Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

スワップバイ poppush について

デフォルトでは、スワップ操作中、VLAN タグの IEEE 802.1 p ビットは変更されません。論理インターフェイス swap-by-poppush 上で操作が有効 になっている場合、スワップ操作は操作の後に続く操作 pop として処理 push されます。この操作では、既存のタグと関連する IEEE 802.1p ビットが削除され、プッシュ操作により、プッシュ操作により、プッシュされる VLAN または VLAN の IEEE ビットに、内部 pop VLAN IEEE 802.1p ビットがコピーされます。結果として、IEEE 802.1 p ビットは、受信透過タグから継承されます。

実際には、VLAN 運用プロパティとして機能し、VLAN 書き換え操作または VLAN 書き換え操作とともに使用され、実行されているスワップ操作の性質 swap-by-poppushswap swap-push を示します。