Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ギガビットイーサネット VLAN タグのスタックとリライト

シングルタグ付きフレームおよびデュアルタグ付きpushフレームでタグをpopstack ()、removeswap()、または書き直し () を実行するように、書き換え操作を設定できます。ポートにタグが付いていない場合、そのポートのどの論理インタフェースでも書き換え操作はサポートされません。積み重ねおよび書き換えギガビット イーサネット VLAN タグは、Q-in-Q トンネリングとも呼ばれます。

次の VLAN リライト操作を構成できます。

  • pop—VLAN タグ スタックの一番上から VLAN タグを削除します。フレームの外側の VLAN タグが削除されます。

  • pop-popイーサネットIQ2、10ギガビット イーサネットLAN/WAN PIC、IQ2-Eインターフェイスの場合、フレームの外部VLANタグと内部VLANタグの両方を削除します。

  • pop-swap:イーサネットIQ2、10ギガビット イーサネットLAN/WAN PIC、IQ2-Eインターフェイスの場合、フレームの外部VLANタグを削除し、フレームの内部VLANタグをユーザー指定のVLANタグ値に置き換える。内側のタグが最終フレームの外側のタグになります。

  • push—新しい VLAN タグを VLAN スタックの一番上に追加します。外部の VLAN タグが、既存の VLAN タグの正面にプッシュされます。

  • push-pushイーサネットIQ2、10ギガビット イーサネットLAN/WAN PIC、IQ2-Eインターフェイスの場合、2個のVLANタグをフレームの前にプッシュします。

  • swap-push:イーサネットIQ2、10ギガビット イーサネットLAN/WAN PIC、IQ2-Eインターフェイスの場合、フレームの外部VLANタグをユーザー指定のVLANタグ値に置き換える。ユーザーが指定した外部 VLAN タグが正面にプッシュされます。外側のタグが最終フレームの内側のタグになります。

  • swap-swap:イーサネットIQ2、10ギガビット イーサネットLAN/WAN PIC、IQ2-Eインターフェイスでは、受信フレームの内部VLANタグと外部VLANタグの両方を、ユーザー指定のVLANタグ値に置き換える。

受信フレームの場合は入力 VLAN マップ内、送信フレームの場合は出力 VLAN マップ内の論理インタフェースに対して VLAN リライト操作を設定します。入力 VLAN マップを設定するには、 input-vlan-map以下のステートメントを含めます。

出力 VLAN マップを設定するには、 output-vlan-map以下の文を含めます。

両方のステートメントを次の階層レベルで含めることができます。

  • [edit interfaces interface-name unit logical-unit-number]

  • [edit logical-systems logical-system-name interfaces interface-name unit logical-unit-number]

VLAN リライト操作のタイプは、フレームがシングルタグ付きまたはデュアルタグ付きのどちらであるかによって異なります。表 1サポートされているリライト操作と、シングルタグフレームまたはデュアルタグフレームへの適用が可能かどうかを示します。この表には、操作中に追加または削除されるタグの数も示されています。

表 1: タグなし、シングルタグ、デュアルタグが付いたフレームへのリライト操作

リライト操作

タグ

単一タグ付き

デュアルタグ付き

タグ数

pop

なし

あり

– 1

通知

たまに

あり

あり

+1

入れ換える

なし

あり

0

プッシュプッシュ

たまに

あり

あり

+2

スワップ/プッシュ

なし

あり

+1

スワップ交換

なし

なし

あり

0

ポップ-ポップ

なし

なし

あり

– 2

ポップスワップ

なし

なし

あり

– 1

再書き込みpushが行わpush-pushれ、タグ付けされていないフレームで特定の状況で有効になる可能性があります。たとえば、シングルタグ論理インターフェイス (インターフェイス 1) とデュアルタグ論理インターフェイス (インターフェイス 2) には、次のような構成があります。

インターフェイス1

インターフェイス2

input-vlan-map操作の結果としてインターフェイスのフレームが受信されると、フレームにタグは付けられません。2つ目のインターフェイスから出てくるとoutput-vlan-mappush-push運用が適用されます。結果のフレームは、論理インタフェース出力でデュアルタグ化されます。

VLAN リライト操作に応じて、入力 VLAN マップ、出力 VLAN マップ、または入力 VLAN マップと出力 VLAN マップの両方で、インターフェイスの書き換え操作を構成します。表 2は、設定可能なリライト操作の組み合わせを示しています。「なし」とは、VLAN マップに書き換え操作が指定されていないという意味です。

表 2: VLAN マップへのリライト操作の適用
 

出力 VLAN マップ

入力 VLAN マップ

なし

通知

pop

入れ換える

プッシュプッシュ

スワップ/プッシュ

スワップ交換

ポップ-ポップ

スワップ-pop

なし

あり

なし

なし

あり

なし

なし

あり

なし

なし

通知

なし

なし

あり

なし

なし

なし

なし

なし

なし

pop

なし

あり

なし

なし

なし

なし

なし

なし

なし

入れ換える

あり

なし

なし

あり

なし

なし

なし

なし

なし

プッシュプッシュ

なし

なし

なし

なし

なし

なし

なし

あり

なし

スワップ/プッシュ

なし

なし

なし

なし

なし

なし

なし

なし

あり

スワップ交換

あり

なし

なし

なし

なし

なし

あり

なし

なし

ポップ-ポップ

なし

なし

なし

なし

あり

なし

なし

なし

なし

ポップスワップ

なし

なし

なし

なし

なし

あり

なし

なし

なし

VLAN リライト操作が有効であるかどうかを確認し、入力 VLAN マップまたは出力 VLAN マップに適用する必要があります。また、リライト操作では、入力 VLAN マップまたは出力 VLAN マップで内部および外部 TPIDs および内部および外部 VLAN Id を設定するステートメントをインクルードする必要があるかどうかを確認する必要があります。内部および外部 TPIDs および内部および外部 VLAN Id の設定については、「インナーおよびアウター tpids および Vlan id の設定」を参照してください。