市場で競争力を持つには、デジタルサービス製品を顧客に提供して収益化する前に、デジタル変革を達成する必要があります。
    • エンタープライズ:ハイブリッドIT への移行を進め、アプリケーションやワークロードを分散させ、コンテナの利用が増加しています。ネットワーク、帯域幅、クラウド内のデータセンターを相互接続する接続性機能を提供するパブリッククラウドを利用して、デジタル変革を実現しています。エンタープライズのワークロードはオンプレミスで分散され、パブリッククラウドとプライベートクラウドの俊敏性が高まっています。そのため、エンタープライズには、自己修復可能かつ事前対応型でイベントを照合できる組み込みセキュリティインテリジェンスを備えたスマートソリューションが必要になります。

これはデジタル変革への標準的なアプローチです。導入面では制約があるものの、変化を進んで受け入れる心構えがあり、基盤となるインフラ(ユーザーとネットワークの双方)が整っていることが、実現の成否を握る鍵となります。