Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

トラフィックエンジニアリングOSPFサポートの設定

OSPFエンジニアリングのサポート

トラフィック エンジニアリングでは、ルーティング テーブルを使用する標準ルーティング モデルを迂回して、データ パケットが従うパスを制御できます。トラフィック エンジニアリングでは、トラフィック エンジニアリングにより、トラフィックが混雑したリンクから、自動的に計算された宛先ベースの最短パスによって選択されない代替リンクに移動します。

ネットワーク トポロジーやトラフィック制御負荷MPLSに関する情報をデータ 収集および収集に提供するために、ネットワークの実装をJunos OS機能が追加OSPF。ルーティング トラフィック制御有効になっている場合、デバイスのサポートを有効OSPF トラフィック制御できます。OSPF で トラフィック制御 を有効にした場合、最短パス優先(SPF)アルゴリズムが MPLS の下で設定されたさまざまなラベルスイッチ パス(LSP)を考慮し、トラフィック制御 パラメーターを実行する不透明なリンク状態アドバタイズメント(LSA)を生成するように OSPF を設定します。パラメーターを使用して、データ データベーストラフィック制御します。物理トラフィック制御トポロジ全体に LSP が配置される明示的パスを計算する場合に専用に使用されるデータベースです。制約のある最短パス ファースト(CSPF)アルゴリズムは、トラフィック制御を使用して、LSP が取得するパスMPLS計算します。RSVP は、このパス情報を使用して、LSP を設定し、その LSP のために帯域幅を予約します。

デフォルトでは、トラフィック制御は無効になっています。データ センターをトラフィック制御、 traffic-engineering ステートメントを含 める。また、以下の機能拡張をOSPF トラフィック制御することもできます。

  • advertise-unnumbered-interfaces—(OSPFv2 のみ) LSA パケットのリンクローカル インターフェイスでリンクローカル識別子トラフィック制御アドバタイズします。RSVP が RFC 3477、リソース予約プロトコルのシグナリング番号なしリンク( RSVP-TE)で定義されている番号なしインターフェイスに信号を出す場合は、このステートメントを含める必要があります。

  • credibility-protocol-preference—(OSPFv2 のみ) ネットワーク データベース内のルートOSPF信頼できる値トラフィック制御します。デフォルトでは、別の Junos OS IGP のルートが低い値で設定されている場合でも、トラフィック制御 データベースの IS-IS ルートが他の内部ゲートウェイ プロトコル(IGP)ルートよりも優先されます。データ トラフィック制御 データベースは、各 IGP に信頼できる値を割り当て、最も信頼できる値IGPを持つルートを優先します。Junos OS リリース 9.4 以降では、プロトコルの設定を考慮して、OSPF を設定してデータベースの信頼性値トラフィック制御を決定できます。プロトコルの基本設定を使用して信頼値を決定する場合、設定に応IS-ISルートが トラフィック制御 データベースによって自動的に優先されるという問題ではありません。

  • ignore-lsp-metrics — リモート ショートカット計算または RSVP LSP で LDP を設定した場合OSPF トラフィック制御 RSVP LSP メトリックを無視します。このオプションは、OSPFとRSVPの間の相互依存関係を回避し、トラフィックのトンネリングに使用されるRSVPメトリックが最新ではない場合の時間を排除します。さらに、デバイスに RSVP を使用しているトラフィック制御、LDP を同時に実行して、コア内の外部ルートの分散をなくします。LDP によって確立された LSP は、RSVP によって確立された LSP を介してトンネリングされます。LDP は、トラフィック制御 LSP をシングル ホップとして効果的に扱います。

  • multicast-rpf-routes—(OSPFv2 のみ)マルチキャスト リバース パス フォワーディング(RPF)チェックのために、マルチキャスト ルーティング テーブル(inet.2)にユニキャスト IPv4 ルート(LSP ではない)をインストールします。 inet.2 パケット ルーティング テーブル RPF ルックアップに使用されるユニキャスト ルートで構成されています。RPF は、データをパケット ソースに送り返すインターフェースでパケットが受信されるのをチェックするために使用されるアンチスパム メカニズムです。

  • no-topology—(OSPFv2 のみ) リンク状態トポロジ情報の発信を無効にします。無効にした場合トラフィック制御トポロジ情報がネットワーク エリア内OSPFされません。

  • ショートカット — IGP ショートカットを設定します。OSPF では、イングレス ルーティング デバイスからエグレス ルーティング デバイスへの論理インターフェイスである場合に、LSP をネクスト ホップとして使用できます。イングレス ルーティング デバイスの [edit プロトコル mpls lsp-path-name ラベルスイッチパス] 階層レベルで指定されたアドレスは、LSP がエグレス ルーティング デバイスへの直接リンクとして機能し、OSPF SPF 計算への入力として使用するには、エグレス ルーティング デバイスのルーター ID と一致する必要があります。この方法で使用する場合、LSP は IPv4 トラフィックのみを実行する場合を除き、ATM(非同期転送モード)およびフレーム リレー仮想サーキット(VPC)と変わりはありません。

    OSPFv2 は inet.0 ルーティング テーブル に IPv4 ルートのプレフィックスをインストールし、LSP はデフォルトで inet.3 プロトコルにインストールルーティング テーブル。

    ショートカットに使用する OSPFv3 LSP は、IPv4 を使用してシグナリングを継続します。ただし、デフォルトでは、OSPFv3 を介して計算されたショートカット IPv6 ルートが inet6.3 プロトコルにルーティング テーブル。デフォルトの動作は、計算BGPに LSP を使用する場合にのみ実行します。MPLS を設定して、BGP と IIGP の両方が LSP を転送トラフィックに使用すると、OSPFv3 を介して計算された IPv6 ショートカット ルートが inet6.0 プロトコルにルーティング テーブル。

    メモ:

    可能な場合は、ショートカットOSPF IGP代わりに、トラフィック制御使用します。

  • lsp-metric-info-summary —LSP メトリックをサマリ LSA でアドバタイズして、LSP をリンクとして扱います。この設定では、ネットワーク内の他のルーティング デバイスでこの LSP を使用できます。これを実現するには、LSP メトリックをサマリ LSA MPLSアドバタイズOSPF トラフィック制御を設定し、ポリシーを設定する必要があります。

ルーティング デバイス上でトラフィック制御を有効にした場合、ルーティング デバイス専用に使用されるOSPFメトリックを設定トラフィック制御。データ トラフィック制御 指標は、データベースにインジェクトされた情報にトラフィック制御されます。この値は、転送の通常の設定にOSPFではありません。

例: トラフィック制御OSPFの有効化

この例では、OSPF トラフィック制御のリンク状態アドバタイズメント(LSA)でラベルスイッチ パス(LSP)メトリックをアドバタイズする方法を示しています。

要件

開始する前に、以下を実行します。

概要

LSP をリンクOSPFし、ネットワーク内の他のルーティング デバイスにこの LSP を使用する設定を行えます。これを実現するには、LSP メトリックをMPLSにOSPF トラフィック制御 LSA をアドバタイズする必要があります。

この例では、エリア 0.0.0.0 には 4 つのルーティング デバイスが存在し、OSPF はイングレス デバイス R1 からエグレス デバイス R4 に向かっている R1~R4 という名前の LSP をリンクとして扱います。

たとえばOSPF ステートメントを含トラフィック制御内の4つのルーティング デバイスすべてでルーティングを有効 traffic-engineering にします。この設定では、最短パス優先(SPF)アルゴリズムが MPLS の下で設定された LSP を考慮に入れ、OSPF で トラフィック制御 パラメーターを実行する LSA を生成するように設定します。さらに、OSPF で MPLS LSP をネクスト ホップとして使用し、イングレス デバイス R1 にオプション のステートメントを含めて、LSP メトリックをサマリ LSA shortcuts lsp-metric-into-summary としてアドバタイズします。

MPLS では、ステートメントを含めて トラフィック制御 MPLS が BGP と IGP traffic-engineering bgp-igp の両方の宛先で トラフィック制御 を実行し、イングレス デバイス R1 にステートメントを含めて R1-to-R4 label-switched-path lsp-path-name to address という LSP を含め設定する必要があります。 to イングレス デバイス R1 のステートメントで指定されたアドレスは、エグレス ルーティング デバイスへの直接リンクとして機能し、OSPF SPF 計算への入力として使用する LSP のエグレス デバイス R4 のルーター ID と一致する必要があります。この例では、エグレス デバイスR4のルーターIDは10.0.0.4です。

構成

次の例では、設定階層内のさまざまなレベルに移動する必要があります。詳細については、「 CLI ガイド 」の「 Junos OS設定の変更CLI 」を参照してください

手順

CLI迅速な設定

OSPF トラフィック制御サマリ LSA で LSP メトリックをアドバタイズするために、以下のコマンドをコピーしてデバイス に貼り付けCLI。

R1 の設定:

R2 の設定:

R3 の設定:

R4 の設定:

手順

LSP メトリックOSPF トラフィック制御サマリ LSA でアドバタイズするサポートを有効にするには、以下の方法に示します。

  1. ルーター ID を設定します。

  2. インターフェイス エリアOSPFし、インターフェイスを追加します。

    メモ:

    OSPFv3 を指定するには、ステートメントを階層 ospf3 レベルに [edit protocols] 含てます。

  3. 有効にするOSPF トラフィック制御。

  4. デバイス R1 で、デバイスをMPLS トラフィック エンジニアリング。

  5. デバイスの設定が完了したら、設定をコミットします。

結果

設定を確認するには、 show routing-options、および のコマンド show protocols ospfを入力 show protocols mpls します。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

R1 の出力:

R2 の出力:

R3 の出力:

R4 の出力:

OSPFv3 の設定を確認するには、 show routing-optionsコマンド show protocols ospf3を入力 show protocols mpls します。

検証

設定が正常に機能されていることを確認します。

トラフィック 制御機能を検証OSPF

目的

ネットワークのトラフィック制御が有効になっているOSPF。デフォルトでは、トラフィック制御は無効になっています。

アクション

動作モードから show ospf overview OSPFv2 の コマンドを入力し、 show ospf3 overview 「OSPFv3」と入力します。

トラフィック エンジニアリング OSPF 内のエントリーの検証

目的

管理データベースOSPF情報をトラフィック制御します。[プロトコル] フィールドにはOSPF情報が学習されたエリアが表示されます。

アクション

動作モードから コマンドを入力 show ted database します。

トラフィック エンジニアリング データベースがデータ センターからラーニング ノード情報を取得OSPF

目的

ノード情報OSPF報告を行います。[プロトコル名] フィールドにはOSPF情報が学習されたエリアが表示されます。

アクション

動作モードから コマンドを入力 show ted protocol します。

例: 特定のファイアウォール インターフェイスのトラフィック エンジニアリング メトリックOSPF設定

この例では、仮想ネットワークに使用されるOSPF メトリック値を設定する方法トラフィック制御。

要件

開始する前に、以下を実行します。

概要

仮想ネットワーク専用にOSPFメトリックを設定トラフィック制御。デフォルト値を変更するには、 ステートメントトラフィック制御を含める必要 te-metric があります。指標OSPF トラフィック制御は、通常の転送OSPF影響を与えるではありません。デフォルトでは、指標トラフィック制御指標は指標と同じOSPFします。範囲は 1~65,535 です。

この例では、エリア 0.0.0.0 OSPFインターフェイスfe-0/1/1でOSPF トラフィック制御メトリック を設定します。

構成

CLI迅速な設定

特定のインターフェイスに OSPF トラフィック制御 メトリックを迅速に設定するには、以下のコマンドをコピーして、テキスト ファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更し、 [edit] commit 階層レベルでコマンドを CLI にコピー アンド ペーストして、設定モードから を入力します。

手順

手順

仮想ネットワークに対OSPF トラフィック制御使用される特定のインターフェイスに対して トラフィック制御。

  1. ネットワーク エリアOSPF作成します。

    メモ:

    OSPFv3 を指定するには、ステートメントを階層 ospf3 レベルに [edit protocols] 含てます。

  2. ネットワーク セグメントトラフィック制御メトリックをOSPFします。

  3. デバイスの設定が完了したら、設定をコミットします。

結果

コマンドを入力して設定を確認 show protocols ospf します。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

OSPFv3 設定を確認するには、 コマンドを入力 show protocols ospf3 します。

検証

設定が正常に機能されていることを確認します。

設定されたトラフィック エンジニアリング メトリックの検証

目的

指標値トラフィック制御検証します。[Metric] フィールドに設定された指標が表示トラフィック制御確認します。

アクション

動作モードから コマンドを入力 show ted database extensive します。

OSPF トラフィック 制御モードの開始

通常、ルーティング プロトコルなどの内部ルーティング プロトコルはOSPFシステム間のリンク上で実行されません。ただし、AS トラフィック制御を適切に機能するには、AS間リンク(特にリモート インターフェイス上のアドレス)に関する情報を、自律システム(デバイス名)内で使用できるAS。この情報は、通常、外部アプリケーション アプリケーション(EBGP)到達可能性メッセージBGPルーティング アドバタイズメントにOSPF含まれません。

AS 内にこのリンク アドレス情報をフラッディングし、トラフィック制御 計算で使用可能にする場合は、インターフェイス間の各インターフェイスで トラフィック制御 用に OSPF パッシブ モードを設定AS必要があります。分散するアプリケーションのリモート アドレスOSPF、分散データベースにトラフィック制御する必要があります。OSPF トラフィック制御 モードでは、MPLS ラベルスイッチ パス(LSP)で OSPF AS 境界ルーターを動的に検出し、ルーターが複数の自律システム間で トラフィック制御 LSP を確立できます。

例: パッシブ OSPF エンジニアリング モードの設定

この例では、インターフェイス間のインターフェイスOSPFパッシブ モードトラフィック制御を設定する方法ASします。EBGP AS間の境界ルーター リンクは直接接続されている必要があります。また、パッシブ 境界ルーター リンクとして構成トラフィック制御必要があります。

要件

開始する前に、以下を実行します。

概要

インターフェイス間でOSPF モードを設定してトラフィック制御パッシブ モードASできます。パッシブ サーバー リンクのリモート ノードOSPF使用トラフィック制御、EBGP リンクに使用されるアドレスと同じアドレスである必要があります。この例では、エリア0.0.0.1のインターフェイス so-1/1/0 をASリンクとして設定して、AS内でトラフィック制御情報をOSPFに配信し、以下の設定を含にします。

  • パッシブ:実際にインターフェイス上でインターフェイスを実行せずに、インターフェイス上OSPFアドバタイズします。パッシブ インターフェイスは、アドレス情報がプロトコルの内部ルートとしてOSPF、プロトコルが実行されないインターフェイスです。

  • traffic-engineering—トラフィック境界ルーターのOSPFを動的に検出するために、パッシブ トラフィック エンジニアリング モードでOSPF ASを設定します。デフォルトでは、OSPF トラフィックエンジニアリング モードは無効になっています。

  • remote-node-id—インターフェイス間リンクの最も近い端でIPアドレスASします。この例では、リモートIPアドレスは192.168.207.2です。

構成

ネットワークにOSPF モードをトラフィック制御するには、次のコマンドをコピーし、改行を削除して、デバイスに貼りCLI。

手順

手順

パッシブ OSPF モードをトラフィック制御するには、次の手順に示します。

  1. ネットワーク エリアOSPF作成します。

    メモ:

    OSPFv3 を指定するには、ステートメントを階層 ospf3 レベルに [edit protocols] 含てます。

  2. インターフェイス so-1/1/0 を トラフィック制御 に設定するパッシブ インターフェイスとして設定し、インターインター AS リンクの端で IP アドレスを指定します。

  3. デバイスの設定が完了したら、設定をコミットします。

結果

コマンドを入力して設定を確認 show protocols ospf します。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

OSPFv3 設定を確認するには、 コマンドを入力 show protocols ospf3 します。

検証

設定が正常に機能されていることを確認します。

インターフェイスのOSPF検証

目的

インターフェイスのステータスをOSPFします。インターフェイスがパッシブの場合、隣接関係が形成されていないため、Adjカウント フィールドは0です。このフィールドの横には、「パッシブ」という言葉も表示されます。

アクション

動作モードから show ospf interface detail OSPFv2 の コマンドを入力し、OSPFv3 の show ospf3 interface detail コマンドを入力します。

OSPFv2 へのラベルスイッチ パスの広告

ネットワークでラベルスイッチ パス(LSP)を設定する主な理由の 1 つは、ネットワーク上の 2 点間の最短パスを制御する方法です。LSP を OSPFv2 にポイントアンドポイント リンクとしてアドバタイズして、SPF 計算の実行時に、参加しているすべてのルーティング デバイスが LSP を考慮に入れできます。アドバタイズメントには、ローカル アドレス(LSP の from アドレス)、リモート アドレス(LSP のアドレスのアドレス)、および次の優先を持つメトリックが含まれます。

  1. OSPFv2 で定義された LSP メトリックを使用します。

  2. インターフェイスの下のラベルスイッチ パスに対して設定された LSP メトリックMPLS。

  3. 上記のいずれも設定しない場合は、デフォルトの OSPFv2 メトリック 1 を使用します。

メモ:

OSPFv2 に対して発表された LSP を SPF 計算で使用する場合、リバース リンク(つまり、LSP の最後からヘッド エンドへのリンク)が必要です。これを実現するには、LSP を逆方向に設定し、OSPFv2 で告知します。

例:OSPFv2へのラベルスイッチ パスの広告

この例では、LSP を OSPFv2 にアドバタイズする方法を示しています。

要件

開始する前に、デバイス インターフェイスを設定します。ルーティング デバイス 用Junos OS インターフェイス ライブラリ を参照してください

概要

LSP を OSPFv2 にアドバタイズするには、LSP を定義し、LSP を使用してトラフィックをルーティングする OSPFv2 を設定します。これにより、LSP を使用して、ネットワーク上の 2 つのポイント間の最短パスを制御できます。これを行うのは、デフォルトのベストOSPFルーティングを使用するのではなく、LSP に沿ってルーティングOSPFする場合です。

この例では、LSP を OSPFv2 にアドバタイズするために以下を設定します。

  • BGP

    すべてのルーティング デバイスについて、ローカル デバイス番号 65000 ASを設定し、指定されたルーティング システムをピアとして認識する IBGP グループBGP定義します。すべてのメンバーはローカル ネットワークにAS、ピアの完全なリストを持つ内部グループを設定します。ピア AS グループも設定したローカル インターフェイス番号AS含まれます。

  • MPLS

    すべてのルーティング デバイスについて、各トランジット論理インターフェイスでプロトコル ファミリーを設定し、管理インターフェイス(fxp0.0)を除くすべてのインターフェイスで MPLS を有効にします。mplsプロトコル ファミリー タイプ を指定します。

  • RSVP

    すべてのルーティング デバイスで、管理インターフェイス(fxp0.0)を除くすべてのインターフェイスで RSVP を有効にします。このネットワークのデバイスで RSVP を有効にして、インターフェイスが LSP に信号を送信できるようにします。

  • OSPFv2

    すべてのルーティング デバイスについて、ループバック アドレスを使用してルーター ID を割り当て、管理上すべてのデバイスを OSPF エリア 0.0.0.0 にグループ化し、OSPF に参加しているすべてのインターフェイスをエリア 0.0.0.0 に追加し、管理インターフェイス(fxp0.0)で OSPF を無効にします。

  • ラベルスイッチ パス

    LSP の先頭(またはヘッド エンド)であるイングレス ルーティング デバイス R1 では、インターフェイスを使用して LSP を設定明示的パス。オプション明示的パス、LSP は他のノードをトラバースせずに、パス内の次の指定された IP アドレスに移動する必要があります。この例では、R1~R6 という名前の LSP を作成し、エグレス ルーティング デバイス R6 の IP アドレスを指定します。

  • OSPFv2 での LSP のアドバタイズ

    イングレス ルーティング デバイス R1 では、LSP をポイントアンドポイント リンクとして OSPFv2 にアドバタイズします。必要に応じて、メトリックを割り当て、LSP を宛先へのより多かれ少ない優先パスにできます。

トポロジ

図 1 は 、以下で構成されているネットワーク トポロジーの例を示しています。

  • BGP ルーティング デバイス 3 台を含む 1 つのローカル自律システム(AS)65000 を使用して、すべてのルーティング デバイス上に設定されています。

    • R1 —デバイス R1 は、ルーター ID が 10.0.0.1 のイングレス デバイスです。インターフェイス so-0/0/2 は デバイス R3 に接続します。

    • R3 — デバイス R3 は、10.0.0.3 のルーター ID を持つトランジット デバイスです。インターフェイス so-0/0/2 はデバイス R1 に接続し、インターフェイス so-0/0/3 はデバイス R6 に接続します。

    • R6—デバイス R6 は、10.0.0.6 のルーター ID を持つエグレス デバイスです。インターフェイス so-0/0/3 はデバイス R3 に接続します。

  • OSPFv2 は、すべてのルーティング デバイスで設定されています。

  • MPLS RSVP は、すべてのルーティング デバイスで有効になっています。

  • デバイス R1 では、1 つの RSVP 信号 LSP が設定されています。

図 1:LSP を OSPFv2 に広告する Advertising an LSP into OSPFv2

構成

次の例では、設定階層でさまざまなレベルに移動する必要があります。デバイスのナビゲーションについて、詳しくは CLI ガイドでの設定Junos OS 変更 CLI 参照してください

LSP を OSPFv2 にアドバタイズするデバイスを設定するには、次のタスクを実行します。

設定BGP

CLI迅速な設定

各ルーティング デバイスで BGPを迅速に設定するには、以下のコマンドをコピーしてデバイスに貼りCLI。

デバイス R1 の設定:

デバイス R3 の設定:

デバイス R6 の設定:

手順

設定するには、以下BGP。

  1. 各ルーティング デバイスで、ローカル インターフェイス番号をASします。

  2. 各ルーティング デバイスで、内部ネットワーク ネイバー接続BGP設定します。

  3. デバイスの設定が完了したら、設定をコミットします。

結果

および コマンドを入力して設定を show routing-options 確認 show protocols bgp します。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

R1 の設定:

R3 の設定:

R6 の設定:

設定MPLS

CLI迅速な設定

MPLS 65000 のルーティング デバイスすべてで AS を迅速に設定するには、以下のコマンドをコピーしてデバイスに貼りCLI。

デバイス R1 の設定:

デバイス R3 の設定:

デバイス R6 の設定:

手順

設定するには、以下MPLS。

  1. 仮想ネットワークのトランジット インターフェイスをMPLS。

  2. 有効にするMPLS。

  3. 管理MPLS(fxp0.0)のインターフェイスを無効にします

  4. デバイスの設定が完了したら、設定をコミットします。

結果

および コマンドを入力して設定を show interfaces 確認 show protocols mpls します。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイス R1 の設定:

デバイス R3 の設定:

デバイス R6 の設定:

RSVP の設定

CLI迅速な設定

AS 65000 内のすべてのルーティング デバイスで RSVP を迅速に設定するには、以下のコマンドをコピーしてデバイスに貼りCLI。

デバイス R1 の設定:

デバイス R3 の設定:

デバイス R6 の設定:

手順

RSVP を設定するには、次の手順に示します。

  1. RSVP を有効にする。

  2. 管理インターフェイス(fxp0.0)でRSVPを無効にします

  3. デバイスの設定が完了したら、設定をコミットします。

結果

コマンドを入力して設定を確認 show protocols rsvp します。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイス R1 の設定:

デバイス R3 の設定:

デバイス R6 の設定:

デバイスのOSPF

CLI迅速な設定

迅速に設定するにはOSPFコマンドをコピーして、デバイスに貼りCLI。

デバイス R1 の設定:

デバイス R3 の設定:

デバイス R6 の設定:

手順

設定するには、以下OSPF。

  1. ルーター ID を設定します。

  2. インターフェイスOSPFを設定します。

  3. 管理OSPF(fxp0.0)のインターフェイスを無効にします。

  4. デバイスの設定が完了したら、設定をコミットします。

結果

および コマンドを入力して設定 show routing-options を確認 show protocols ospf します。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイス R1 の設定:

デバイス R3 の設定:

デバイス R6 の設定:

LSP の設定

CLI迅速な設定

イングレス ルーティング デバイスルーターR1でLSPを迅速に設定するには、次のコマンドをコピーしてデバイスに貼りCLI。

手順

デバイス R1 で LSP を設定するには、次の手順に示します。

  1. 設定MPLS モードにします。

  2. LSP を作成します。

  3. デバイスの設定が完了したら、設定をコミットします。

結果

コマンドを入力して設定を確認 show protocols mpls します。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

LSP を OSPFv2 に広告する

CLI迅速な設定

LSP を OSPFv2 に迅速にアドバタイズし、オプションでデバイス R1 上の LSP のメトリックを含めるには、以下のコマンドをコピーしてデバイス に貼りCLI。

手順

ルーター R1 で LSP を OSPFv2 にアドバタイズするには、次の方法に示します。

  1. 設定OSPF モードにします。

  2. ステートメントを label-switched-path 含め、作成した LSP R1 から R6 に指定します。

  3. (オプション)LSP のメトリックを指定します。

  4. デバイスの設定が完了したら、設定をコミットします。

結果

コマンドを入力して設定を確認 show protocols ospf します。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

検証

設定が正常に機能されていることを確認します。

ネイバーのOSPF検証

目的

別のネイバーが表示され、LSP から到達可能な構成を確認します。インターフェイス フィールドは、LSP の名前を示しています。

アクション

動作モードから コマンドを入力 show ospf neighbor します。

サービスの静的隣接関係セグメント識別子OSPF

隣接関係セグメントは、リンク コストに関係なく、2 つのノード間の特定のリンク上でパケットを転送するス厳しい転送シングルホップ トンネルです。インターフェイスの静的隣接関係セグメント識別子(SID)ラベルを設定できます。

インターフェイス上で静的隣接関係 SID を設定すると、既存の動的に割り当てられた隣接関係 SID とそれに対するトランジット ルートが削除されます。

静的隣接関係 SID の場合、ラベルは静的予約ラベル プールまたは OSPF SRGB(セグメント ルーティング グローバル ブロック)から取得されます。

次の設定を使用して、ラベルの静的割り当てに使用するラベル範囲を予約できます。

user@host# set protocols mpls label-range static-label-range start-value end-value

静的プールは、どのプロトコルでもこの範囲のラベルを割り当てに使用できます。2 つのプロトコルで同じ静的ラベルが使用されている必要はありません。OSPFを使用して、このラベル ブロックから隣接関係のSEDを割り当てできます label。特定 label の隣接関係SDの値を明示的に設定する必要があります。次に、構成の例を示します。

メモ:

コマンドを使用 ipv4-adjacency-segment する場合、基礎となるインターフェイスはポイント to-ポイントである必要があります。

SRGB は、設定に基づいてプロトコルに割り当てられたグローバル ラベル スペースです。SRGB 全体のラベルは、サーバーで使用OSPFに使用できます。他のアプリケーション/プロトコルに割り当てられません。プレフィックスSED(およびノードSED)は、このSRGBからインデックス作成されます。

OSPFのキーワード「index」を使用して、SRGB OSPF隣接SEDを割り当てできます。このような場合は、Adj-SID インデックスがドメイン内の他のプレフィックス SID と競合していない必要があります。プレフィックスSADと同様に、SRGBに関するインデックスを言及することで、Adj-SIDも設定されます。ただし、Adj-SID subtlv には値として SID が残り、L および V フラグが設定されます。次に、構成の例を示します。

静的隣接関係SDは、保護が必要かどうかに基づいて、エリアごとに設定できます。隣接関係SDは、 [edit protocols ospf area area interface interface-name] 階層レベルでインターフェイスごとに設定する必要があります。

  • 保護 — 隣接関係 SID がバックアップ パスを持つ資格を持ち、B フラグが隣接関係 SID アドバタイズメントに設定されている必要があります。

  • 保護されていない — 特定の隣接関係 SID に対してバックアップ パスが計算され、B フラグが隣接関係 SID アドバタイズメントに設定されていない状態を保証します。

次に、構成の例を示します。

LAN サブネットワークでセグメント ルーティングを使用する場合、LAN 内の各ルーターが、それぞれのネイバーの隣接 SID をアドバタイズする場合があります。LAN インターフェイスと特定のネイバーに隣接関係 SID を設定するには、 [edit protocols ospf area0 interface interface_name lan-neighbor neighbor-routerid] 階層レベルで LAN ネイバー設定の下で隣接関係 SID を設定する必要があります。次に、構成の例を示します。

隣接 SID を設定CLIの階層を使用します。

次の動作検証コマンドCLIして、設定を検証します。

ospf ネイバー詳細を表示

次のサンプル出力には、設定済みおよび動的隣接関係 SID の詳細が表示されます。

ネットワークにおけるソース パケット ルーティングについて(SPRING)

送信元パケット ルーティングまたはセグメント ルーティングは、ネットワーク内の中間ノードに依存することなく、イングレス ルーターがネットワーク内の特定のノードおよびリンクのセットを介してパケットをステアリングできる、制御プレーン アーキテクチャです。この観点から、「source」という用語は「明示的ルートが課されるポイント」を意味します。Junos OS リリース 17.2R1から、IS-IS および OSPFv2 のセグメント ルーティングは、QFX5100スイッチQFX10000サポートされています。

Junos OS リリース 17.3R1から、IS-IS および OSPFv2 のセグメント ルーティングは、QFX5110スイッチQFX5200サポートされています。

Junos OS リリース 20.3R1 から、OSPF および IS-IS プロトコルに対応したセグメント ルーティングをサポートし、Source Packet Routing in Networking(SPRING)の基本的な機能を提供します。

基本的に、セグメント ルーティングは、次の 2 種類のIS-ISやトンネルOSPF、ルーティングやルーティングなど、次の 2 つのタイプのネットワークを提供します。

  • まず、リンク コスト(隣接関係セグメントと呼ばれる)に関係なく、2 つのノード間の特定のリンク上でパケットを転送する、厳格な転送シングルホップ トンネルです。

  • 2 つ目は、ノード セグメントと呼ばれる 2 つの特定ノード間の最短パス リンクを使用するマルチホープ トンネルです

イングレス ルーターは、トンネルを適切に組み合わせてパケットを事前に追加することで、望ましいノードとリンクのセットを通じてパケットをステアリングできます。

セグメント ルーティングはソース ルーティング パラダイムを活用します。ノードは、セグメントと呼ばれる命令の順序指定されたリストを通じてパケットをステアリングします。セグメントは、命令、トポロジ、またはサービスベースを表す場合があります。セグメントは、セグメント ルーティング ノードに対してローカル セマンティックを持つ場合や、セグメント ルーティング ドメイン内のグローバル ノードに対して使用することができます。セグメント ルーティングは、トポロジのパスとサービス チェーンを通過するフローを適用する一方で、イングレス ノードからセグメント ルーティング ドメインへのフローごとの状態のみを維持します。セグメント ルーティングは、転送プレーンを変更MPLSアーキテクチャに直接適用できます。セグメントは1つのセグメント ラベルMPLSされています。セグメントの順序指定済みリストは、ラベルのスタックとしてエンコードされます。処理するセグメントはスタックの最上部です。セグメントが完了すると、関連するラベルがスタックからポップされます。セグメント ルーティングは、新しいタイプのルーティング拡張ヘッダーを使用して、IPv6 アーキテクチャに適用できます。セグメントは IPv6 アドレスとしてエンコードされます。セグメントの順序指定済みリストは、ルーティング拡張ヘッダーで IPv6 アドレスの順序指定済みリストとしてエンコードされます。処理するセグメントは、ルーティング拡張ヘッダー内のポインターによって示されます。セグメントが完了すると、ポインタは増加します。

以下の階層レベル shortcuts で設定すると、IS-ISされたセグメント ルートに対してトラフィック エンジニアリングのショートカットが有効になります。

  • [edit protocols is-is traffic-engineering family inet] IPv4トラフィック用です

  • [edit protocols is-is traffic-engineering family inet6] IPv6トラフィック用です

送信元パケットルーティングがネットワーク、データセンター、バックボーン、ピアリングデバイスに導入されている場合、トラフィックの送信元によって構築されたラベルスタックを使用してMPLSパケットを交換します。たとえば データセンターサーバーですJunos OSリリース17.4R1では、RSVPシグナリング パスを取得するトラフィックとソースルーティングトラフィックが同時に存在し、ソースルーティングは、ラベル操作( pop 、swap(同じラベル値)、および swap-push(インターフェイス保護用)を使用して、mpls.0テーブルを介した通常のラベルスイッチングとして実装されます。すべての場合において、トラフィックは複数のレイヤー 3 インターフェイス間または集約インターフェイス内で負荷分散できます。リリース Junos OS 17.4R1から、セグメント ルーティング ネットワークのトラフィック統計情報を、レイヤー 3 インターフェイス用の OpenConfig 準拠形式で記録できます。この統計情報は、RSVPおよびLDP信号トラフィックを除く、SPRING(Source Packet Routing in Networking)トラフィックに対して記録され、インターフェイスごとにファミリー MPLS統計情報は個別に処理されます。SR 統計情報には、LAG(リンク アグリゲーション グループ)メンバーごとの SPRING トラフィック統計情報と SID(セグメント識別子)ごとの統計情報も含まれます。セグメント ルーティング統計情報の記録を有効にするには、階層レベル sensor-based-stats にステートメントを [edit protocol isis source-packet-routing] 含める必要があります。

Junos OS リリース 19.1R1 以前は、MPLS トランジット トラフィック専用のセグメント ルーティング統計情報を収集するセンサーが使用可能でした。これはMPLS対 MPLSです。Junos OSリリース19.1R1から、MPCおよびMICインターフェイスとPTX シリーズルーターを備えたMX シリーズルーターでは、追加のセンサーが導入され、MPLSイングレストラフィックのセグメントルーティング統計情報を収集します。この統計は、その性質上はIP-MPLSです。この機能により、セグメント ルーティング トラフィックIS-ISセンサーを有効にし、統計情報を gRPC クライアントにストリーミングできます。

設定ステートメントの下の オプションを使用してMPLSトラフィックのセグメント egress ルーティング統計情報を per-sid 有効にできます。sid 単位のエグレス機能のリソース名は次の場所です。

/junos/services/segment-routing/sid/egress/usage/

コマンド出力を使用してIS-ISセンサーとのルート アソシエーションのラベルを show isis spring sensor info 確認できます。このコマンドは、実際のセンサーのカウンター値を表示します。

セグメント ルーティング統計レコードがサーバーにエクスポートされます。セグメント ルーティング統計データは、次の OpenConfig パスから表示できます。

  • /mpls/signalling-protocols/segment-routing/aggregate-sid-counters/aggregate-sid-counter[ip-addr='L-ISIS-10.1.1.1']/state/counters[name='oc-xxx']/out-pkts

  • /mpls/signalling-protocols/segment-routing/aggregate-sid-counters/aggregate-sid-counter[ip-addr='L-ISIS-10.1.1.1']/state/counters[name='oc-xxx']/out-pkts

メモ:
  • セグメント ルーティングルーティング エンジンスイッチオーバー(GRES)はサポートされていません。

    ラベル ルーティングでは、ノンストップ アクティブ ルーティング(NSR)はIS-IS。スイッチオーバールーティング エンジン新しいプライマリ スイッチに新しいセンサーが作成ルーティング エンジン、前のプライマリ スイッチで作成したセンサーが置き換ルーティング エンジン。その結果、スイッチオーバーを開始した時点ルーティング エンジンルーティング統計情報カウンターはゼロから開始されます。

  • グレースフル リスタートはラベル システムではIS-IS。

    グレースフルリスタートの場合は、既存のセンサーを削除し、デバイス初期化中に新しいIS-ISします。セグメント ルーティング統計情報カウンターは、ゼロから再起動します。

  • ISSU(インサービス ソフトウェア アップグレード)と NSSU(ノンストップ ソフトウェア アップグレード)はサポートされていません。このような場合、セグメント ルーティング統計情報カウンターが再起動します。

  • ゼロ統計のセグメント ルーティング データは抑制され、gRPC クライアントにストリーミングされません。

リリース履歴テーブル
リリース
説明
20.3R1
Junos OS リリース 20.3R1 から、OSPF および IS-IS プロトコルに対応したセグメント ルーティングをサポートし、Source Packet Routing in Networking(SPRING)の基本的な機能を提供します。
19.1R1
Junos OSリリース19.1R1から、MPCおよびMICインターフェイスとPTX シリーズルーターを備えたMX シリーズルーターでは、追加のセンサーが導入され、MPLSイングレストラフィックのセグメントルーティング統計情報を収集します。この統計は、その性質上はIP-MPLSです。この機能により、セグメント ルーティング トラフィックIS-ISセンサーを有効にし、統計情報を gRPC クライアントにストリーミングできます。
17.4R1
リリース Junos OS 17.4R1から、セグメント ルーティング ネットワークのトラフィック統計情報を、レイヤー 3 インターフェイス用の OpenConfig 準拠形式で記録できます。
17.3R1
Junos OS リリース 17.3R1から、IS-IS および OSPFv2 のセグメント ルーティングは、QFX5110スイッチQFX5200サポートされています。
17.2R1
Junos OS リリース 17.2R1から、IS-IS および OSPFv2 のセグメント ルーティングは、QFX5100スイッチQFX10000サポートされています。