Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

LSP ルーター

LSP のルーター

LSP 内の各ルーターは、以下の機能のいずれかを実行します。

  • イングレス ルーター — LSP の先頭のルーター。このルーターは、IP パケットをレイヤー 2 フレームMPLSしてカプセル化し、パス内の次のルーターに転送します。各 LSP は、受信ルーターを1つしか持つことができません。

  • エグレス ルーター —LSP の最後にあるルーター。このルーターは、MPLS カプセル化を解除して、MPLS パケットから IP パケットに変換し、IP 転送テーブル内の情報を使用して最終的な宛先にパケットを転送します。各 LSP は、送信ルーターを1つしか持つことができません。LSP の受信および送信ルーターを同じルーターにすることはできません。

  • トランジット ルーター —受信ルーターとエグレス ルーター間の LSP 内の中間ルーター。伝送ルーターは、受信した MPLS パケットを MPLS パスの次のルーターに転送します。LSP には、ゼロ個以上の通過ルーターを含めることができ、1つの LSP 内で最大253伝送ルーターに上限があります。

単一のルーターを複数の Lsp の一部にすることができます。1つ以上の Lsp の受信ルーターとして使用できます。また、1つ以上の Lsp で通過するルーターとしても使用できます。各ルーターがサポートする機能は、ネットワーク設計によって異なります。

Lsp の受信および送信ルーターアドレスの構成

以下のセクションでは、LSP の受信/送信ルーターのアドレスを指定する方法について説明します。

Lsp に受信ルーターアドレスを構成しています

ローカルルーターは、常に受信ルーターと見なされます。これは LSP の始まりです。ソフトウェアは、LSP の次のルーターに到達するために使用する適切なアウトゴーイングインターフェイスと IP アドレスを自動的に決定します。

デフォルトでは、ルーター ID は受信ルーターのアドレスとして選択されます。送信元アドレスの自動選択を無効にするには、 from文の中で送信元アドレスを指定します。

このステートメントは、以下の階層レベルで含めることができます。

LSP によって使用される送信インターフェイスは、設定した送信元アドレスの影響を受け取されません。

Lsp の送信ルーターアドレスの設定

LSP を設定する場合は、次のtoステートメントを使用して送信ルーターのアドレスを指定する必要があります。

このステートメントは、以下の階層レベルで含めることができます。

シグナル状態の LSP を設定している場合to 、そのステートメントは唯一の必須ステートメントです。その他のすべてのステートメントはオプションです。

LSP が確立されると、送信ルーターのアドレスがホストルートとしてルーティングテーブルにインストールされます。このルートは、BGP がトラフィックを転送するために使用できます。

ソフトウェアが LSP を介して BGP トラフィックを送信するには、出力ルーターのアドレスを BGP ネクストホップのアドレスと同じにします。エグレス ルーターのアドレスは、ルーターのインターフェイス アドレスの任意の 1 つ、またはルーター ID としてBGPできます。別のアドレスを指定した場合、そのアドレスが同じルーター上に存在する場合でも、BGP トラフィックは LSP を介して送信されません。

BGP 次ホップのアドレスを特定するには、 show route detailコマンドを使用します。LSP の宛先アドレスを決定するには、 show mpls lspコマンドを使用します。ルートが LSP を通過したかどうかを判断するshow routeshow route forwarding-tableは、or コマンドを使用します。この最後の2つのコマンドの出力でlabel-switched-pathpush 、ルートに含まれている OR キーワードは、LSP を通過したことを示しています。また、ルートがtraceroute実際にリードするパスを追跡するには、このコマンドを使用します。このもう1つは、ルートが LSP を通過したかどうかを示しています。

ルートのネクスト ホップ アドレスを設定する BGP インポート ポリシー フィルターを定義することで、BGP ネクスト ホップのアドレスを操作できます。

送信ルーターアドレスをルーティングテーブルに追加できないようにする

すべての Lsp のto文を使用してアドレスを設定する必要があります。このアドレスは、常に inet /32 . 3 または inet. 0 ルーティングテーブルのプレフィックスとしてインストールされます。このtoステートメントを使用して設定された送信ルーターアドレスを inet. 3 と inet に追加することはできません。 no-install-to-address 0 はステートメントをインクルードしてルーティングテーブルを作成します。

Inet. 3 および inet にto文アドレスをインストールしていない理由がある。0のルーティングテーブルには、以下のものが含まれます。

  • 制限された最短パスの最初の (CSPF) RSVP Lsp を、セカンダリループバックアドレス宛てのトラフィックにマップできるようにします。no-install-to-address明細書を含む RSVP トンネルを構成してから、 install pfx/ <active>ポリシーを後から設定することで、以下のことが可能になります。

    • LSP がトラフィックに影響を与えることなく適切に設定されていることを確認します。

    • インクリメンタルなステップで、トラフィックを LSP にマッピングします。

    • トラブルシューティングが完了したら、 no-install-to-addressこの文を削除して、トラフィックを宛先ループバックアドレス (BGP 次ホップ) にマッピングします。

  • CCC 接続で IP トラフィックが失われないようにします。LSP は、それが接続に属していないと判断すると、そのtoステートメントに指定されたアドレスを inet. 3 ルーティングテーブルにインストールします。その後、IP トラフィックは CCC リモートエンドポイントに転送されます。これにより、一部の種類の PICs が失敗する可能性があります。

このtoステートメントを使用して設定した送信ルーターアドレスが inet. 3 と inet に追加されないようにするにno-install-to-addressは、以下のステートメントを含めます。

このステートメントは、以下の階層レベルで含めることができます。

MPLS 信号を受信する Lsp 用に受信ルーターを構成する

MPLS 信号付きラベルスイッチパス (Lsp) は、特定の受信ルーターから特定の送信ルーターへと実行されます。基本的な MPLS シグナルによる LSP 機能については、受信ルーターを構成する必要がありますが、他のルーターを構成する必要はありません。

シグナルの Lsp を構成するには、受信ルーターで以下のタスクを実行します。

名前付きパスの作成

シグナルの Lsp を構成するには、まず受信ルーターで1つ以上の名前付きパスを作成する必要があります。パスごとに、パスの一部またはすべての通過ルーターを指定することも、空のままにしておくこともできます。

各パス名には最大32文字を使用でき、文字、数字、ピリオド、ハイフンを含めることができます。この名前は受信ルーター内で一意である必要があります。名前付きパスが作成されたら、名前付きパスをprimary or secondaryステートメントで使用して、 [edit protocols mpls label-switched-path label-path-name]階層レベルで lsp を構成できます。任意の数の Lsp で同じ名前付きパスを指定できます。

RSVP セッションで、LSP がプライマリまたはセカンダリのパスに関連付けられているかshow rsvp session detailどうかを確認するには、コマンドを発行します。

空のパスを作成するには、以下の形式のpath文を含めて、名前付きパスを作成します。この形式のpath文は空であり、入口ルーターとアウトルータ間のすべてのパスが受け入れられることを意味します。実際には、使用されるパスは、その後、宛先ベースのベストエフォート型トラフィックが続くパスと同じである傾向があります。

このステートメントは、以下の階層レベルで含めることができます。

  • [edit protocols mpls]

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols mpls]

パスにパスを作成するには、次の形式のpath文を含め、各ルーターに1つずつアドレスを指定します。

このステートメントは、以下の階層レベルで含めることができます。

  • [edit protocols mpls]

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols mpls]

このpath文の形式では、1つ以上のルーターアドレスを通過するように指定します。受信/送信ルーターの指定は必須ではありません。各通過ルーターのアドレスまたはホスト名を指定できますが、そのタイプがloose該当する場合でも、各伝送ルーターをリストする必要はありません。受信ルーター (オプション) または1つ目の伝送ルーターから順にアドレスを指定し、送信ルーター (オプション) またはルーターの直前まで順番に継続します。ルーターホップごとに1つのアドレスのみを指定する必要があります。1つのルーターに複数のアドレスを指定した場合は、最初のアドレスのみが使用されます。その他のアドレスは無視され、切り捨てられる。

ルーターアドレスごとにタイプを指定します。以下のいずれかになります。

  • strict—(デフォルト) 前のルーターからこのルーターに取り込まれるルートは直接パスであり、他のルーターを含めできません。インターフェイスaddressアドレスの場合、このルーターは、受信インターフェイスが指定されたものであることも確認します。受信インターフェイスが指定されたものであることを確認することは、前のルーターとこのルーターの間にパラレルリンクがある場合に重要です。また、リンク単位でルーティングを適用することもできます。

    厳密なアドレスの場合は、構成しているルーターの直前のルーターがそのルーターに直接接続されていることを確認する必要があります。このアドレスはループバックインターフェースのアドレスでもかまいません。その場合、受信インターフェースはチェックされません。

  • loose:前のルーターからこのルーターに移動するルートは、直接パスである必要がなではなく、他のルーターを含め、どのインターフェイスでも受信できます。アドレスには、任意のインターフェイスアドレスまたはループバックインターフェイスのアドレスを指定できます。

\N 名前付きパスの作成

パスto-hastingsを設定し14.1.1.1て、受信ルーターから出てくる出口から、その順番で、、 13.1.1.112.1.1.1、そして11.1.1.1、その順で、完全に strict パスを指定します。指定したもの以外に中間ルーターがあってはなりません。ただし、送信ルーターの間11.1.1.1に中間ルーターがある場合は、送信ルーターが明示的にpath記載されているわけではありません。送信前に中間ルーターを防止するには、送信ルーターをstrict種類を使用して最後のルーターとして構成します。

ルーター alt-hastings14.1.1.1間の任意の数の中間ルーターを許可するパスを作成11.1.1.1します。さらに、中間ルーターは、送信11.1.1.1ルーター間で許可されています。

運命共有を使用した代替バックアップパスの構成

プライマリパスが不安定になった場合に、1つまたは複数のバックアップパスの計算に使用される、制約された最短パスによって初めて実行される情報のデータベースを作成できます。このデータベースには、ルーターやリンクなど、ネットワークの要素間の関係が記述されています。これらのネットワーク構成要素は同じ運命を共有するので、この関係は運命共有と呼ばれます。

バックアップパスを構成することで、プライマリパスを使用して共有リンクとファイバパスの数を最小限に抑えることができます。ファイバーが切断されても、最小限のデータが失われ、宛先へのパスが存在することを保証します。

バックアップパスを最適に機能させるには、リンクまたは物理ファイバーパスをプライマリパスと共有してはなりません。これにより、単一障害点がプライマリおよびバックアップパスに同時に影響を与えないことが保証されます。

以下のセクションでは、運命共有を設定する方法と CSPF に与える影響について説明し、運命共有の構成例を示します。

運命共有の設定

運命共有を設定するにはfate-sharing 、以下のステートメントを含めます。

このステートメントを含めることができる階層レベルのリストについては、このステートメントの文の概要セクションを参照してください。

各運命共有グループには、最大32文字までの名前を指定し、文字、数字、ピリオド (.)、ハイフン (-) を含めることができます。最大 512 のグループを定義できます。

運命共有グループには、以下の3種類のオブジェクトが含まれています。

  • ポイント対ポイント リンク — リンクの各端の IP アドレスで識別されます。通常、番号なしポイントツーポイントリンクは、他のインターフェイスから IP アドレスを借りて識別されます。順序は重要ではありません。from 1.2.3.4 to 1.2.3.5同じfrom 1.2.3.5 to 1.2.3.4意味を持ちます。

  • ポイント間リンク以外 : LANインターフェイス(ギガビット イーサネット インターフェイスなど)またはノンユニキャスト マルチアクセス(NBMA)インターフェイス(ATM(非同期転送モード)やフレーム リレーなど)上にリンクを含める。これらのリンクは、個別のインターフェイスアドレスによって識別されます。たとえば、LAN インターフェイス192.168.200.0/24に4つのルーターが接続されている場合、各ルーターリンクは個別に識別されます。

    住所は任意の順序で列挙できます。

  • ルーター ノード — 設定されたルーター ID で識別されます。

グループ内のすべてのオブジェクトは、特定の類似点を共有します。たとえば、同じファイバーコンジットを共有するすべてのファイバーのグループ、同じファイバーを共有するすべての光チャネル、同じ LAN スイッチに接続するすべてのリンク、同じ電源を共有するすべてのデバイスなどを定義できます。すべてのオブジェクトは/32 ホストアドレスとして扱われます。

グループを意味のあるものにするには、少なくとも2つのオブジェクトが含まれている必要があります。0または1つのオブジェクトでグループを構成できます。これらのグループは、処理中は無視されます。

1つのオブジェクトには任意の数のグループを指定でき、グループには任意の数のオブジェクトを含めることができます。各グループには、このグループが CSPF 計算に与える影響のレベルを表す設定可能なコストがあります。コストが高いほど、グループ内のオブジェクトのプライマリパスがバックアップパスと共有される可能性が低くなります。コストは、トラフィックエンジニアリングメトリックに直接匹敵します。デフォルトでは、コストは1に設定されています。運命共有データベースを変更しても、次回の CSPF の最適化が完了するまで、確立された Lsp には影響を与えません。運命共有データベースは、高速再ルーティング計算に影響を及ぼします。

CSPF に対する影響

CSPF が LSP (プライマリパスがアクティブでない場合はセカンダリパス) のプライマリパスを計算すると、運命共有情報が無視されます。プライマリパスの最適なパス (最小 IGP コスト) はいつでも確認したいと考えています。

CSPF がセカンダリパスを計算したときに (同じ LSP の) プライマリパスがアクティブになると、以下のことが行われます。

  1. CSPF は、プライマリパスに関連付けられたすべての運命共有グループを識別します。CSPF では、プライマリパスが1つ以上のリンクまたはノードを含むグループリストを走査してコンパイルするすべてのリンクとノードが識別されます。CSPF では、検索で受信および送信ノードが無視されます。

  2. CSPF は、トラフィックエンジニアリングデータベースの各リンクを、コンパイルされたグループリストに対してチェックします。リンクがグループのメンバーである場合、リンクのコストはグループのコストによって増加します。リンクが複数のグループのメンバーである場合は、すべてのグループコストが一緒に追加されます。

  3. CSPF は、受信/送信ノードを除く、トラフィックエンジニアリングデータベース内のすべてのノードのチェックを実行します。繰り返しますが、1つのノードは複数のグループに所属しているため、コストが加算されます。

  4. ルーターは、調整されたトポロジを使用して、通常の CSPF 計算を実行します。

バイパス Lsp を使用して共有する場合の CSPF への影響

運命共有がリンク保護またはリンクノード保護で有効になっている場合、CSPF は、バイパス LSP パスを計算する際に以下のように動作します。

  • CSPF は、プライマリ LSP パスに関連付けられている運命共有グループを識別します。CSPF は、バイパスが保護しようとしている即時ダウンリンクと即時ダウンストリームノードを特定することでこれを実現します。CSPF では、即時下流リンクと即時ダウンストリームノードを含むグループリストがコンパイルされます。

  • CSPF は、トラフィックエンジニアリングデータベース内の各リンク (受信からイミディエイトダウンノードまで) をコンパイル済みのグループリストに対してチェックします。リンクがグループのメンバーである場合、リンクのコストはグループのコストによって増加します。

  • CSPF は、運命-共有パスにないダウンリンクを識別します。

この計算によって、代替案が利用可能になった場合に、プライマリ LSP パスと同じ物理リンクを使用することはできません。

例:運命共有の設定

運命共有グループeastとをwest構成します。でwestはオブジェクトが存在しないため、処理中に無視されます。

MPLS 信号を使用した Lsp 用の中間および送信ルーターの構成

MPLS に参加する必要があるすべての MPLS ルーターでシグナル Lsp を構成するには、これらのルーターで MPLS と RSVP を有効にする必要があります。

入口/出口ルーター間の接続の構成

受信ルーターは、通常のパスを使用して送信ルーターへの接続と再接続を試行することが多くあります。受信ルーターがプライマリパスを使用して接続を確立しようとする頻度と、それが再試行の間に待機する時間を制御できます。

再試行タイマーは、受信したルーターが送信ルーターにプライマリパスを使用して再接続するまでの待機時間を設定します。デフォルトのフィールド時間は30秒です。時間は1~600秒ですこの値を変更するにはretry-timer 、以下のステートメントを含めます。

このステートメントは、以下の階層レベルで設定できます。

デフォルトでは、受信ルーターがプライマリパスを使用して送信ルーターへの接続を確立または再確立しようとする回数に、制限が設定されていません。試行回数を制限するには、以下retry-limitのステートメントを含めます。

このステートメントは、以下の階層レベルで設定できます。

上限は1万までの値に設定できます。再試行の制限を超えると、パス接続を確立するための試行が何度も行われることはありません。この時点で、プライマリパスを再起動するには、手動で操作する必要があります。

再試行制限を設定した場合、正常なプライマリパスが作成されるたびに1にリセットされます。

Lsp の ping

次のセクションでは、コマンドを使用して LSP が機能 ping mpls しているのを確認する方法について説明します。

LSP MPLS ping

特定の LSP に ping を実行できます。Echo リクエストは、LSP を通じてパケットとしてMPLSされます。ペイロードは、127/8 範囲(デフォルトでは 127.0.0.1)のアドレスに転送されるユーザー Datagram プロトコル(UDP)パケットであり、このアドレスは設定可能です。ポート 3503 です。この情報をパケットとして構築して送信するラベルとインターフェイス情報はMPLSのLSPトラフィックの場合と同じです。

エコー要求がエグレス ノードに到着すると、レシーバはパケットの内容をチェックし、UDP を使用して正しいリターン値を含む返信を送信します。エコー要求を送信するルーターは、2秒のタイムアウト後にEcho応答を受信するのを待機します(この値は設定できません)。

リモート ルーターのMPLSで LSP ターミリングに ping を実行するには、リモート ルーターの階層レベルで設定 [edit protocols mpls] する必要があります。MPLS は、LDP の転送同値クラス (FECs) のみに ping を行う場合でも構成する必要があります。

LSP が ping をMPLSするには、 コマンドを使用 ping mpls <count count> <ldp <fec>> <rsvp <exp forwarding-class> <lsp-name>> します。LSP からセカンダリ ping を実行MPLS、 コマンドを使用 ping mpls <count count> <rsvp <lsp-name>> standby path-name します。このコマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください

注:

コマンド ping mpls は、ルーティング インスタンス内ではサポートされていません。

注:

マスター インスタンスではセルフ ping はサポートされ、CCC で使用される VLAN ベースの LSP または LSP ではサポートされていません。メッセージは LSP ごとに表示され、設定の読みやすさが低下します。

ポイント to マルチポイント LSP への ping

ポイント to-マルチポイント LSP に ping を実行するには、 または コマンド ping mpls rsvp lsp-name multipoint を使用 ping mpls rsvp egress address します。コマンドは、すべてのマルチポイント LSP エグレス ルーターエグレス ルーターおよびポイントからマルチポイント LSP エグレス ルーターの現在のステータスのリスト ping mpls rsvp lsp-name multipoint を返します。コマンド ping mpls rsvp lsp-name multipoint egress address は、指定されたアプリケーションの現在のステータスをエグレス ルーター。

ホスト LSP のエンドポイント アドレスMPLS ping

2 台の PE(プロバイダ エッジ)ルーター間の LSP が稼働しているかどうかを確認するには、LSP のエンドポイント アドレスに ping を実行します。LSP エンドポイントに ping MPLSするには、 コマンドを使用 ping mpls lsp-end-point address します。このコマンドは、指定されたアドレスで終了するLSP(RSVPまたはLDP)のタイプと、LSPがアップまたはダウンするかどうかを通知します。

このコマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください

CCC LSP への ping

特定の CCC LSP に ping を実行できます。CCC LSP ping コマンドは、すべての LSP に使用MPLSです。使用するコマンドは ping mpls <count count> <rsvp <lsp-name>> . コマンドを使用して、セカンダリ スタンバイ CCC LSP に ping ping mpls <count count> <rsvp <lsp-name>> standby path-name を実行することもできます。

このコマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください

レイヤー 3 VPN への ping

同様のコマンドを使用して、 ping mpls l3vpn vpn-name prefix prefix <count count> レイヤー 3 VPN に ping を実行できます。このコマンドの詳細については、 ルーティング デバイスおよび Junos OS Explorer の vpn ライブラリ を CLIしてください

RFC 4379 ベースの LSP Ping および Traceroute コマンドのサポート

THE JUNOS OS pingtraceroute RFC 4379, Detecting Multi-Protocol Label Switched(MPLS) Data Plane Failures( Data Plane Failures ) に基づいた LSP とコマンドをサポートしています。

LSP ping および RFC 4379 に基づくコマンドは、TTL 有効期限の変更に依存して LSP が取得するパスMPLS traceroute 試みです。LSP は、イングレスからエグレスに複数のパスを取得できます。これは、特に ECMP(等コスト マルチパス)で発生します。LSP コマンドは traceroute 、LSP ノードへの可能性があるすべてのパスをトレースできます。