Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

タグ付き Vlan の構成

一連のタグ付き Vlan の作成

イーサネット LAN を複数の Vlan に分割した場合、各 VLAN には固有の IEEE 802.1 Q タグが割り当てられます。このタグは VLAN 内の各フレームに関連付けられており、トラフィックを受信するネットワークノードはタグを使用してフレームが関連付けられている VLAN を識別できます。

トランクインターフェイスで Vlan と802.1 の Q タグを一度に1つずつ構成するのではなく、一連のタグ付き Vlan を作成するように VLAN の範囲を設定できます。

イーサネット LAN が Vlan に分割されている場合、各 VLAN は固有の 802.1 Q タグによって識別されます。タグはすべてのフレームに適用され、フレームを受信するネットワークノードはフレームが属する VLAN を検出できるようになります。複数の Vlan 間でトラフィックを多重化するトランクポート。タグを使用して、フレームの送信元と転送先を決定します。

たとえば、VLAN を設定し、 の employee タグ範囲を指定できます 10 through 12 。これにより、以下の Vlan とタグが作成されます。

  • employee-10VLAN、タグ10

  • employee-11VLAN、タグ11

  • employee-12VLAN、タグ12

シリーズでタグ付けされた Vlan を作成するには、以下の制限があります。

  • レイヤー3インターフェイスは、この機能をサポートしていません。

  • アクセスインターフェイスでサポートされる VLAN メンバーは1つだけであるため、アクセスインターフェイスもこの機能をサポートしていません。

注:

このタスクでは、拡張レイヤー2ソフトウェア (ELS) 構成スタイルをサポートしていない QFX3500 および QFX3600 スイッチに Junos OS を使用します。ELS 対応ソフトウェアをスイッチで実行している場合は、 を参照してください ELS サポートによるスイッチへの一連のタグ付き Vlan の作成

パケットを使用して一連のタグ付き VLAN をCLIするには、次の手順に示します(ここでは、VLAN は次の手順に示します employee )。

  1. シリーズ (ここでは、120 ~ 130 の VLAN シリーズ) を設定します。

  2. 次のいずれかの方法でインターフェイスを構成するときに、一連のタグ付き Vlan を関連付けます。

  • シリーズの名前を含める:

  • 次のような VLAN 範囲が含まれます。

一連のタグ付き VLAN を、名前別または VLAN 範囲別にインターフェイスに関連付けることは、次のように同じ結果になります。を通 __employee_120__ る VLAN __employee_130__ が作成されます。

注:

vlan-rangeコマンドを使用して一連の vlan を作成すると、vlan 名の前に、二重のアンダースコアが続きます。

EX シリーズスイッチへの一連のタグ付き Vlan の作成 (CLI の手順)

どの VLAN トラフィックが属しているのかを識別するために、イーサネット VLAN 上のすべてのフレームは、IEEE 802.1 Q 規格で定義されたタグによって識別されます。これらのフレームはタグ付けされ、802.1 の q タグでカプセル化されています。単一の VLAN のみを持つシンプルなネットワークでは、すべてのトラフィックは同じ 802.1 Q タグを持ちます。

トランクインターフェイスで VLAN と802.1 の Q タグを一度に1つずつ構成するのではなく、一連のタグ付き Vlan を作成するように VLAN の範囲を設定できます。

イーサネット LAN が Vlan に分割されている場合、各 VLAN は固有の 802.1 Q タグによって識別されます。タグはすべてのフレームに適用されるため、フレームを受信するネットワークノードはフレームが属する VLAN を認識できます。複数の Vlan 間でトラフィックを多重化するトランクポート。タグを使用して、フレームの送信元と転送先を決定します。

たとえば、VLAN を設定し、 の employee タグ範囲を指定できます 10-12 。これにより、以下の Vlan とタグが作成されます。

  • employee-10VLAN、タグ10

  • employee-11VLAN、タグ11

  • employee-12VLAN、タグ12

シリーズでタグ付けされた Vlan を作成するには、以下の制限があります。

  • レイヤー3インターフェイスは、この機能をサポートしていません。

  • アクセスインターフェイスでサポートされる VLAN メンバーは1つだけであるため、アクセスインターフェイスもこの機能をサポートしていません。

  • ボイスオーバー IP (VoIP) 構成は、タグ付けされた Vlan の範囲をサポートしていません。

パケット を使用して一連のタグ付き VLAN をCLIするには、次の手順に示します(ここでは、VLAN は次の手順に示します employee )。

  1. シリーズ (ここでは、120 ~ 130 の VLAN シリーズ) を設定します。

  2. 次のいずれかの方法でインターフェイスを構成するときに、一連のタグ付き Vlan を関連付けます。

  • シリーズの名前を含める:

  • 次のような VLAN 範囲が含まれます。

一連のタグ付き VLAN を名前別または VLAN 範囲別にインターフェイスに関連付けると、同じ結果が得られます。を通 __employee_120__ る VLAN __employee_130__ が作成されます。

注:

vlan-rangeコマンドを使用して一連の vlan を作成する場合、vlan 名の先頭にはサフィックスが、二重のアンダースコアが付けられます。

ELS サポートによるスイッチへの一連のタグ付き Vlan の作成

イーサネット LAN を複数の Vlan に分割した場合、各 VLAN には固有の IEEE 802.1 Q タグが割り当てられます。このタグは VLAN 内の各フレームに関連付けられており、トラフィックを受信するネットワークノードはタグを使用してフレームが関連付けられている VLAN を識別できます。

トランクインターフェイスで Vlan と802.1 の Q タグを一度に1つずつ構成するのではなく、一連のタグ付き Vlan を作成するように VLAN の範囲を設定できます。

イーサネット LAN が Vlan に分割されている場合、各 VLAN は固有の 802.1 Q タグによって識別されます。タグはすべてのフレームに適用され、フレームを受信するネットワークノードはフレームが属する VLAN を検出できるようになります。複数の Vlan 間でトラフィックを多重化するトランクポート。タグを使用して、フレームの送信元と転送先を決定します。

たとえば、VLAN を設定し、 の employee タグ範囲を指定できます 10 through 12 。これにより、以下の Vlan とタグが作成されます。

  • employee-10VLAN、タグ10

  • employee-11VLAN、タグ11

  • employee-12VLAN、タグ12

シリーズでタグ付けされた Vlan を作成するには、以下の制限があります。

  • レイヤー3インターフェイスは、この機能をサポートしていません。

  • アクセスインターフェイスでサポートされる VLAN メンバーは1つだけであるため、アクセスインターフェイスもこの機能をサポートしていません。

注:

このタスクでは、拡張レイヤー2ソフトウェア (ELS) の設定スタイルをサポートするために、QFX3500 および QFX3600 スイッチの Junos OS に Junos OS を使用します。お使いのスイッチが、ELS をサポートしていないソフトウェアを実行する場合は、一連のタグ付き vlan の作成を参照してください。ELS の詳細については、「拡張レイヤー2ソフトウェア CLI の使用」を参照してください。

パケット を使用して一連のタグ付き VLAN をCLIするには、次の手順に示します(ここでは、VLAN は次の手順に示します employee )。

  1. シリーズ (ここでは、120 ~ 130 の VLAN シリーズ) を設定します。

  2. 次のいずれかの方法でインターフェイスを構成するときに、一連のタグ付き Vlan を関連付けます。

  • シリーズの名前を含める:

  • 次のような VLAN 範囲が含まれます。

一連のタグ付き VLAN を、名前別または VLAN 範囲別にインターフェイスに関連づけると、同じ結果が得られます。を通 __employee_120__ る VLAN __employee_130__ が作成されます。

注:

vlan-id-listコマンドを使用して一連の vlan を作成すると、vlan 名の前に、二重のアンダースコアが続きます。

一連のタグ付き Vlan が作成されていることを確認します。

目的

一連のタグ付き Vlan がスイッチ上に作成されていることを確認します。

アクション

  1. VLAN ID の昇順で Vlan を表示します。

  2. Vlan 名のアルファベット順で Vlan を表示します。

  3. VLAN範囲名を指定してVLANを表示します(ここでは、VLAN範囲名は を示します employee )。

この出力例は、スイッチに設定されている Vlan を示しています。タグ付き Vlan のシリーズは次のように表示されます。__employee__120__ から __employee_130__ . タグ付き VLAN は、それぞれトランク インターフェイスで設定されています xe-0/0/22.0 。インターフェイス名 * の横のアスタリスク( )は、インターフェイスが UP .

vlan-rangeステートメントを使用して一連の vlan を作成する場合、vlan 名の前には二重のアンダースコアが付けられます。

一連のタグ付き Vlan が EX シリーズスイッチ上に作成されていることを確認します。

目的

一連のタグ付き Vlan がスイッチ上に作成されていることを確認します。

アクション

VLAN ID の昇順で Vlan を表示します。

Vlan 名のアルファベット順で Vlan を表示します。

VLAN 範囲名を指定して VLAN を表示します(ここでは、VLAN 範囲名は 次です employee )。

この出力例は、スイッチに設定されている Vlan を示しています。タグ付き Vlan のシリーズは次のように表示されます。__employee__120__ から __employee_130__ . タグ付き VLAN は、それぞれトランク インターフェイスで設定されています ge-0/0/22.0 。インターフェイス名の * 横のアスタリスク( )は、インターフェイスが UP .

ステートメントを使用して一連の VLAN を作成すると、VLAN 名にはプレフィックスが付き、サフィックスには二重の vlan-range アンダースコアが付けられます。

レイヤー3論理インタフェースでの2つのタグ付き Vlan の構成

IEEE Junos OS は、channelizing のイーサネットインターフェイスを複数の論理インターフェイスに統合することで、多数のホストを同一のスイッチに接続し、同じルーティングやブリッジドメインに属していないことを防止します。イーサネット LAN が Vlan に分割されている場合、各 VLAN は固有の 802.1 Q タグによって識別されます。フレームを受信するネットワークノードでフレームが属する VLAN を検出できるように、タグはすべてのフレームに適用されます。

レイヤー 3 論理インターフェイス(「レイヤー 3 サブインターフェイス」と呼ばれる場合があります)で、二重 VLAN タグ(内部タグと外部タグ)を設定できます。

レイヤー3論理インターフェイスでの2つのタグによる Vlan のサポートには、以下が含まれます。

  • IPv4、IPv6、または論理インタフェース上のmplsファミリーの設定

  • アグリゲート型イーサネットインターフェイス上での設定

  • 単一の物理インタフェース上での複数の論理インタフェースの構成

注:

この機能には、以下のサポートは含まれていません。

  • VLAN リライト (input-vlan-mapまたoutput-vlan-mapは)

  • TPID 構成 (物理または論理インタフェース)

  • native-inner-vlan-id;outer-vlan-id-list;inner-vlan-id-list;およびvlan-id-range

2つのタグが付いたレイヤー3論理インタフェースを構成するには、次のようにします。

  1. 柔軟な VLAN タグを物理インタフェースに適用します。
  2. 次の論理インターフェイスで、内部および外部 VLAN タグを構成します。
  3. 次のように、ファミリータイプと、必要に応じて、論理インタフェースのアドレスを設定します。

VLAN タグのスタック

インターフェイスを出入りするすべてのタグ付きフレームで VLAN タグをスタックするにはpushvlan-id入力 vlan tag-protocol-idマップまたは出力 vlan マップに、and ステートメントを含めます。

これらのステートメントを以下の階層レベルで含めることができます。

  • [edit interfaces interface-name unit logical-unit-number]

  • [edit interfaces interface-name unit logical-unit-number]

  • [edit logical-systems logical-system-name interfaces interface-name unit logical-unit-number]

  • [edit logical-systems logical-system-name interfaces interface-name unit logical-unit-number]

入力 VLAN マップで定義した VLAN ID は、論理インターフェイスにバインドされた VLAN ID の上に積み重ねされます。

入力と出力の VLAN マップに含めるすべての TPIDs は、 [edit interfaces interface-name ether-options ethernet-switch-profile tag-protocol-id [ tpids ]]階層レベルで指定したものと同じでなければなりません。

VLAN タグの書き直しと新しいタグの追加

イーサネット IQ、IQ2、IQ2-E インターフェイスの MX シリーズルーターギガビットイーサネット、トライレートイーサネット銅線、10ギガビットイーサネットインターフェイスで、ギガビットイーサネット IQ2 と IQ2-E または MX シリーズルーターの10ギガビットイーサネット PICs を使用したアグリゲート型イーサネットインターフェイスまた、EX シリーズスイッチ上のギガビットイーサネットおよび10ギガビットイーサネットインターフェイスで、受信フレームの外側の VLAN タグをユーザーが指定した VLAN タグ値swap-pushに置き換えるには、入力 vlan マップまたは出力 vlan マップにステートメントを含めます。

ユーザーが指定した外部 VLAN タグが正面にプッシュされます。外側のタグが最終フレームの内側のタグになります。このため、スタックと書き換えのギガビットイーサネット VLAN タグは、Q イン Q トンネリングと呼ばれることもあります。

このステートメントは、以下の階層レベルで含めることができます。

内部および外部 VLAN タグの書き換え

イーサネット IQ, IQ2 および IQ2-E インターフェイス, MX シリーズルーターのギガビットイーサネット、トライレートイーサネット銅線、10ギガビットイーサネットインターフェイス、ギガビットイーサネット IQ2 と IQ2-E または MX シリーズでの10ギガビットイーサネット PICs を使用したアグリゲート型イーサネットインターフェイスルーターを使用して、着信フレームの内部 VLAN タグと外側にある両方についてユーザーが指定した VLAN タグswap-swapの値を置き換えるには、入力 vlan マップまたは出力 vlan マップにステートメントを含めます。このため、スタックと書き換えのギガビットイーサネット VLAN タグは、Q イン Q トンネリングと呼ばれることもあります。

このステートメントは、以下の階層レベルで含めることができます。

タグ付きフレームでの VLAN タグの書き直し

すべてのタグ付きフレームの vlan タグを、指定された vlan ID および tpid にインターフェイスに書き換えるswaptag-protocol-idは、 vlan-id入力 vlan マップに、、ステートメント、and 文を含めます。

すべてのタグ付きフレームの VLAN タグを、指定された VLAN ID および TPID にまで書き直しするswaptag-protocol-idは、出力 vlan マップに and ステートメントを含めます。

これらのステートメントを以下の階層レベルで含めることができます。

  • [edit interfaces interface-name unit logical-unit-number input-vlan-map]

  • [edit logical-systems logical-system-name interfaces interface-name unit logical-unit-number input-vlan-map]

出力 VLAN マップ構成にswapステートメントとvlan-idステートメントの両方を含めることはできません。ステートメントを設定に含める場合、発信フレームのVLAN IDが論理インターフェイスにバインドされたVLAN swap IDに書き換されます。論理インタフェースへの VLAN ID のバインドの詳細については、 802.1 q vlan の概要を参照してください。

スワップ操作は、その構成にstacked-vlan-tagging文が含まれているかどうかにかかわらず、外側のタグのみで動作します。詳細については、例を参照してください。ギガビットイーサネット IQ VLAN タグのスタックとリライト

VLAN ID リストを使用した VLAN 変換の構成

多くの場合、インターフェイスのパケットのフレーム上のVLAN識別子は正しくありません。Vlan の変換 (VLAN リライト) を使用すると、論理インタフェースから受信したフレームのリストを使用して双方向 VLAN 識別子変換を構成できます。これにより、固有の VLAN 識別子を内部で使用し、論理インタフェース上でレガシー VLAN 識別子を維持できます。

トランクインターフェイス上のパケットに対して VLAN 変換を実行するにvlan-rewriteは、 [edit interfaces interface-name unit unit-number]階層レベルで文を挿入します。また、VLAN のinterface-mode trunk[edit interfaces interface-name unit unit-number family ethernet-switching]変換はトランクインターフェイスでのみサポートされるため、階層内にステートメントを含める必要があります。逆方向の変換は、インターフェイスを通過するトラフィックに対して行われます。つまり、VLAN 200 がインターフェイスに入ったトラフィックで500に変換された場合、VLAN 500 は、インターフェイスから出てくるトラフィックに対して VLAN 200 に変換されます。

注:

インターフェイスでは、柔軟な VLAN のタグ付けまたはトランクモードのいずれかを構成できます。VLAN 翻訳では、両方をサポートしていません。

次の例では、VLAN 識別子200から500、201から501への着信トランクパケットを送信しています (その他の有効な VLAN 識別子は影響を受けません)。

注:

この例では、送信時に500から200、501から201へのフレーム Vlan の変換も行っています。

セキュリティーデバイスでの VLAN 変換の構成

VLAN の変換により、サービスプロバイダは、2つの顧客サイト間でレイヤー2イーサネット接続を作成できます。プロバイダは、さまざまな顧客の VLAN トラフィックをリンク上で分離できます(顧客が重複する VLAN ID を使用している場合など)。または、さまざまな顧客 VLAN を 1 つのサービス VLAN にバンドルできます。データセンターは、Q イン Q のトンネリングを使用して、単一サイト内で顧客トラフィックを分離したり、顧客トラフィックが地理的に異なる場所にあるクラウドデータセンター間を流れる場合に利用できます。

VLAN 翻訳の設定を開始する前に、隣接するスイッチ上で必要なユーザー Vlan を作成して設定していることを確認してください。Vlan の設定を参照してください。

VLAN 翻訳は、次の2つの方法で行うことができます。

  • Vlan retで vlan 変換を構成するには、次のような CLI 構成によって、エンタープライズプロバイダの VLAN 変換のスタイルを実現できます。

  • Q イン Q で VLAN 変換を構成するには、次のような CLI 構成によって、サービスプロバイダの VLAN 変換のスタイルを実現できます。

例:セキュリティデバイスでのレイヤー2透過モード用の VLAN Retのデバッグの構成

この例では、レイヤー2トランクインターフェイスで VLAN retagging 構成し、受信パケットを選別して、他の VLAN トラフィックに影響を与えずにセキュリティデバイスにリダイレクトする方法を示します。

要件

開始する前に、VLAN retagging デバッグに含めるマッピングを決定します。セキュリティデバイスに関する VLAN retの詳細はこちらをご覧ください。

概要

この例では、「ge-3/0/0」というレイヤー2トランクインタフェースを作成し、VLAN 識別子 1 ~ 10 を使用してパケットを受信するように設定します。VLAN 識別子11を使用してインタフェースに到着したパケットは、VLAN 識別子2と retagged されます。トランクインターフェイスを終了する前に、retagged パケット内の VLAN 識別子2が VLAN 識別子11で置き換えられます。トランクインターフェイスを終了すると、retagged のパケット内のすべての VLAN 識別子が変更されます。

構成

手順

順を追った手順

レイヤー2トランクインターフェイスで VLAN retを構成するには、次のようにします。

  1. レイヤー2トランクインターフェイスを作成します。

  2. VLAN retのデバッグを構成します。

  3. デバイスの設定が完了したら、構成をコミットします。

検証

構成が正常に機能していることをshow interfaces ge-3/0/0確認するには、コマンドを入力します。

内部および外部 TPIDs および VLAN Id の構成

一部の書き換え操作については、内部または外部 TPID の値と、内部または外部の VLAN ID 値を設定する必要があります。これらの値は、入力 VLAN マップまたは出力 VLAN マップのどちらかに適用できます。

イーサネット IQ、IQ2、IQ2-E インターフェイスを搭載しています。MX シリーズルーターギガビットイーサネット、トライレートイーサネット銅線、10ギガビットイーサネットインターフェイスを備えています。また、MX シリーズルーターでギガビットイーサネット IQ2 と IQ2-E または10ギガビットイーサネット PICs を使用した集合イーサネットインターフェイスで、 inner-tag-protocol-id内部 tpid を設定するには、以下のステートメントを含めます。

このステートメントは、以下の階層レベルで含めることができます。

内部 VLAN ID については、 inner-vlan-id文を含めてください。外側 TPID の場合は、 tag-protocol-idステートメントを含めます。外側の VLAN ID には、以下vlan-idの文を含めます。

ギガビットイーサネット IQ インターフェイスを使用したアグリゲートtag-protocol-idイーサネットインターフェイスの場合は、外部 tpid 用の文が含まれています。外側の VLAN ID には、以下vlan-idの文を含めます。

これらのステートメントを以下の階層レベルで含めることができます。

  • [edit interfaces interface-name unit logical-unit-number]

  • [edit logical-systems logical-system-name interfaces interface-name unit logical-unit-number]

入力 VLAN マップで定義した VLAN ID は、論理インターフェイスにバインドされた VLAN ID の上に積み重ねされます。VLAN ID から論理インターフェイスへのバインドの詳細については、 を参照 802.1 q Vlan の概要 してください。

入力と出力の VLAN マップに含めるすべての TPIDs は、 [edit interfaces interface-name ether-options ethernet-switch-profile tag-protocol-id [ tpids ]]階層レベルで指定したものと同じでなければなりません。

表 1これら表 2のステートメントがいつ必要になるかを指定します。表 1入力 VLAN マップのリライト操作に対して有効なステートメントの組み合わせを示します。「いいえ」とは、書き換え操作のためにステートメントを入力 VLAN マップに含めなければならないという意味です。「オプション」とは、ステートメントを入力VLANマップでの書き換え操作にオプションで指定できる場合を意味します。「任意」とは、ステートメント、ステートメント、またはステートメント vlan-idtag-protocol-id を含 inner-vlan-id める必要 inner-tag-protocol-id があります。

表 1: 入力の VLAN マップに対する再書き込み操作とステートメントの使用法

 

入力 VLAN Map ステートメント

リライト操作 vlan id タグ-プロトコル id 内部 vlan id 内部タグプロトコル id
通知

オプション

オプション

なし

なし

pop

なし

なし

なし

なし

入れ換える

必要

必要

なし

なし

プッシュプッシュ

オプション

オプション

オプション

スワップ/プッシュ

オプション

オプション

必要

必要

スワップ交換

オプション

オプション

必要

必要

ポップスワップ

なし

なし

必要

必要

ポップ-ポップ

なし

なし

なし

なし

表 2出力 VLAN マップのリライト操作に対して有効なステートメントの組み合わせを示します。「いいえ」とは、書き換え操作のためにステートメントを出力 VLAN マップに含めなければならないという意味です。「オプション」とは、出力VLANマップでの書き換え操作にステートメントをオプションで指定できる場合を意味します。

表 2: 出力 VLAN マップのための運用とステートメントの再書き込み

 

VLAN Map ステートメントの出力

リライト操作 vlan id タグ-プロトコル id 内部 vlan id 内部タグプロトコル id
通知

なし

オプション

なし

なし

pop

なし

なし

なし

なし

入れ換える

なし

オプション

なし

なし

プッシュプッシュ

なし

オプション

なし

オプション

スワップ/プッシュ

なし

オプション

なし

オプション

スワップ交換

なし

オプション

なし

オプション

ポップスワップ

なし

なし

なし

オプション

ポップ-ポップ

なし

なし

なし

なし

次の例では、入力 VLAN マップと出力 VLAN マップで操作を構成する方法 表 1表 2pop-swap を使用し、示しています。

内部 vlan id ステートメントを使用した VLAN マップの入力、オプションの内部タグプロトコル-id ステートメントを使用した VLAN マップの出力

内部タグとプロトコル id の両方を使用した VLAN マップの入力 (オプションの内部タグ・プロトコル-id 文を含む)

内部タグ、プロトコル id、および内部 vlan id のステートメントを使用した VLAN マップの入力