Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

シャーシ クラスタ ファブリック インターフェイス

SRX シリーズクラスタ内のデバイスは、セッション同期にファブリック(fab)インターフェイスを使用し、2台のシャーシ間でトラフィックを転送します。ファブリック リンクは、同じ LAN 上の 2 つのイーサネット インターフェイス間の物理接続です。どちらのインターフェイスも同じメディア タイプである必要があります。詳細については、以下のトピックを参照してください。

シャーシ クラスタ ファブリック インターフェイスについて

ファブリックはクラスタの2つのノード間の物理的な接続であり、イーサネット インターフェイスのペアをバックツーバックで接続することで形成されています(各ノードから1つ)。

制御リンクとは異なり、インターフェイスはシステムによって決定されます。設定でファブリック データ リンクに使用する物理インターフェイスを指定します。

ファブリックはノード間のデータ リンクであり、シャーシ間のトラフィックの転送に使用されます。もう一方で処理する必要があるノードに到着したトラフィックは、ファブリック データ リンクを通じて転送されます。同様に、他のノードのインターフェイスを介して終了する必要があるノード上で処理されたトラフィックは、ファブリックを介して転送されます。

データ リンクはファブリック インターフェイスと呼ばれます。クラスターのパケット転送エンジンがトランジット トラフィックを送信し、ソフトウェアの動的データ プレーンを同期するために使用されます。ファブリックは、認証、ネットワーク アドレス変換(NAT)、アプリケーション層ゲートウェイ(ALG)、IPセキュリティ(IPsec)セッションなどの操作によって作成されたセッション状態オブジェクトを同期します。

システムがファブリック インターフェイスを作成すると、パケット送信に使用する内部から派生した IP アドレスがソフトウェアによって割り当てられています。

注意:

シャーシ クラスタ上でファブリック インターフェイスを設定した後、いずれかのノードでファブリック設定を削除すると、冗長グループ 0(RG0)セカンダリ ノードが無効化された状態に移行します。(デバイスを工場出荷時のデフォルト設定にリセットすると、ファブリック設定が削除され、RG0セカンダリ ノードが無効化された状態に移行します)。ファブリック設定がコミットされた後は、どちらのデバイスも工場出荷時のデフォルト設定にリセットしません。

SRX シリーズデバイス用にサポートされているファブリック インターフェイスタイプ(SRX300シリーズ、SRX550M、SRX1500、SRX4100/SRX4200、SRX4600、SRX5000シリーズ)

シャーシ SRX シリーズの場合、ファブリック リンクはクラスタをまたがるイーサネット インターフェイスの任意のペアにできます。ファブリック リンクには、ギガビット イーサネット インターフェイスの任意のペアを使用できます。例:

  • デバイスSRX300、SRX320、SRX340、SRX550M、SRX345の各デバイスでは、ファブリック リンクをギガビット イーサネット インターフェイスの任意のペアにできます。SRX380デバイスの場合、ファブリック リンクはギガビット イーサネット インターフェイスの任意のペア、または任意のペアの10ギガビット イーサネット インターフェイスにできます。

  • SRX550M SRX シリーズで構成されたシャーシ クラスタの場合、Mini-PIM 上の SFP インターフェイスをファブリック リンクとして使用することはできません。

  • たとえばSRX1500 クラスタをまたがるイーサネット インターフェイスの任意のペアをファブリック リンクにできます。ファブリック リンクには、ギガビット イーサネット インターフェイスの任意のペアまたは任意のペアの10ギガビット イーサネット インターフェイスを使用できます。

  • SRX4100およびSRX4200デバイスでサポートされているファブリック インターフェイスのタイプは、10ギガビット イーサネット(xe)(10ギガビット イーサネット インターフェイスSFP+スロット)です。

  • SRX4600デバイスでサポートされているファブリック インターフェイスのタイプは、40ギガビット イーサネット(et)(40ギガビット イーサネット インターフェイス QSFPスロット)と10ギガビット イーサネット(xe)です。

  • デバイスでサポートされるサポートされるファブリック インターフェイスSRX5000 シリーズタイプは次のとおりです。

    • 高速イーサネット

    • ギガビット イーサネット

    • 10 ギガビット イーサネット

    • 40 ギガビット イーサネット

    • 100 ギガビット イーサネット

      Junos OS 12.1X46-D10およびJunos OSリリース17.3R1から、100ギガビット イーサネット インターフェイスが複数のデバイスでSRX5000 シリーズされています。

      Junos OS リリース 19.3R1 から、SRX5K-IOC4-10G および SRX5K-IOC4-MRAT は、SRX5000 シリーズ デバイスで SRX5K-SPC3 とともにサポートされています。SRX5K-IOC4-10G MPIC で MACsec をサポート。

管理、制御、ファブリック リンクのポートおよびインターフェイスの使用状況について、詳しくは SRX シリーズ シャーシ クラスタ スロットの番号付けと物理ポートおよび論理インターフェイス命名規則について を 参照してください

ジャンボ フレームのサポート

ファブリック データ リンクはフラグメント化をサポートしていない。この状態に対応するために、デフォルトでは、SRX シリーズデバイスの最大送信単位(MTU)サイズで9014バイト(イーサネット ヘッダーで9,000バイト+イーサネット ヘッダーで14バイト)のジャンボ フレームのサポートが有効になっています。データ リンクを通過するトラフィックがこのサイズを超えなえないように、他のインターフェイスではファブリック データ リンクのリンクリンクのリンク リンクのリンク サイズを超MTU推奨します。

IOC2およびIOC3用SRX5000ライン デバイスのファブリック インターフェイスについて

Junos OS リリース 15.1X49-D10 より、SRX5K-MPC3-100G10G(IOC3)と SRX5K-MPC3-40G10G(IOC3)が導入されます。

SRX5K-MPC(IOC2)は、SRX5400、SRX5600、およびデバイスでサポートされるMPC(モジュラー ポート コンセントレータ)SRX5800。このインターフェイス カードは、さまざまなネットワーク メディア タイプに物理接続を提供するためにサービス ゲートウェイにイーサネット ポートを追加する、モジュラー インターフェイス カード(MIC)に対応しています。MPC と MIC は、シャーシ クラスタ用のファブリック リンクをサポートしています。SRX5K-MPC は、10 ギガビット イーサネット(MIC x 10)、40 ギガビット イーサネット、100 ギガビット イーサネット、20 個の 1GE イーサネット ポートをファブリック ポートとして提供します。デバイスSRX5400では、SRX5K-MPC(IOC2)のみサポートされています。

SRX5K-MPC3-100G10G(IOC3)とSRX5K-MPC3-40G10G(IOC3)は、SRX5400、SRX5600、SRX5800でサポートされているMPC(モジュラー ポート コンセントレータ)です。これらのインターフェイス カードは、MIC(モジュラー インターフェイス カード)に対応し、サービス ゲートウェイにイーサネット ポートを追加して、さまざまなネットワーク メディア タイプに物理接続を提供します。MPC と MIC は、シャーシ クラスタ用のファブリック リンクをサポートしています。

IOC3 モジュラー ポート コンセントレータ(MPC)には 2 種類あり、MPC は 24 個の 10GE + 6 個の 40GE MPC、2 個の 100GE + 4 個の 10GE MPC です。

電力と熱の制約により、24x10GE + 6x40GEの4個のPCはすべて電源をオンにできません。同時に最大 2 つの PIC の電源をオンにできます。

コマンドを set chassis fpc <slot> pic <pic> power off 使用して、電源をオンにしたいPICを選択します。

シャーシ クラスタ内の SRX5400、SRX5600、SRX5800 デバイスでは、SRX5K-MPC3-40G10G(IOC3)上のファブリック リンクを含むICの電源を切り、代替のICをオンにした場合、常に以下を確認します。

  • 新しいファブリック リンクは、オンになっている新しい PIC で設定されます。RTO の損失を最小限に抑えるには、少なくとも 1 つのファブリック リンクが存在し、オンラインである必要があります。

  • シャーシ クラスタはアクティブ/パッシブ モードで、代替リンクがオンラインに接続された後の RTO 損失を最小限に抑えます。

  • 有効になっているIC上に代替ファブリック リンクが設定されていない場合、ファブリックのリンクが欠落のため、2つのノード間のRTO同期通信が停止し、シャーシ クラスタ セッション状態はバックアップされません。コマンドを使用して、CLIのシャーシ クラスタ状態の詳細と出力を表示 show chassis cluster interfaces できます。

セッションの RTI について

アクティブ/データ プレーン モードで動作するこのソフトウェアは、フロー処理とセッション状態の冗長性を管理し、トランジット トラフィックを処理します。特定のセッションに属するすべてのパケットは、同じノード上で処理され、同じセキュリティ処理が適用されます。システムは、セッションがアクティブなノードを識別し、そのノードにパケットを転送して処理します。(パケットが処理された後、パケット転送エンジンがローカル ではない場合に、そのエグレス インターフェイスが存在するノードにパケットを送信します)。

セッション(またはフロー)の冗長性を確保するために、データ プレーン ソフトウェアは、1 つのノードからファブリック データ リンクを越えて、ランタイム オブジェクト(RTOs)と呼ばれる特別なペイロード パケットを別のノードに送信することで、状態を同期します。ノード間でセッションに関する情報を送信することで、フェイルオーバーが発生した場合に、セッションの一貫性と安定性が確保されます。そのため、システムは既存のセッションに属するトラフィックを引き続き処理できます。2 つのノード間でセッション情報が常に同期されるのを確認するために、ネットワーク ソフトウェアデータ プレーン転送トラフィックに対する RTOs 転送の優先度が設定されます。

このソフトウェアデータ プレーン、UDP および TCP セッション用の RTI を作成し、状態の変更を追跡します。また、GRE(汎用ルーティング カプセル化)や IPsec などの IPv4 パススルー プロトコルのトラフィックも同期します。

セッションを同期する RTI は次のとおりです。

  • 最初のパケットでのセッション作成 RTOs

  • セッションの削除とエイジアウト型の RTI

  • 変更関連のRTOSには、次の機能が含わります。

    • TCP の状態の変更

    • 同期要求および応答メッセージをタイムアウトします。

    • ファイアウォールの一時的な開口部(ピンホール)と子のセッションのピンホールを作成および削除するための RTOs

データ転送について

たとえばJunos OSフローのセッションが確立され、アクティブである単一ノード上でフロー処理が行われます。このアプローチにより、セッションに属するすべてのパケットに同じセキュリティ対策が適用されます。

シャーシ クラスタは、1 つのノード上のインターフェイス上でトラフィックを受信して、もう一方のノード上のインターフェイスに送信できます。(アクティブ/アクティブ モードでは、トラフィックのイングレス インターフェイスが 1 つのノード、もう一方のノードのエグレス インターフェイスに存在する可能性があります)。

このトラバーサルは、以下の状況で必要になります。

  • パケットは1つのノードで処理されますが、もう一方のノードのエグレス インターフェイスから転送する必要がある場合

  • パケットが 1 つのノード上のインターフェイスに到着するが、もう一方のノードで処理する必要がある場合

    パケットの受信/送信インターフェイスが 1 つのノード上にあるのに、セッションが確立されたため、もう一方のノードでパケットを処理する必要がある場合、データ リンクを 2 回通過する必要があります。これは、VoIP(voice-over-IP)セッションなどの一部の複雑なメディア セッションに当てはできます。

ファブリック データ リンクの障害と復旧について

侵入検出および防止(IDP)サービスはフェイルオーバーをサポートしません。このため、フェイルオーバー IDP前に存在していたセッションには、サービス の設定は適用されません。IDPプライマリ ノードで作成された新しいセッションには、このサービスが適用されます。

ファブリック データ リンクは、シャーシ クラスタにとって不可欠です。リンクが使用できない場合、トラフィック転送と RTO 同期が影響を受け、トラフィックが損失し、システムの動作が予測不能になる可能性があります。

この可能性を排除するために、Junos OS はファブリック監視を使用して、デュアル ファブリック リンク設定の場合、ファブリック リンクの場合は 2 つのファブリック リンクを、ファブリック リンクを介してプローブを定期的に送信して利用できるかどうかを確認します。障害Junos OSが検出されると、セカンダリ ノードの RG1+ ステータスは対象外に変わります。ファブリック プローブを受信していないが、ファブリック インターフェイスがアクティブである場合、ファブリック障害が発生したと判断します。この状態から回復するには、ファブリック リンクの両方がオンライン状態に戻って、プローブの交換を開始する必要があります。これが起こるとすぐに、以前は使いこなかったノード上のすべての FPC がリセットされます。その後 オンラインの状態が表示され クラスタに再び接続されます

セカンダリ ノードが無効になっている間に設定に変更を加えた場合、コマンドを実行してノードを再起動した後に設定 commit を同期します。設定を変更しなかった場合は、設定ファイルはプライマリ ノードのファイルと同期されたままです。

Junos OS リリース 12.1X47-D10 および Junos OS リリース 17.3R1 より、ファブリック監視機能はデフォルトで SRX5800、SRX5600、SRX5400 デバイスで有効になっています。

リリース Junos OS リリース 12.1X47-D10、Junos OS リリース 17.3R1から、ファブリックのリンクと同期の回復は自動的に行われます。

プライマリ ノードとセカンダリ ノードの両方が正常で(つまり障害が発生なし)、ファブリックのリンクがダウンすると、セカンダリ ノード上の RG1+ 冗長グループは機能しなくなります。ノードの 1 つが(つまり障害が発生している)と、このノード(プライマリ ノードまたはセカンダリ ノード)の RG1+ 冗長グループは機能しなくなります。両方のノードに問題が起き、ファブリック のリンクがダウンすると、セカンダリ ノード上の RG1+ 冗長グループは機能しなくなります。ファブリックリンクが起動すると、RG1+ が作動不能になったノードがすべてのサービス処理ユニットでコールド同期を実行し、アクティブスタンバイに移行します。

  • RG0 が正常なノード上でプライマリである場合、RG0 は正常なノードに障害が発生して障害が発生します。たとえば、ノード 0 が RG0+ でプライマリで、ノード 0 が正常に機能しない場合、ノード 0 の RG1+ はファブリック リンク障害が 66 秒発生した後は対応不能に移行し、RG0+ はノード 1 にオーバー オーバーします。これは正常なノードです。

  • RG1+ のみ、実行不能な状態に移行します。RG0 は引き続きプライマリまたはセカンダリの状態です。

CLI show chassis cluster interfaces コマンドを使用して、ファブリック リンクのステータスを検証します。

例:シャーシ クラスタ ファブリック インターフェイスの設定

この例では、シャーシ クラスタ ファブリックを設定する方法を示しています。ファブリックは、クラスタ内のノード間のバックアンドバックデータ接続です。もう一方のノードで処理する必要があるノード、またはもう一方のノードのインターフェイスを介して出る必要がある 1 つのノード上のトラフィックがファブリックを通過します。セッションの状態情報もファブリックを通過します。

要件

開始する前に、シャーシ クラスタIDとシャーシ クラスタ ノードIDを設定します。例 : シャーシ クラスタ内のセキュリティ デバイスのノードIDとクラスタIDの設定 を参照してください

概要

シャーシ クラスタSRX シリーズのほとんどのデバイスでは、任意のペアのギガビット イーサネット インターフェイス、または任意のペアの 10 ギガビット インターフェイスを、ノード間のファブリックとして機能として設定できます。

ファブリック インターフェイスでフィルター、ポリシー、サービスを設定することはできません。ファブリック リンクでは、フラグメント化はサポートされていません。ファブリック インターフェイスMTUの最大MTUは9014バイトで、他のインターフェイスの最大MTUサイズは8900バイトです。メンバー リンクでのジャンボ フレームのサポートはデフォルトで有効になっています。

この例では、ファブリック リンクを設定する方法を示しています。

ファブリック の子として設定できるのは、同じタイプのインターフェイスのみです。および の子リンクの数は等しく fab0 設定する必要があります fab1

各ファブリック リンクをスイッチを通じて接続する場合、対応するスイッチ ポートでジャンボ フレーム機能を有効にする必要があります。両方のファブリック リンクが同じスイッチを介して接続されている場合、RTO とプローブのペアは 1 つの VLAN(仮想 LAN)に、データ ペアは別の VLAN にある必要があります。ここでは、ジャンボ フレーム機能も対応するスイッチ ポートで有効にする必要があります。

構成

手順

CLI迅速な設定

この例を迅速に設定するには、以下のコマンドをコピーして、テキスト ファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更し、コマンドを階層レベルで CLI にコピー アンド ペーストして、設定モードから を入力します。 [edit] commit

手順

シャーシ クラスタ ファブリックを設定するには、次の手順に合います。

  • ファブリック インターフェイスを指定します。

結果

設定モードから、 コマンドを入力して設定を確認 show interfaces します。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の設定手順を繰り返して設定を修正します。

簡単に言えば、この show コマンド出力には、この例に関連する設定のみ含まれています。システム上のその他の構成は、入れ替え(... )

デバイスの設定が完了したら、設定モード commit から を入力します。

検証

シャーシ クラスタ ファブリックの検証

目的

シャーシ クラスタ ファブリックを検証します。

アクション

動作モードから コマンドを入力 show interfaces terse | match fab します。

シャーシ クラスタ データ プレーン インターフェイスの検証

目的

シャーシ クラスタとインターフェイスデータ プレーンを表示します。

アクション

オプションから CLI コマンドを入力 show chassis cluster data-plane interfaces します。

シャーシ クラスタ データ プレーン統計情報の表示

目的

シャーシ クラスタクラスタとデータ プレーンを表示します。

アクション

オプションから CLI コマンドを入力 show chassis cluster data-plane statistics します。

シャーシ クラスタ データ プレーン統計情報の消去

表示されたシャーシ クラスタクラスタデータ プレーンを消去するには、次のコマンドを入力して clear chassis cluster data-plane statistics CLI。

リリース履歴テーブル
リリース
説明
19.3R1
Junos OS リリース 19.3R1 から、SRX5K-IOC4-10G および SRX5K-IOC4-MRAT は、SRX5000 シリーズ デバイスで SRX5K-SPC3 とともにサポートされています。SRX5K-IOC4-10G MPIC で MACsec をサポート。
15.1X49-D10
Junos OS リリース 15.1X49-D10 より、SRX5K-MPC3-100G10G(IOC3)と SRX5K-MPC3-40G10G(IOC3)が導入されます。
12.1X47
Junos OS リリース 12.1X47-D10 および Junos OS リリース 17.3R1 より、ファブリック監視機能はデフォルトで SRX5800、SRX5600、SRX5400 デバイスで有効になっています。
12.1X47
リリース Junos OS リリース 12.1X47-D10、Junos OS リリース 17.3R1から、ファブリックのリンクと同期の回復は自動的に行われます。
12.1X46
Junos OS リリース 12.1X46-D10 および Junos OS リリース 17.3R1から、100 ギガビット イーサネット インターフェイスは複数のデバイスでSRX5000 シリーズされています。