セキュリティ、アソシエイト(JNCIA-SEC)

今すぐ登録(英語)

セキュリティプログラムに合格すると、一般的なセキュリティ技術と、SRXシリーズデバイス用Junos OSソフトウェアについて理解していることが証明されます。 JNCIA-SECは、本プログラムにおけるアソシエイトレベルの資格認定です。対象となるのは、SRXシリーズデバイス向けジュニパーネットワークスJunos OSに関する、初級レベルから中級レベルの知識を備えたネットワークプロフェッショナルです。この筆記試験では、セキュリティ技術および関連するプラットフォーム構成とトラブルシューティングスキルに関する理解度を確認します。

このプログラムには4つの認定資格が含まれます。

  • JNCIA-SEC:セキュリティ、アソシエイト詳細は以下のセクションをご覧ください。
  • JNCIS-SEC:セキュリティ、スペシャリスト詳細はJNCIS-SECをご覧ください。
  • JNCIP-SEC:セキュリティ、プロフェッショナル詳細はJNCIP-SECをご覧ください
  • JNCIE-SEC:セキュリティ、エキスパート詳細はJNCIE-SECをご覧ください。

試験準備

試験の準備に役立つ以下の資料をお勧めします。なお、これらの資料は必須ではなく、資料を使用したから必ず試験に合格するというわけではありません。

推奨されるトレーニング

試験資料

試験の目的

JNCIA-Sec認定資格試験に合格するために必要とされるスキルセットについて簡単にご紹介します。

試験の目的

説明

SRX シリーズ デバイス

SRX シリーズ デバイスの概念または一般的な特長を確認します。

  • インターフェイス
  • ハードウェア
  • 初期構成
  • トラフィック フロー/セキュリティの処理
  • vSRX

Junos Security オブジェクト

セキュリティ ゾーン、スクリーン、アドレス、サービスの各オブジェクトの概念または一般的な機能を確認します。

  • ゾーン
  • Screens
  • アドレス/アドレス帳

セキュリティ ポリシー

セキュリティ ポリシーの概念、メリット、運用を説明します。

  • ゾーンベースのポリシー
  • グローバル ポリシー
  • アプリケーション ファイアウォール
  • 統合されたセキュリティ ポリシー
  • IPS/IDP
  • 統合型ユーザー ファイアウォール

Sky Advanced Threat Prevention

Sky ATP の概念、メリット、運用を確認します。

  • 一般的な運用
  • ブロック メカニズム

ネットワーク アドレス変換

NAT の概念、メリット、運用を説明します。

  • ソース NAT
  • ディスティネーション NAT
  • 静的 NAT

IPsec

IPSec VPN の概念、メリット、運用を確認します。

  • IPsec トンネルの確立
  • IPsec トラフィック処理
  • IPsec サイトツーサイト VPN

統合脅威管理

UTM の概念、メリット、運用を確認します。

  • コンテンツ フィルタリング
  • Web フィルタリング
  • アンチウイルス
  • アンチスパム

監視/通知

ジュニパーのセキュリティ ソリューションの監視、通知、ロギングの手法を説明します。

  • J-Web
  • Sky Enterprise
  • Junos Space Security Director

試験の詳細

試験問題は、推奨されるトレーニングと上記の試験資料から出題されます。合否は受験後すぐに発表されます。試験は英語のみです。

試験コード

JN0-230

前提となる認定資格

なし

試験会場

試験の所要時間

90 分

試験形式

選択問題 65 問

ソフトウェアバージョン

Junos OS 19.1

再認定

ジュニパーの認定資格は3年間有効です。詳しくは、再認定をご覧ください。