Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

MPLS LSP のリンク保護

リンク保護

リンク保護は、特定のインターフェイスを介してネイバー ルーターまたはスイッチに送信されるトラフィックが、インターフェイスに障害が発生した場合でも、このルーター(スイッチ)に到達し続けられるようにするのに役立ちます。インターフェイスと、このインターフェイスを通過する LSP に対してリンク保護が設定されている場合、インターフェイスに障害が発生した場合にこのトラフィックを処理するバイパス LSP が作成されます。バイパス LSP は、異なるインターフェイスとパスを使用して同じ宛先に到達します。使用するパスは明示的に構成することも、CSPF に依存することもできます。バイパス LSP の RSVP メトリックは、20,000~ 29,999 の範囲に設定されています(この値はユーザーが設定できません)。

リンク保護されたインターフェイスに障害が発生した場合、トラフィックはすぐにバイパス LSP に切り替わります。バイパス LSP は、監視する LSP と同じエグレス インターフェイスを共有できないことに注意してください。

で、ルーター1とルーター2の間のインターフェイスBで 図 1リンク保護が有効になっています。また、LSP A(ルーター 1 とルーター 2 間のリンクを通過する LSP)でも有効になります。ルーター 1 とルーター 2 の間のリンクに障害が発生した場合、LSP A からのトラフィックはすぐに、リンク保護によって生成されたバイパス LSP に切り替わります。

図 1: リンク保護 保護されたインターフェイスのバイパス LSP の作成リンク保護 保護されたインターフェイスのバイパス LSP の作成

インターフェイスを通過する LSP はリンク保護を活用するように設定できますが、リンク保護のメリットを得られるのは特にインターフェイスであることに注意してください。インターフェイスでリンク保護が有効になっているが、そのインターフェイスを通過する特定の LSP では有効になっていない場合、インターフェイスに障害が発生した場合、その LSP も失敗します。

注:

リンク保護は、番号なしインターフェイスでは機能しません。

LSP によって取得されたルート全体でトラフィックを保護するには、高速再ルートを設定する必要があります。詳細については、「 高速再ルートの設定」を参照してください。

リンク保護のための複数バイパス LSP

デフォルトでは、リンク保護は単一のバイパス LSP に依存して、インターフェイスのパス保護を提供します。ただし、複数のバイパス LSP を指定して、インターフェイスにリンク保護を提供することもできます。各バイパス LSP を個別に設定することも、すべてのバイパス LSP に対して単一の設定を作成することもできます。バイパス LSP を個別に設定しない場合、それらはすべて同じパスと帯域幅の制約を共有します。

次のアルゴリズムは、LSP に対して追加のバイパス LSP がアクティブ化される方法とタイミングを示しています。

  1. 現在アクティブなバイパスが LSP(帯域幅、リンク保護、ノードリンク保護)の要件を満たすことができれば、トラフィックはそのバイパスに誘導されます。

  2. アクティブバイパスLSPが使用可能でない場合は、すでにアクティブなLSPをスキップして、最初のイン、ファーストアウト(先出し)の順序で手動バイパスLSPをスキャンします(各手動バイパスは1回のみアクティブ化できます)。要件を満たす最初の非アクティブな手動バイパスがアクティブになり、トラフィックがそのバイパスに誘導されます。

  3. 手動バイパス LSP が使用可能でなく、ステートメントがリンク保護のために複数の max-bypasses バイパス LSP をアクティブにする場合は、自動的に設定されたバイパス LSP が要件を満たすことができるかどうかを判断します。自動設定されたバイパス LSP が使用可能で、アクティブで自動的に設定されたバイパス LSP の総数が最大バイパス LSP 制限(ステートメントで設定)を超えていない場合は、別の max-bypasses バイパス LSP をアクティブにします。

リンク保護のために複数のバイパス LSP を設定する方法については、「 バイパス LSP の設定」を参照してください

ノード保護

ノード保護により、リンク保護の機能が拡張されます。リンク保護は、特定のインターフェイスを介してネイバー ルーターに送信されるトラフィックが、インターフェイスに障害が発生しても、このルーターに到達し続けられるようにするのに役立ちます。ノード保護により、隣接ルーターに障害が発生した場合でも、隣接ルーターを通過する LSP からのトラフィックが宛先に到達し続けることができます。

LSP のノード保護を有効にするには、リンク保護も有効にする必要があります。ノード保護とリンク保護が有効になると、次のタイプのバイパス LSP が確立されます。

  • ネクストホップ バイパス LSP:LSP が隣接ルーターに到達するための代替ルートを提供します。このタイプのバイパス LSP は、ノード保護またはリンク保護を有効にするときに確立されます。

  • ネクストネクストホップ バイパス LSP:LSP が宛先ルーターに向かう途中でネイバー ルーターを回避するための代替ルートを提供します。このタイプのバイパス LSP は、ノード保護が設定されている場合にのみ確立されます。ネクストホップ バイパス LSP を作成できない場合は、ネクストホップ バイパス LSP のシグナリングを試みます。

図 2、ルーター1のインターフェイスBでノード保護が有効になっています。ノード保護は、LSP A(ルーター 1、ルーター 2、ルーター 3 を通過するリンクを通過する LSP)でも有効です。ルーター 2 でハードウェアまたはソフトウェアに障害が発生した場合、LSP A からのトラフィックは、ノード保護によって生成されたネクストネクスト ホップ バイパス LSP に切り替えられます。

図 2: ノード保護 ネクストネクストホップ バイパス LSP の作成ノード保護 ネクストネクストホップ バイパス LSP の作成

ノード保護がトラフィックをネクストネクストホップバイパスLSPに切り替えるのに必要な時間は、トラフィックをネクストホップバイパスLSPに切り替えるリンク保護に必要な時間よりも大幅に長くなる可能性があります。リンク保護は、ハードウェア メカニズムに依存してリンク障害を検出し、トラフィックをネクストホップ バイパス LSP に迅速に切り替えることができます。

ノード障害の多くは、ノード ルーターのソフトウェアの問題が原因です。ノード保護は、近隣ルーターからの hello メッセージを受信して、まだ機能しているかどうかを判断します。ノード保護によってトラフィックを一部転送するまでの時間は、ノード ルーターが hello メッセージを送信する頻度と、ノード保護ルーターが hello メッセージを受信しなかったことに対応するまでの時間によって異なります。ただし、障害が検出されると、トラフィックをネクストネクストホップ バイパス LSP に素早く転送できます。

注:

ノード保護により、2 台のルーター間で物理リンクがエラーまたは中断された場合にトラフィックを保護します。制御プレーン エラーが発生しても、保護は提供されません。次に、コントロール プレーン エラーの例を示します。

  • トランジット ルーターは、コントロール プレーン エラーによりパケットのラベルを変更します。

  • イングレス ルーターがパケットを受信すると、ラベルの変更は致命的なイベントとみなされ、プライマリ LSP と関連するバイパス LSP の両方が削除されます。

高速リルート、ノード保護、リンク保護

このドキュメントでは、次のセクションについて説明します。

LSP 防御の概要

RSVP-TE 拡張機能は、LSP トンネルのローカル修復のためのバックアップ ラベルスイッチ パス(LSP)トンネルを確立します。これらのメカニズムは、障害が発生した場合に、バックアップ LSP トンネルへのトラフィックの即時再方向を可能にします。

RFC 4090、 Fast Reroute Extension to RSVP-TE for LSP Tunnels』では、RSVP 信号 LSP に対する 2 種類のトラフィック保護について説明しています。

  • 1 対 1 のバックアップ—この方法では、保護された LSP ごとに、ローカル修復の潜在的なポイントごとに迂回 LSP が作成されます。

  • ファシリティ バックアップ:この方法では、MPLS ラベル スタックを活用して、潜在的な障害ポイントで同様のバックアップ制約を持つ一連の LSP を保護するバイパス トンネルが作成されます。

1対1のバックアップとファシリティのバックアップ方法は、ネットワーク障害時にリンクとノードを保護し、混在したネットワークに共存できます。

LSP 保護タイプの比較

Junos OS では、トラフィック保護の 1 対 1 のバックアップが高速リルートによって提供されます。各 LSP には、エグレス ルーターを除く各ホップで保護 LSP のシグナリングが必要です。この LSP 保護方法は共有できません。

ファクシリティバックアップ方法では、ノードとリンクにLSPトラフィック保護が提供されます。高速リルートとは異なり、この保護 LSP は他の LSP で共有できます。

表 1 は、トラフィック保護タイプをまとめたものです。

表 1: 施設のバックアップと比較した 1 対 1 のバックアップ

比較

1 対 1 のバックアップ

施設のバックアップ

保護 LSP の名前

Detour LSP

バイパス LSP

保護する LSP の共有

共有できない

複数の LSP で共有可能

Junos 構成ステートメント

fast-reroute

node-link-protection そして link-protection

1 対 1 のバックアップの実装

1 対 1 のバックアップ方法では、ローカル修復のポイントは、ファシリティを通過する LSP ごとに個別のバックアップ パスを維持します。バックアップ パスは、マージ ポイントと呼ばれるノードでプライマリ パスとマージすることで終了します。このアプローチでは、マージ ポイントは保護されたファシリティから下流の任意のノードにできます。

1 対 1 のバックアップ方法では、リンク障害またはノード障害点の下流にある元の LSP と交差する LSP が確立されます。バックアップされる LSP ごとに個別のバックアップ LSP が確立されます。

以下の状況では、1 対 1 のバックアップが適切です。

  • LSP の総数に対する少数の LSP の保護。

  • 迂回パスの帯域幅、優先度、リンクカラーリングなどのパス選択基準は非常に重要です。

  • 個々の LSP の制御は重要です。

では 図 3、ルーターR1とR5はそれぞれイングレスルーターとエグレスルーターです。保護された LSP は、ルーター R2、R3、R4 を通過する 2 台のルーター間で確立されます。ルーターR2は、ルーターR4で保護されたLSPとマージする部分的なバックアップLSPを作成することで、ユーザートラフィック保護を提供します。この部分的な 1 対 1 のバックアップ LSP は、迂回と呼ばれます。Detours は常に計算され、リンクとノードの両方の障害に対して、ダウンストリーム リンクとノードを即座に回避します。

図 3: 1 対 1 のバックアップ1 対 1 のバックアップ

この例では、保護された LSP は R1-R2-R3-R4-R5、次の迂回が確立されています。

  • ルーター R1:R1-R6-R7-R8-R3

  • ルーターR2:R2-R7-R8-R4

  • ルーター R3:R3-R8-R9-R5

  • ルーター R4:R4-R9-R5

ノードを完全に通過 N する LSP を保護するには、(N - 1)迂回をいくつでも使用できます。ローカル修復ポイントは、各バックアップ パスを維持するために定期的な更新メッセージを送信します。その結果、個々の LSP を保護するバックアップ パスの状態情報を維持することは、ローカル修復ポイントにとって大きなリソース負担となります。ネットワーク内の LSP の数を最小限に抑えるために、可能な場合は、迂回を保護された LSP にマージすることが望ましいです。迂回 LSP が同じ発信インターフェイスを持つ LSR で保護された LSP と交差すると、その LSP がマージされます。

施設のバックアップの実装

ファシリティ のバックアップ アプローチでは、ローカル修復ポイントが 1 つのバックアップ パスを維持し、ローカル修復ポイント、ファシリティ、マージ ポイントを通過する一連のプライマリ LSP を保護します。ファシリティのバックアップは、LSP ではなくインターフェイスに基づいています。高速再ルートは、LSP のパス全体に沿ってインターフェイスまたはノードを保護しますが、必要に応じてファシリティ バックアップ保護をインターフェイスに適用できます。その結果、維持と更新が必要な状態が減少し、拡張性に優れたソリューションが実現します。ファシリティ バックアップ方法は、多対 1 バックアップとも呼ばれます。

ファシリティ のバックアップ方法では、MPLS ラベル スタックを活用します。バックアップされた LSP ごとに個別の LSP を作成する代わりに、一連の LSP をバックアップする役割を果たす 1 つの LSP が作成されます。このような LSP トンネルはバイパス トンネルと呼ばれます。この方法では、リンク障害からすぐにアップストリームのルーターが代替インターフェイスを使用してトラフィックをダウンストリーム ネイバーに転送します。マージ ポイントは、すぐにダウンストリームのノードをファシリティに転送する必要があります。これは、障害が発生したリンクを通過するすべての保護された LSP によって共有されるバイパス パスを事前に確立することで実現されます。単一のバイパス パスにより、一連の保護された LSP を保護できます。障害が発生すると、リンク障害スイッチの上流にあるルーターがトラフィックをバイパス リンクに保護し、リンク障害をイングレス ルーターに通知します。

バイパス トンネルは、ローカル修復ポイントの下流にある元の LSP のパスと交差する必要があります。これは、一般的なダウンストリーム ノードを通過する LSP のセットに、そのバイパス トンネルを介してバックアップされる LSP のセットを制約します。ローカル修復ポイントを通過し、この共通ノードを通過し、バイパス トンネルに関係する設備も使用しない LSP はすべて、この LSP セットの候補です。

施設のバックアップ方法は、以下の場合に適しています。

  • 保護する LSP の数が多い。

  • バイパス パスのパス選択基準(優先度、帯域幅、リンクカラーリング)を満たすことはあまり重要ではありません。

  • 個々の LSP をきめ細かく制御する必要はありません。

では 図 4、ルーターR1とR5はそれぞれイングレスルーターとエグレスルーターです。ルーターR2は、ルーターR2-R3リンクとルーターR3ノードの障害から保護するバイパストンネルを確立しました。ルーター R6 と R7 の間にバイパス トンネルが確立されます。保護のために同じバイパス トンネルを使用している 3 つの異なる保護 LSP があります。

図 4: 施設のバックアップ施設のバックアップ

施設のバックアップ方法により拡張性が向上します。この場合、同じバイパス トンネルを使用して、ルーター R4、R5、R9 のいずれかから、ルーター R1、R2、R8 から LSP を保護することもできます。

LSP で使用されるインターフェイスでのリンク保護の設定

「LSP のノード保護またはリンク保護の設定」の説明に従って、LSP 用ルーターで ノード保護またはリンク保護を設定する場合は、LSP が使用する RSVP インターフェイスにステートメントを設定 link-protection する必要もあります。

LSP で使用されるインターフェイスでリンク保護を設定するには、 link-protection ステートメントを含めます。

このステートメントは、以下の階層レベルに含めることができます。

  • [edit protocols rsvp interface interface-name]

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols rsvp interface interface-name]

link-protection のすべてのステートメントはオプションです。

次のセクションでは、リンク保護を構成する方法について説明します。

バイパス LSP の設定

バイパス LSP に対して特定の帯域幅とパスの制約を設定できます。ルーターの各手動バイパス LSP には、固有の「to」IP アドレスが必要です。また、複数のバイパス LSP を有効にするときに生成される各バイパス LSP を個別に設定することもできます。バイパス LSP を個別に設定しない場合は、すべて同じパスと帯域幅の制約(存在する場合)を共有します。

バイパス LSP に bandwidth、、 hop-limitおよび path ステートメントを指定すると、これらの値が階層レベルで [edit protocols rsvp interface interface-name link-protection] 設定された値よりも優先されます。その他の属性(subscription、、 no-node-protection、) optimize-timerは、一般的な制約から継承されます。

バイパス LSP を設定するには、ステートメントを使用してバイパス LSP の名前を bypass 指定します。名前の長さは最大 64 文字です。

このステートメントは、以下の階層レベルに含めることができます。

  • [edit protocols rsvp interface interface-name link-protection]

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols rsvp interface interface-name link-protection]

バイパス LSP のネクスト ホップ またはネクストネクスト ホップ ノード アドレスの設定

バイパス LSP を設定する場合は、ステートメントも設定する to 必要があります。ステートメントは to 、即時のネクスト ホップ ノード(リンク保護用)またはネクストネクスト ホップ ノード(ノードリンク保護用)のインターフェイスのアドレスを指定します。指定されたアドレスは、これがリンク保護バイパスかノードリンク保護バイパスかを決定します。マルチアクセス ネットワーク(LAN など)では、このアドレスを使用して、保護するネクスト ホップ ノードを指定します。

バイパス LSP の管理グループの構成

リンクカラーリングまたはリソースクラスとも呼ばれる管理グループには、同じ色のリンクが概念的に同じクラスに属するような、リンクの「色」を記述する属性が手動で割り当てられます。管理グループを使用して、さまざまなポリシーベースの LSP 設定を実装できます。バイパス LSP 用に管理グループを設定できます。管理グループの構成の詳細については、「 LSP の管理グループの構成」を参照してください。

バイパス LSP 用に管理グループを設定するには、次のステートメントを admin-group 含めます。

すべてのバイパス LSP の管理グループを構成するには、次の admin-group 階層レベルでステートメントを含めます。

  • [edit protocols rsvp interface interface-name link-protection]

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols rsvp interface interface-name link-protection]

特定のバイパス LSP の管理グループを構成するには、次の admin-group 階層レベルでステートメントを含めます。

  • [edit protocols rsvp interface interface-name link-protection bypass bypass-name]

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols rsvp interface interface-name link-protection bypass bypass-name]

バイパス LSP の帯域幅の設定

自動生成されたバイパス LSP に割り当てられる帯域幅の量を指定することも、各 LSP に割り当てられた帯域幅の量を個別に指定することもできます。

複数のバイパス LSP を有効にしている場合は、このステートメントが必要です。

帯域幅の割り当てを指定するには、次のステートメントを bandwidth 含めます。

自動生成されたバイパス LSP の場合は、次の bandwidth 階層レベルでステートメントを含めます。

  • [edit protocols rsvp interface interface-name link-protection]

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols rsvp interface interface-name link-protection]

個別に設定されたバイパス LSP の場合は、次の bandwidth 階層レベルでステートメントを含めます。

  • [edit protocols rsvp interface interface-name link-protection bypass bypass-name]

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols rsvp interface interface-name link-protection bypass bypass-name]

バイパス LSP のサービス クラスの設定

次のステートメントを含めて、バイパス LSP のサービス クラス値を class-of-service 指定できます。

自動生成されたすべてのバイパス LSP にサービス クラス値を適用するには、次の階層レベルでステートメントを含めます class-of-service

  • [edit protocols rsvp interface interface-name link-protection]

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols rsvp interface interface-name link-protection]

特定のバイパス LSP に対してサービス クラス値を設定するには、次の class-of-service 階層レベルでステートメントを含めます。

  • [edit protocols rsvp interface interface-name link-protection bypass bypass-name]

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols rsvp interface interface-name link-protection bypass bypass-name]

バイパス LSP のホップ制限の設定

バイパスが通過できるホップの最大数を指定できます。デフォルトでは、各バイパスは最大 255 ホップを通過できます(イングレス ルーターとエグレス ルーターはそれぞれ 1 ホップとしてカウントされるため、最小ホップ制限は 2 になります)。

バイパス LSP のホップ制限を設定するには、次のステートメントを hop-limit 含めます。

自動生成されたバイパス LSP の場合は、次の hop-limit 階層レベルでステートメントを含めます。

  • [edit protocols rsvp interface interface-name link-protection]

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols rsvp interface interface-name link-protection]

個別に設定されたバイパス LSP の場合は、次の hop-limit 階層レベルでステートメントを含めます。

  • [edit protocols rsvp interface interface-name link-protection bypass bypass-name]

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols rsvp interface interface-name link-protection bypass bypass-name]

バイパス LSP の最大数の設定

階層レベルのステートメントを使用して max-bypasses 、インターフェイスの保護に許容される動的バイパス LSP の最大数を [edit protocols rsvp interface interface-name link-protection] 指定できます。このステートメントを設定すると、リンク保護のための複数のバイパスが有効になります。CAC(コール アドミッション コントロール)も有効です。

デフォルトでは、このオプションは無効になっており、インターフェイスごとに1つのバイパスのみが有効になっています。ステートメントの間0の値を99max-bypasses設定できます。値 0 を設定すると、インターフェイスの動的バイパス LSP が作成できなくなります。ステートメントの0max-bypasses値を設定する場合、インターフェイスでリンク保護を有効にするには、1 つ以上の静的バイパス LSP を設定する必要があります。

ステートメントを設定する max-bypasses 場合は、ステートメントも設定する bandwidth 必要があります(で バイパス LSP の帯域幅の設定説明)。

保護されたインターフェイスのバイパス LSP の最大数を設定するには、次のステートメントを max-bypasses 含めます。

このステートメントは、以下の階層レベルに含めることができます。

  • [edit protocols rsvp interface interface-name link-protection]

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols rsvp interface interface-name link-protection]

バイパス LSP の CSPF の無効化

特定の状況下では、バイパス LSP の CSPF 計算を無効にし、可能な場合は設定された明示的ルート オブジェクト(ERO)を使用する必要がある場合があります。たとえば、バイパス LSP は複数の OSPF エリアまたは IS-IS レベルを通過する必要があり、CSPF の計算が機能しなくなる場合があります。この場合、リンクとノードの保護機能が適切に機能するようにするには、バイパス LSP の CSPF 計算を無効にする必要があります。

すべてのバイパス LSP または特定のバイパス LSP に対して CSPF 計算を無効にできます。

バイパス LSP の CSPF 計算を無効にするには、次のステートメントを no-cspf 含めます。

このステートメントを含めることができる階層レベルのリストについては、このステートメントのステートメントの要約を参照してください。

バイパス LSP のノード保護の無効化

RSVP インターフェイスでノード保護を無効にできます。リンク保護はアクティブなままです。このオプションを設定すると、ルーターはネクストホップ バイパスではなく、ネクスト ホップ バイパスのみを開始できます。

バイパス LSP のノード保護を無効にするには、次のステートメントを no-node-protection 含めます。

このステートメントは、以下の階層レベルに含めることができます。

  • [edit protocols rsvp interface interface-name link-protection]

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols rsvp interface interface-name link-protection]

バイパス LSP の最適化間隔の設定

ステートメントを使用して、バイパス LSP の最適化間隔を optimize-timer 設定できます。この間隔の終わりに、現在使用されているバイパスの数を最小限にするか、すべてのバイパスのために予約された帯域幅の合計量を最小化するか、またはその両方を試みる最適化プロセスが開始されます。1~65,535 秒の最適化間隔を設定できます。デフォルト値 0 は、バイパス LSP 最適化を無効にします。

ステートメントを optimize-timer 設定すると、次のいずれかの設定を構成または変更すると、バイパス LSP が自動的に再最適化されます。

  • バイパス LSP の管理グループ — バイパス LSP が使用するパスに沿ったリンク上で、管理グループの設定が変更されました。階層レベルでステートメントを admin-group 使用して管理グループを [edit protocols rsvp interface interface-name link-protection] 構成します。

  • フェイトシェアリンググループ - フェイトシェアリンググループの設定が変更されました。階層レベルでステートメントを使用してフェイ group トシェアリンググループを [edit routing-options fate-sharing] 設定します。

  • IS-IS 過負荷:IS-IS 過負荷の設定が、バイパス LSP で使用されるパスに沿ってルーターで変更されました。階層レベルでステートメントを overload 使用して IS-IS 過負荷を [edit protocols isis] 設定します。

  • IGP メトリック — バイパス LSP が使用するパスに沿ったリンク上で IGP メトリックが変更されました。

バイパス LSP の最適化間隔を設定するには、次のステートメントを optimize-timer 含めます。

このステートメントは、以下の階層レベルに含めることができます。

  • [edit protocols rsvp interface interface-name link-protection]

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols rsvp interface interface-name link-protection]

バイパス LSP の明示的パスの設定

デフォルトでは、隣接するネイバーにバイパス LSP を確立すると、CSPF が最小コスト パスを検出するために使用されます。ステートメント path を使用すると、明示的パス(ストリクト ルートまたはルーズ ルートのシーケンス)を設定して、バイパス LSP の確立場所と方法を制御できます。明示的なパスを設定するには、ステートメントを path 含めます。

自動生成されたバイパス LSP の場合は、次の path 階層レベルでステートメントを含めます。

  • [edit protocols rsvp interface interface-name link-protection]

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols rsvp interface interface-name link-protection]

個別に設定されたバイパス LSP の場合は、次の path 階層レベルでステートメントを含めます。

  • [edit protocols rsvp interface interface-name link-protection bypass bypass-name]

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols rsvp interface interface-name link-protection bypass bypass-name]

バイパス LSP にサブスクライブされる帯域幅の量の設定

バイパス LSP にサブスクライブする帯域幅の量を設定できます。バイパス LSP 全体またはバイパス LSP を通過するクラス タイプごとに帯域幅サブスクリプションを設定できます。1~65,535 パーセントの任意の値を設定できます。100% 未満の値を設定すると、バイパス LSP のサブスクリプションが不足しています。100% を超える値を設定すると、バイパス LSP はオーバーサブスクリプションされます。

バイパス LSP の帯域幅をオーバーサブスクリプションする機能により、ネットワーク リソースをより効率的に使用できます。ピーク負荷とは対照的に、平均ネットワーク負荷に基づいてバイパス LSP の帯域幅を設定できます。

バイパス LSP にサブスクライブする帯域幅の量を設定するには、次のステートメントを subscription 含めます。

このステートメントは、以下の階層レベルに含めることができます。

  • [edit protocols rsvp interface interface-name link-protection]

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols rsvp interface interface-name link-protection]

バイパス LSP の優先度とプリエンプションの設定

より重要な LSP を確立するための帯域幅が不足している場合は、帯域幅を解放するために、あまり重要でない既存の LSP を破棄する必要があります。これを行うには、既存の LSP をプリエンプションします。

LSP の設定優先度と予約優先度の設定の詳細については、「LSP の 優先度とプリエンプションの設定」を参照してください

バイパス LSP の優先度とプリエンプション プロパティを設定するには、次のステートメントを priority 含めます。

このステートメントを含める階層レベルのリストについては、このステートメントのステートメント要約セクションを参照してください。

LSP のノード保護またはリンク保護の設定

ルーターまたはスイッチでノード保護またはリンク保護を設定すると、ルーター(スイッチ)を通過する LSP のネクストホップ ルーターまたはネクストネクスト ホップ ルーター(スイッチ)にバイパス LSP が作成されます。保護する LSP ごとに、ノード保護またはリンク保護を設定する必要があります。LSP が使用するパス全体に保護を拡張するには、LSP が通過する各ルーターで保護を設定する必要があります。

ノード保護またはリンク保護は、静的 LSP と動的 LSP の両方に対して設定できます。

指定された LSP のルーターでノード保護を設定するには、次のステートメントを node-link-protection 含めます。

このステートメントは、以下の階層レベルに含めることができます。

指定された LSP のルーターでリンク保護を設定するには、 link-protection ステートメントを含めます。

このステートメントは、以下の階層レベルに含めることができます。

注:

ノードまたはリンク保護の設定を完了するには、「 LSP で使用されるインターフェイスでのリンク保護の設定」の説明に従って、LSP が通過するすべての一方向 RSVP インターフェイスでリンク保護を設定する必要もあります。