自動化および DevOps、アソシエイト(JNCIA-DevOps)

今すぐ登録(英語)

自動化およびDevOps認定資格プログラムにより、一般的なスクリプト言語と、デバイス/ネットワーク機能の自動化ツールに関する能力を証明できます。JNCIA-DevOpsは、本プログラムにおけるアソシエイトレベルの認定資格です。自動化ツールとベストプラクティスに関する入門レベルの知識を持つネットワークプロフェッショナルを対象にしています。この筆記試験では、ジュニパーのデバイスやソリューションと関連するDevOpsと自動化の概念を理解しているかどうかを確認します。

このプログラムには2つの認定資格が含まれます。 

  • JNCIA-DevOps:自動化および DevOps、アソシエイト詳細は以下のセクションをご覧ください。
  • JNCIS-DevOps:自動化および DevOps、スペシャリスト詳細はJNCIS-DevOpsをご覧ください。

試験準備

試験の準備に役立つ以下の資料をお勧めします。なお、これらの資料は必須ではなく、資料を使用したから必ず試験に合格するというわけではありません。

試験の目的

JNCIA-DevOps認定資格試験に合格するために必要とされるスキルセットについて簡単にご紹介します。

目標

詳細

Junos自動化スタックとDevOpsの概要

Junos自動化とDevOpsの概念と一般的な特長を確認

  • 自動化ツール
  • 自動化フレームワーク
  • 自動化 API
  • DevOps のカルチャー、手法、ツール

XML/NETCONF

XML、XML API、XPath、またはNETCONFの概念、一般的な機能を確認

  • XMLの概念と構文
  • XPath の概念と構文
  • NETCONF の概念
  • XML API の概念と構文

データのシリアル化

データのシリアル化の概念、メリット、操作を確認

  • YAML
  • JSON

Python/PyEZ

Junosを自動化するPythonまたはJunos PyEZのツールを確認

  • 構文と概念
  • REST
  • JSNAPy
  • Jinja2
  • RPCs
  • PyEZ例外処理
  • デバイスの構成と構成のセキュリティ強化

Rest API

Junos REST APIの概念、メリット、操作を確認

  • Junos REST APIの構成
  • REST API Explorer の使用
  • curl の使用による REST API へのアクセス

試験の詳細

試験問題は、推奨されるトレーニングと上記の試験資料から出題されます。合否は受験後すぐに発表されます。試験は英語のみです。

試験コード

JN0-222

前提となる認定資格

なし

試験会場

試験の所要時間

90 分

試験形式

選択問題 65 問

ソフトウェアバージョン

  • Junos OS: 20.1
  • Python:3.6+

再認定

ジュニパーの認定資格は3年間有効です。詳しくは、再認定をご覧ください。