Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ポイント to-マルチポイント LSP 設定

ポイントツーマルチポイント Lsp の概要

ポイントツーマルチポイント MPLS LSP は、1つのソースと複数の宛先を持つ LSP です。ポイントツーマルチポイント Lsp は、ネットワークの MPLS パケットレプリケーション機能を利用して、受信ルーターで不要なパケットレプリケーションを回避します。パケットの複製は、異なるネットワークパスを必要とする複数の異なる宛先に転送された場合にのみ行われます。

このプロセスについて図 1は、で示しています。ルーター PE1 は、ポイントツー multipoint LSP を使用してルーター PE2、PE3、PE4 に構成されています。ルーター PE1 がポイントツー multipoint LSP でルーター P1 と P2 にパケットを送信すると、ルーター P1 はそのパケットを複製し、ルーター PE2 と PE3 に転送します。ルーター P2 がパケットをルーター PE4 に送信します。

この機能は、インターネット ドラフト draft-raggarwa-mpls-p2mp-te-02.テキスト(2004 年 2 月に期限切れ)、Establishing Point to Multipoint MPLS TE LSP、draft-ietf-mpls-rsvp-te-p2mp-02.テキスト で詳しく説明されています。 ポイント to-マルチポイント TE ラベルスイッチ パス(LSP)のリソース予約プロトコル トラフィック エンジニアリング(RSVP-TE)の拡張、 およびRFC 6388、ポイント-マルチポイントおよびマルチポイント間ラベル交換パスのラベル配布プロトコル拡張(ポイント対マルチポイント LSP のみサポート)。

図 1: ポイントツーマルチポイント Lspポイントツーマルチポイント Lsp

ここでは、以下のような点があります。

  • ポイントツーマルチポイント LSP を使用すると、ポイントツー multipoint のデータ配信に MPLS を利用できます。この機能は、IP マルチキャストによって提供されるものと似ています。

  • トラフィックを中断せずに、メインポイントツーマルチポイント LSP からブランチ Lsp を追加したり削除したりすることができます。ポイントツー multipoint LSP の影響を受けていない部分は、引き続き正常に機能します。

  • 1つのノードは、同一ポイントツーマルチポイント LSP のさまざまなブランチ Lsp に対して、転送と送信の両方のルーターとして構成できます。

  • ポイントツー multipoint LSP でリンク保護を有効にすることができます。リンク保護によって、ポイントツー multipoint LSP を構成する各ブランチ Lsp のバイパス LSP を提供できます。いずれかのプライマリパスに障害が発生した場合、トラフィックは即座にバイパスに切り替えることができます。

  • 支社の Lsp は、静的または動的に設定できます。また、スタティックおよびダイナミック Lsp の組み合わせとして構成することも可能です。

  • 入口と出口のルーターでポイントツー multipoint Lsp に対して、グレースフルルーティングエンジンスイッチオーバー (gres) とグレースフル再起動を有効にすることができます。ポイントツーマルチポイント Lsp は、静的ルートまたはサーキットクロスコネクト (CCC) のいずれかを使用して設定する必要があります。GRES とグレースフルリスタートによって、制御プレーンの復旧中でも、古い状態に基づいてパケット転送エンジンでトラフィックを転送できます。Junos OS リリース 11.1 R2、11.2 R2、11.4 では、GRES と MPLS ポイントツーマルチポイント Lsp を対象とした、Junos Trio チップセットに対応する機能パリティがサポートされています。

ポイントツー Multipoint Lsp について

ポイントツーマルチポイント MPLS ラベルスイッチパス (LSP) は、1つのソースと複数の宛先を持つ、LDP シグナルまたは RSVP シグナル LSP です。ポイントツーマルチポイント Lsp は、ネットワークの MPLS パケットレプリケーション機能を利用して、受信ルーターで不要なパケットレプリケーションを回避します。パケットの複製は、異なるネットワークパスを必要とする複数の異なる宛先に転送された場合にのみ行われます。

このプロセスについて図 2は、で示しています。デバイス PE1 は、ポイントツー multipoint LSP を使用してルーター PE2、PE3、PE4 に構成されています。デバイス PE1 からマルチポイント LSP のパケットがルーター P1 と P2 に送信されると、デバイス P1 はそのパケットを複製し、ルーター PE2 と PE3 に転送します。デバイス P2 は、デバイス PE4 にパケットを送信します。

図 2: ポイントツーマルチポイント Lspポイントツーマルチポイント Lsp

ここでは、以下のような点からマルチポイント Lsp のプロパティを示します。

  • ポイントツーマルチポイント LSP を使用すると、ポイントツー multipoint のデータ配信に MPLS を利用できます。この機能は、IP マルチキャストによって提供されるものと似ています。

  • トラフィックを中断せずに、メインポイントツーマルチポイント LSP からブランチ Lsp を追加したり削除したりすることができます。ポイントツー multipoint LSP の影響を受けていない部分は、引き続き正常に機能します。

  • 1つのノードは、同一ポイントツー multipoint LSP のさまざまなブランチ Lsp に対して、伝送および送信 (アウト) ルーターの両方として構成できます。

  • ポイントツー multipoint LSP でリンク保護を有効にすることができます。リンク保護によって、ポイントツー multipoint LSP を構成する各ブランチ Lsp のバイパス LSP を提供できます。いずれかのプライマリパスに障害が発生した場合、トラフィックは即座にバイパスに切り替えることができます。

  • サブパスは、静的または動的に設定できます。

  • ポイントツー multipoint Lsp での正常な再起動を可能にすることができます。

ポイントツーマルチポイント LSP の構成の概要

ポイントツー multipoint LSP を設定するには、次のようにします。

  1. 受信ルーターと、送信ルーターへのトラフィックを伝送する支社 Lsp を、受信するプライマリ LSP を構成します。
  2. プライマリ LSP にはパス名を指定し、各ブランチ LSP には同一の名前を入力します。
注:

デフォルトでは、ブランチ Lsp は、制限された最短パス (CSPF) によって動的にシグナルになっており、構成は不要です。または、ブランチ Lsp を静的なパスとして構成することもできます。

例:RSVP 信号のポイントツー Multipoint LSP を作成するために、パスのコレクションを構成しています

この例は、RSVP シグナルポイントツーマルチポイントラベルスイッチパス (LSP) を作成するために、パスのコレクションを構成する方法を示しています。

要件

この例では、デバイス初期化以外の特別な設定は必要ありません。

概要

この例では、複数のルーティングデバイスを1つのポイントツーマルチポイント LSP の転送、ブランチ、リーフノードとして機能させることができます。プロバイダエッジ (PE) では、Device PE1 が入口ノードになります。支社は、PE1 から PE2、PE1、PE3、PE1 へと移行しています。入口ノード (PE1) の静的なユニキャストルートは、送信ノードを指しています。

この例では、 p2mp-lsp-next-hopステートメントを使用して、ポイントツーマルチポイント LSP である次ホップのある静的ルートも示しています。この機能は、フィルタベースの転送を実装する場合に便利です。

注:

もう1つの選択肢はlsp-next-hop 、このステートメントを使用して、通常のポイントツーポイント LSP を次ホップに設定することです。この例には示されていませんが、必要に応じて、次のホップに個別の優先度とメトリックを割り当てることができます。

トポロジー図

図 3は、この例で使用されているトポロジを示しています。

図 3: RSVP シグナルポイントツー Multipoint LSPRSVP シグナルポイントツー Multipoint LSP

構成

CLI クイック構成

この例を簡単に構成するには、以下のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更してから、コマンド[edit]を階層レベルで CLI にコピー & ペーストします。

デバイス PE1

デバイス CE1

デバイス CE2

デバイス CE3

デバイス CE4

入口ラベルスイッチルーター (LSR) の設定 (デバイス PE1)

順を追った手順

デバイス PE1 を構成するには、次のようにします。

  1. インターフェイス、インターフェイスカプセル化、プロトコルファミリーを構成します。

  2. インターフェイスで RSVP、MPLS、OSPF を有効にします。

  3. MPLS ポイントツーマルチポイント Lsp を構成します。

  4. ナLsp でリンク保護を有効にします。

    リンク保護は、特定のインターフェイスを介して隣接するルーターに送信されたトラフィックが、インターフェイスに障害が発生してもルーターに到達できるようにするのに役立ちます。

  5. OSPF のトラフィックエンジニアリングを実行できるように MPLS を可能にします。

    これにより、受信したルートが inet .0 ルーティングテーブルにインストールされます。デフォルトでは、MPLS は BGP のトラフィックエンジニアリングのみを実行します。受信 LSR 上でのみ MPLS トラフィックエンジニアリングを有効にする必要があります。

  6. OSPF のトラフィックエンジニアリングを有効にします。

    このため、最短パスの最初 (SPF) アルゴリズムでは、MPLS で構成された Lsp が考慮対象となります。

  7. ルーター ID を設定します。

  8. 各ルートの次ホップとして、ポイントツーマルチポイント LSP 名を使用して、静的 IP ユニキャストルートを構成します。

  9. デバイスの設定が完了したら、構成をコミットします。

移行および送信 LSRs の設定 (デバイス P2、P3、P4、PE2、PE3、PE4)

順を追った手順

移行および送信 LSRs を構成するには、次のようにします。

  1. インターフェイス、インターフェイスカプセル化、プロトコルファミリーを構成します。

  2. インターフェイスで RSVP、MPLS、OSPF を有効にします。

  3. OSPF のトラフィックエンジニアリングを有効にします。

    このため、最短パスの最初 (SPF) アルゴリズムでは、MPLS で構成された Lsp が考慮対象となります。

  4. ルーター Id を設定します。

  5. デバイスの設定が完了したら、構成をコミットします。

結果

設定モードから、、、およびshow interfacesshow protocolsshow routing-optionsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイス PE1

デバイス P2

デバイス P3

デバイス P4

デバイス PE2

デバイス PE3

デバイス PE4

デバイス CE1 の構成

順を追った手順

デバイス CE1 を構成するには、次のようにします。

  1. デバイス PE1 へのインターフェイスを構成します。

  2. デバイスの CE1 からその他の3つの顧客ネットワークへの静的ルートを構成し、デバイスの PE1 をネクストホップとして設定します。

  3. デバイスの設定が完了したら、構成をコミットします。

結果

設定モードから、 show interfacesshow routing-optionsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイス CE2 の構成

順を追った手順

デバイス CE2 を構成するには、次のようにします。

  1. デバイス PE2 へのインターフェイスを構成します。

  2. デバイス PE2 を次ホップとして、デバイス CE2 から CE1 への静的ルートを構成します。

  3. デバイスの設定が完了したら、構成をコミットします。

結果

設定モードから、 show interfacesshow routing-optionsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイス CE3 の構成

順を追った手順

デバイス CE3 を構成するには、次のようにします。

  1. デバイス PE3 へのインターフェイスを構成します。

  2. デバイス PE3 を次ホップとして、デバイス CE3 から CE1 への静的ルートを構成します。

  3. デバイスの設定が完了したら、構成をコミットします。

結果

設定モードから、 show interfacesshow routing-optionsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイス CE4 の構成

順を追った手順

デバイス CE4 を構成するには、次のようにします。

  1. デバイス PE4 へのインターフェイスを構成します。

  2. デバイス PE4 を次ホップとして、デバイス CE4 から CE1 への静的ルートを構成します。

  3. デバイスの設定が完了したら、構成をコミットします。

結果

設定モードから、 show interfacesshow routing-optionsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

検証

構成が正常に機能していることを確認します。

接続の確認

目的

デバイスが相互に ping できることを確認します。

アクション

CE1 からping PE2 に接続している CE2 のインターフェイスにコマンドを実行します。

CE1 からping PE3 に接続している CE3 のインターフェイスにコマンドを実行します。

CE1 からping PE4 に接続している CE4 のインターフェイスにコマンドを実行します。

ポイントツー Multipoint LSP の状態を確認しています

目的

受信、転送、送信 LSRs が稼働状態にあることを確認します。

アクション

すべてのshow mpls lsp p2mp lsrs でコマンドを実行します。ここでは、受信 LSR のみを示しています。

転送テーブルを確認しています

目的

show route forwarding-tableコマンドを実行して、ルートが期待どおりに設定されていることを確認してください。ここでは、リモートカスタマーネットワークへのルートのみが示されています。

アクション

ポイントツー Multipoint Lsp のプライマリおよびブランチ Lsp を構成しています

ポイントツーマルチポイント MPLS ラベルスイッチパス (LSP) は、複数の宛先を持つ RSVP LSP です。ポイントツーマルチポイント Lsp は、ネットワークの MPLS パケットレプリケーション機能を利用して、受信ルーターで不要なパケットレプリケーションを回避します。ポイントツー multipoint Lsp の詳細については、「ポイントツーマルチポイント lsp の概要」を参照してください。

ポイントからマルチポイント LSP を構成するには、次のセクションで説明されているように、受信ルーターと送信ルーターへのトラフィックを伝送する支社 Lsp を、受信したルータと、送信側のブランチとして設定する必要があります。

プライマリポイントツーマルチポイント LSP を構成しています

ポイントツーマルチポイント LSP は、受信ルーターからトラフィックを送信するために、構成されたプライマリポイントツーマルチポイント LSP を備えている必要があります。プライマリポイントツーマルチポイント LSP の構成は、シグナル状態 LSP に似ています。詳細については、MPLS シグナルの lsp 用の受信ルーターの構成を参照してください。従来の LSP 設定に加え、以下のp2mp文を含めることにより、プライマリポイントツーマルチポイント LSP のパス名を指定する必要があります。

このステートメントは、以下の階層レベルで含めることができます。

ポイントからマルチポイント Lsp への最適化タイマーを有効にすることができます。詳細については、「シグナル lsp の最適化」を参照してください。

ポイントツー Multipoint Lsp 用のブランチ LSP の構成

プライマリポイントツーマルチポイント LSP は、送信プロバイダエッジ (PE) の各ルーターにトラフィックを伝送する2つ以上の支社 Lsp にトラフィックを送ります。これらの各支社 Lsp の構成では、ポイントツーマルチポイント lsp のパス名を、プライマリポイントツーマルチネームの作成者に設定されたパス名と同一にする必要があります。詳細プライマリポイントツーマルチポイント LSP を構成していますについては、を参照してください。

ブランチ LSP をプライマリポイントツーマルチポイント LSP に関連付けるには、以下のp2mpステートメントを使用してポイントツーマルチポイント lsp 名を指定します。

このステートメントは、以下の階層レベルで含めることができます。

  • [edit protocols mpls label-switched-path lsp-name]

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols mpls label-switched-path lsp-name]

    注:

    ユーザーのアクションによって、またはルーターによって自動調整が行われることによって、支社 Lsp のいずれかが変更された場合、プライマリおよびブランチ Lsp が再通知を発生します。新しいポイントツーマルチポイント LSP は、古いパスが使用される前に最初にシグナル状態になります。

以下のセクションでは、制約された最短パス (CSPF) を使用して、動的にシグナルパスとしてブランチ LSP を構成する方法について説明します。

ブランチ LSP を動的なパスとして構成する

デフォルトでは、ポイントツーマルチポイント LSP のブランチ LSP は CSPF を使用して動的にシグナル状態になっており、構成は必要ありません。

新しい宛先の追加または削除、または既存の宛先へのパスの再計算によってポイントツー multipoint LSP が変更された場合、ツリーの一部のノードは、複数の受信インターフェイスからデータを受信することがあります。これは次のような状況で発生する可能性があります。

  • ブランチ Lsp から宛先への送信先の一部は静的に構成されており、他の宛先への静的または動的に計算したパスと交差する可能性があります。

  • ブランチ LSP 用に動的に計算されたパスがネットワーク内のノードの受信インターフェイスを変更した場合、新しいパスがシグナル状態になると、それ以前の場所はすぐに無効になりません。これにより、移行中のデータが以前のパスに依存している場合に、宛先に到達できるようになります。ただし、ネットワークトラフィックは、どちらかのパスを使用して宛先に到達する可能性があります。

  • 受信したルーターに障害が発生すると、これらの支社に共通したルーターノード上で、これらのブランチ Lsp に対して異なる着信インターフェイスが選択されるように、2つの異なる支社へのパスを計算します。

静的なパスとしてのブランチ LSP の構成

静的なパスとしてポイントツー multipoint LSP のブランチ LSP を構成できます。詳細については、「静的 lsp の構成」を参照してください。

ドメイン間ポイントツーマルチポイント Lsp の構成

ドメイン間 P2MP LSP は、ネットワーク内の複数のドメインにまたがる1つ以上のサブ Lsp (支社) を持つ P2MP LSP です。このようなドメインの例としては、IGP エリアや自律システム (「含む)」などがあります。ドメイン間の P2MP LSP のサブ LSP は、入口ノード (ソース) における送信ノード (リーフ) の位置に応じて、領域内、領域間、または異なるものになる場合があります。

入口ノードでは、ドメイン間の P2MP LSP に名前が割り当てられ、すべての構成要素で共有されます。各サブ LSP は別々に構成されており、独自の送信ノードと、オプションで明示的なパスがあります。受信ノードに関するサブ LSP の送信ノードの位置によって、サブ LSP がエリア内、領域間、またはインター内であるかどうかが決定されます。

ドメイン間の P2MP Lsp を使用して、マルチエリアまたはマルチ AS ネットワーク内の以下のアプリケーションでトラフィックを転送できます。

  • レイヤー2ブロードキャストおよびマルチキャスト MPLS

  • レイヤー 3 BGP/MPLS VPN

  • VPLS

P2MP LSP のパスに沿った各ドメイン境界ノード (ABR または ASBR) ではexpand-loose-hop 、cspf が緩やかな[edit protocols mpls]ホップを拡張できるように、このステートメントは階層レベルで構成されている必要があります (通常、RSVP path メッセージによって運ばれる ero リストの最初のエントリ)。送信ノードまたは次のドメイン境界ノードです。

ドメイン間の P2MP Lsp の CSPF パス計算:

  • CSPF パス計算は、ドメイン間の P2MP Lsp 用の各サブ LSP でサポートされています。サブ LSP は、エリア内、エリア間、または同一の場合があります。CSPF は、ドメイン間の P2P LSP と同じ方法で、領域内または相互のサブ LSP を処理します。

  • 入口ノードまたはドメイン境界ノード (ABR または ASBR) で、CSPF は、RSVP クエリ単位の明示的なルートオブジェクト (ERO) 拡張を実行できます。送信された送信先が送信ノードであるか、受信したゆるやかホップ ERO である可能性があります。そのノードが接続されている近隣ドメインに宛先が存在する場合、CSPF は、宛先に到達可能な別のドメイン境界ノードへの厳密なホップ EROs のシーケンスを生成します。

  • RSVP が以前に選択したドメイン bounday ノードを通してパスを送ることができなかった場合、RSVP はラウンドロビン方式で利用可能な他のドメイン境界ノードを通過してパスを通知しようとします。

  • サブ LSP がドメイン間の P2MP LSP との間で追加または削除されると、そのパス (分岐) が現在の P2MP ツリーとともにマージまたは排除されます。その他のサブ Lsp によって取得しているパスは影響を受けないため、そのような su によるトラフィックの中断を防ぐことができます。b-Lsp。

ネットワークにドメイン間 P2MP Lsp を導入する際は、以下の点に注意してください。

  • パスの定期的な再最適化は、入口ノードでドメイン間の P2MP Lsp に対してサポートされています。ドメイン間 P2MP LSP に対しては、すべてのサブ LSP に対しoptimize-timerて同じ間隔[edit protocols mpls label-switched-path lsp-name]で階層レベルでステートメントを構成することによってオンにすることができます。

  • ドメイン間の P2MP Lsp では、リンク保護バイパス Lsp のみがサポートされています。ドメイン間の P2MP LSP に対してこの機能を有効にするには、すべてのサブ Lsp についてリンク保護を構成し、P2MP LSP が移動する可能性のあるすべての RSVP インターフェイスに対して設定する必要があります。

  • ドメイン間の P2MP Lsp では、OSPF エリアのみがサポートされています。IS-IS レベルはサポートされていません。

ポイントツー Multipoint Lsp の正常な再起動を構成しています

ポイントツー multipoint Lsp での正常な再起動を構成できます。グレースフル再起動によって、再起動を実行中のルーターは、その状態を隣接した近隣ノードに通知できます。再起動するルーターは、近隣またはピアから猶予期間を要求しています。これは再起動ルーターと協調して実行されます。ルーターを再起動すると、再起動中でも MPLS トラフィックを転送できます。ネットワークのコンバージェンスが中断されることはありません。ネットワークの他の部分に再起動が見られるわけではありません。また、ネットワークトポロジーからルーターを削除することはできません。中継ルーターと受信ルーターの両方で、RSVP 正常な再起動を有効にすることができます。

ルーターをポイントツーマルチポイント LSP トラフィックで正常に再起動するには、以下graceful-restartのステートメントを含めます。

このステートメントは、以下の階層レベルで含めることができます。

  • [edit routing-options]

  • [edit logical-systems logical-system-name routing-options]

ポイントツーマルチポイント Lsp のグレースフルリスタート構成は、ポイントツー点 Lsp の場合と同じです。正常な再起動の構成方法の詳細については、「 RSVP グレースフルリスタートの構成」を参照してください。

ポイントツー Multipoint Lsp 用のマルチキャスト RPF チェックポリシーの設定

送信元およびグループエントリに対してリバースパスフォワーディング (RPF) チェックを実行するかどうかを制御できます。これは、マルチキャスト転送キャッシュにルートをインストールする前に行います。これにより、ポイントツーマルチポイント Lsp を使用して、ポイントツー multipoint Lsp の送信ルーターから下流にある PIM アイランドにマルチキャストトラフィックを分散させることができます。

rpf-check-policyステートメントを設定することで、ソースとグループのペアの RPF チェックを無効にすることができます。通常、ポイントツーマルチポイント lsp 送信ルーターでマルチキャストトラフィックを受信するインターフェイスは、RPF インターフェイスであるとは限りません。そのため、このステートメントは point-to-point LSP の送信ルーターで構成されます。

ソースとグループのペアで動作するようにルーティングポリシーを設定することもできます。このポリシーはインポート ポリシーのように動作します。ポリシー条件が入力データと一致しない場合、デフォルトのポリシー アクションは「受け入れ」になります。ポリシー受け入れアクションにより、RPF チェックが可能です。ポリシーの拒否アクション (受け入れられていないすべてのソースとグループに適用される) は、ペアの RPF チェックを無効にします。

ポイントツー multipoint LSP のマルチキャスト RPF チェックポリシーを設定するには、以下のrpf-check-policy文を使用して RPF チェックポリシーを指定します。

このステートメントは、以下の階層レベルで含めることができます。

  • [edit routing-options multicast]

  • [edit logical-systems logical-system-name routing-options multicast]

また、マルチキャスト RPF チェックのポリシーも設定する必要があります。[edit policy-options]階層レベルでポリシーを設定します。詳細については、「 ルーティング ポリシー 、ファイアウォール フィルター、トラフィック ポリサー ユーザー ガイド 」 を参照してください

注:

このrpf-check-policyステートメントを設定すると、Junos OS は受信トラフィックに対する RPF チェックを実行できないため、不適切なインターフェイスに到着するトラフィックを検出できません。これにより、ルーティングループが形成される可能性があります。

例:ポイントツー Multipoint LSP のマルチキャスト RPF チェックポリシーの設定

プレフィックスが付いているグループ128.83/16228/8に所属するプレフィックスまたは長い以下のソースに対して、RPF チェックが実行されないようにするためのポリシーを設定します。

ポイントツー Multipoint Lsp の受信 PE ルーター冗長性の設定

1つまたは複数の PE ルーターをバックアップ PE ルーターグループの一部として設定することで、受信 PE ルーターの冗長化を有効にできます。これを実現するには、バックアップ PE ルーターの IP アドレス (少なくとも1つのバックアップ PE ルーターが必要)、およびローカル PE ルーターによって使用されるローカル IP アドレスを構成します。

プライマリおよびバックアップ用の PE ルーター間でポイントツーポイント Lsp の完全なメッシュを構成する必要もあります。また、これらの Lsp に対して BFD を構成する必要があります。詳細については、 BFD を RSVP 信号 lspとして設定し、 BFD を LDP lsp に設定するを参照してください。

ポイントツー multipoint Lsp の受信 PE ルーター冗長性を構成するには、以下backup-pe-groupのステートメントを含めます。

これらのステートメントを含めることができる階層レベルのリストについては、これらのステートメントのステートメントの概要セクションを参照してください。

受信したルーター冗長化バックアップグループを構成したら、そのグループを PE ルーターの静的ルートにも適用する必要があります。これにより、ローカル PE ルーターがバックアップ PE グループ用に指定されたフォワーダーである場合に、静的ルートがアクティブになり、転送テーブルにインストールされます。バックアップ PE ルーターグループは、 p2mp-lsp-next-hopステートメントが設定されている静的ルートにのみ関連付けることができます。詳細は、「ポイントツーマルチポイント lsp への静的ユニキャストルートの構成」を参照してください。

ポイントツーポイント Lsp を有効にして送信 PE ルーターを監視する

associate-backup-pe-groupsステートメントを使用して LSP を構成すると、構成されている PE ルーターのステータスを監視できます。同じルーターのアドレスを使用して、複数のバックアップ PE ルーター グループを設定できます。この LSP の障害により、宛先 PE ルーターがダウンしているすべての backup PE ルーターグループがあることが示されます。このassociate-backup-pe-groupsステートメントは、特定のバックアップ PE ルーターグループに関連付けられていません。LSP のステータスに関心のあるすべてのグループに適用されます。

LSP が送信 PE ルーターの状態を監視できるようにするには、 associate-backup-pe-groups以下のステートメントを含めます。

このステートメントは、以下の階層レベルで設定できます。

associate-backup-pe-groupsステートメントを構成する場合は、ポイントツーポイント LSP に対して bfd を構成する必要があります。LSP 用に BFD を構成する方法の詳細については、「 MPLS IPv4 lsp のための bfd の構成」と、『 BFD For LDP lsp の構成』を参照してください。

また、バックアップ PE ルーターグループ内の PE ルーター間でポイントツーポイント Lsp の完全なメッシュを構成する必要があります。フルメッシュは、グループ内の各 PE ルーターが独立して他の PE ルーターのステータスを特定できるようにするために必要です。各ルーターは、現在、backup PE ルーターグループに対して指定されたフォワーダーとして、どの PE ルーターであるかを個別に決定することができます。

複数の Lsp associate-backup-pe-groupsを同じ送信先 pe ルーターに設定した場合、最初に設定された lsp を使用して、その pe ルーターへの転送状態を監視します。複数の Lsp を同じ宛先に設定する場合は、Lsp に対して同様のパラメーターを構成する必要があります。この構成シナリオでは、リモート PE ルーターがまだ稼働している場合でも、障害通知がトリガーされることがあります。

さまざまな Junos OS のリリースで、ポイントツーマルチポイント LSP の機能を維持

リリース 9.1 Junos OSでは、デフォルトで、S2L_SUB_LSP を含む Resv メッセージは拒否されます。Junos OS リリース 9.2 以降では、これらのメッセージはデフォルトで受け入れされます。Junos OS リリース 9.1 以前を実行するデバイスと、Junos 9.2 以降を実行しているデバイスの両方が含まれるネットワーク内のポイント対マルチポイント LSP を適切に機能するには、 ステートメントを Junos 9.2 以降を実行するデバイスの設定に含める no-p2mp-sublsp 必要があります。

このステートメントは、以下の階層レベルで含めることができます。

  • [edit protocols rsvp]

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols rsvp]

ポイント to-マルチポイント LSP での動作を再マージする概要

このセクションでは、RSVP Point-to-Multipoint(P2MP)LSP での再マージ動作を制御するメリットと概要について説明します。

P2MP LSP 再マージを制御するメリット

  • 再マージ条件を作成するサブLSPのパス計算を回避することで、イングレス(ヘッドエンド ルーター)のRSVPシグナリング負荷を軽減します。

  • P2MP サブ LSP のトランジット ノードでの再マージを拒否することで、ネットワーク帯域幅を保存します。

P2MP LSP 再マージとは

P2MP MPLS LSP ネットワークでは、「再マージ」とは、ツリーの下の別のノードで P2MP LSP と交差する支社を再マージするイングレス(ヘッドエンド)またはトランジット ノード(再マージ ノード)の場合を指します。これは、パス計算のエラー、手動構成のエラー、P2MP LSP の確立中にネットワーク トポロジが変更された場合に発生する可能性があります。

RFC 4875 では、P2MP LSP 再マージを処理するための以下の 2 つのアプローチを定義しています。

  • まず、再マージを検出したノードは再マージケースを持続できますが、1つの受信インターフェイスを含むすべてのデータは再マージ ノードにドロップされます。これは、デフォルトでは設定せずに機能します。

  • 2 つ目は、再マージ ノードがシグナリングを通じてサブ LSP の再マージを開始します。

デフォルトジュニパーネットワークス MX シリーズ、(RFC 4875 で定義されている)最初のアプローチが機能します。2 つ目のアプローチは、P2MP RS MPLS VP ゲートウェイ ネットワーク内の ジュニパーネットワークス MX シリーズ ルーター(イングレス ノードまたはトランジット ノード)の場所に応じて、以下のいずれかの CLI 設定ステートメントで実装できます。

  • no-re-merge—このCLI(ヘッドエンド)ルーターで有効になっている場合に設定ステートメントを使用すると、再マージ条件を作成する P2MP サブ LSP のパス計算を回避できます。このファイアウォールCLI設定ステートメントがイングレスで設定されている場合、トランジット ルーターで no-p2mp-re-merge CLI 設定ステートメントを設定する必要はありません。

  • no-p2mp-re-merge—トランジット CLIで有効になっている場合に設定ステートメントを適用し、P2MP サブ LSP セッションを再マージして再マージを拒否するデフォルト動作を変更します。このCLI設定ステートメントは、イングレス(ヘッドエンド ルーター)がアクセス ルーターではない場合にジュニパーネットワークス MX シリーズされます。

  • single-abr:このコマンドが有効な場合、エリア間、ドメイン間、またはインタードメイン RSVP P2MP LSP を超えて再マージ条件ASを低減します。

以下のトポロジーでは、P2MP LSP ネットワークでの再マージ動作について説明しています。

P2MP LSP 再マージとは

このトポロジーでは、R1 はイングレス(ヘッドエンド)ルーターとして機能し、R2 はトランジット(再マージ ノード)ルーターとして機能します。このネットワークには、LSP 1 と LSP 2 という 2 つのサブ LSP セッションが作成されます。LSP 1 は、R1、R2、R3 のデバイス間で確立されたセッションです。LSP 2 は、R1、R4、R2、R3、R5 のデバイス間で確立されたセッションです。デフォルトでは、トランジット ルーターではサブ LSP の両方から再マージを実行し、サブ LSP ブランチ トラフィックの 1 つを再マージ ノードにドロップできます。この再マージ動作は、イングレス ルーターで CLI 設定ステートメントを有効にするか、トランジット ルーターの CLI 設定ステートメントを no-re-mergeno-p2mp-re-merge 有効にすることで制御できます。

イングレス ルーター(R1)で CLI 設定ステートメントを有効にした場合、2 つのサブ LSP セッションのいずれかをのみ no-re-merge 確立します。たとえば、LSP 1(R1-R2-R3)セッションが最初に確立されている場合、その他のサブ LSP セッション(LSP 2)は確立されません。

トランジット ルーター(R2)で CLI 設定ステートメントを有効にした場合、トランジット ルーターはサブ LSP の再マージを拒否し、イングレス ルーター(R1)にパス エラー メッセージを送信して、イングレス ルーターが 2 つ目の P2MP LSP 再マージ ブランチを作成することを防止します。 no-p2mp-re-mergeshow rsvp statisticsCLI コマンドを使用して、パス エラー メッセージを表示できます。

デフォルトの P2MP LSP 再マージ動作の変更

デフォルトの再マージ動作は、イングレス(ヘッドエンド)ノードで、または P2MP RSVP ネットワークのトランジット ノードでMPLSできます。

イングレス(ヘッドエンド ルーター)で、デフォルトの再マージ動作を無効にして、イングレス ルーターがサブ LSP のパス計算を行って再マージ条件を作成しなけれなた。デフォルトの動作では、サブ LSP のパス計算を行います。

トランジット ルーターでは、デフォルトの再マージ動作を無効にして、トランジット ルーターがサブ LSP の再マージを拒否します。

エリア間、ドメイン間、または ASドメイン間の RSVP P2MP LSP では、イングレス(ヘッドエンド ルーター)で CLI 設定ステートメントを使用して、すべての P2MP サブ LSP が同じ出口ルーター(ABR または ASBR)を選択することを選択するため、再マージ条件が減少します。 single-abr