Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

MX シリーズ ルーターの MPC4E でサポートされるプロトコルとアプリケーション

表 1 は、MPC4E 上のプロトコルとアプリケーションに対する最初の Junos OS リリース サポートを示しています。プロトコルとアプリケーションは、Junos OS リリース 12.2 と同等の機能をサポートしています。ダッシュは、プロトコルまたはアプリケーションがサポートされていないことを示します。

表 1:MX シリーズ MPC4E でサポートされるプロトコルとアプリケーション

プロトコルまたはアプリケーション

初めてサポートされる Junos OS リリース

Bidirectional Forwarding Detection Protocol(BFD)

12.3R2

境界ゲートウェイ プロトコル(BGP)

12.3R2

BPDU(ブリッジ プロトコル データ ユニット)

12.3R2

サービス クラス(CoS):

12.3R2

ポート当たりの CoS(サービス クラス):

  • ポート当たり 8 個のキュー

  • キュー レベルでの過剰レートと過剰優先度の設定

  • ポート レベルおよびキュー レベルでのシェーピング

  • 過剰優先度クラス当たりの WRR(Weighted Round-Robin)に基づくキューのスケジューリング

  • 優先度クラスごとのキューのラウンドロビン スケジューリング

  • WRED(Weighted Random Early Detection)

  • ポート単位キューのレート制限オプション

12.3R2

メモ:

きめ細かなキューイングと入力キューイングはサポートされていません。

仮想 LAN(VLAN)当たりの CoS(サービス クラス):

  • アカウンティング、フィルタリング、ポリシー設定

  • IEEE 802.1p の書き換え

  • 分類

  • 三色マーキング

12.3R2

接続障害管理(CFM)プロトコルと機能(IEEE 802.1ag):

12.3R2

DDoS(分散型サービス拒否)防御

12.3R2

分散型定期的パケット管理プロセス(PPMP)

12.3R2

DVMRP(Distance Vector Multicast Routing Protocol)トンネル-アクセス側とサーバー側

12.3R2

イーサネット アラーム表示信号(ETH-AIS)機能の概要

12.3R2

複数の G.8032 インスタンスを使用したイーサネット リング保護スイッチング

12.3R2

ファイアウォール フィルターとポリサー:

12.3R2

柔軟なイーサネット カプセル化

12.3R2

グレースフル ルーティング エンジン スイッチオーバー(GRES)

12.3R2

一般的なルーティングカプセル化トンネリングの設定 - アクセス側とサーバー側

12.3R2

スヌーピングが無効なIGMPv3のサポート

12.3R2

イングレス/エグレス階層型 CoS(サービス クラス オブ サービス)シェーピングと 階層型スケジューラ:

  • VLAN(仮想LAN)レベルのグループ

  • VLAN レベル

  • ポート レベル

インライン フロー監視

12.3R2

Trio MPC/MIC インターフェイスのインテリジェントなオーバーサブスクリプション

12.3R2

IRB(Integrated Routing and Bridging)

12.3R2

統合型 インサービス ソフトウェア アップグレード(統合型 ISSU)

13.3

MXシリーズフレキシブルPICコンセントレータ(MX-FPC)との相互運用性

12.3R2

MPC と既存の DPC との相互運用性

12.3R2

ジュニパーネットワークス 100 ギガビット イーサネット PIC との相互運用性

12.3R2

MXシリーズアプリケーションサービスモジュラーラインカード(AS-MLC)との相互運用性

12.3R2

IPv4

12.3R2

IPv4 マルチキャスト

12.3R2

IPv6

12.3R2

IPv6 MLD(Multicast Listener Discovery)

12.3R2

IPv6 マルチキャスト

12.3R2

IPv6 Neighbor Discovery Protocol(NDP)

12.3R2

イミディエイト システムツー中間システム(IS-IS)

12.3R2

ITU-T Y.1731タイムスタンプサポート(MXシリーズルーター)

12.3R2

フロー監視とサービス:

  • アクティブな監視(複数の v9 j-flow テンプレート)

  • アクティブな監視:cflowed v9 IPv6 テンプレート

  • アクティブモニタリング:cflowd V9/PFEサンプリングサポート

  • レイヤー 2 ブリッジング トラフィック用ポート ミラーリング(ファミリー イーサネット スイッチング)

    • レイヤー 2 VPLS トラフィックのポート ミラーリング(ファミリー vpls)

    • CCC(回線クロスコネクト)を介したレイヤー 2 VPN トラフィックのポート ミラーリング

    • VPWS(仮想プライベート ワイヤ サービス)

    • マルチサービス DPC のフロー監視

    • ポート ミラーリング用パケット スライス

    • インライン Jflow 監視(IPFIX)

12.3R2

アカウンティング、ポリサー、フィルタリングを含むラベル付きスイッチ パス(LSP)

12.3R2

ラベル配布プロトコル(LDP)

12.3R2

加入者管理 -

レイヤー 2 機能:

  • IRB(Integrated Routing and Bridging)

  • スパニング ツリー プロトコル

  • Link Layer Discovery Protocol(LLDP)

  • ブリッジ プロトコル データ ユニット(BPDU)ガード

  • ブリッジ プロトコル データ ユニット(BPDU)ループ ガード

  • レイヤー 2 トンネリング プロトコル(L2TP)

  • トランク ポート

  • IEEE 802.1adプロバイダブリッジ

  • MC-LAG(マルチシャーシ リンク アグリゲーション グループ):アクティブ/アクティブ/アクティブ/スタンバイ

  • MC-LAG—IGMP スヌーピングを使用したアクティブ/アクティブ

  • MC-LAG VLAN –ccc インターフェイス カプセル化

  • レイヤー 2 プロトコル トンネリング(L2PT)のサポート

  • ブリッジング、IRB、VPLS による IGMP スヌーピング

  • 論理システムにおけるレイヤー 2 ラーニングおよび転送の概要

  • スタティック ルート のサポート

  • リンク アグリゲーション グループ内の 64 メンバー

  • リンク アグリゲーション制御プロトコル プロセス(LACPd)の定期的なパケット管理デーモン(ppmd)および分散 PPMD

リリース

  • 12.3R2

  • 12.3R2

  • 13.3R1、12.3R4

  • 12.3R2

  • 12.3R2

  • -

  • 13.3R1

  • 13.3R1

  • 13.3R1

  • 13.3R1

  • 13.3R1

  • 12.3R2

  • 12.3R2

  • 13.2R1

  • 13.2R1

レイヤー 3 機能:

  • IPv6

  • プロトコル独立マルチキャスト ソース固有マルチキャスト(PIM SSM)

  • BfD(Bidirectional Forwarding Detection)

  • SSM(送信元固有マルチキャスト)範囲の ASM(Any-source multicast)グループ オーバーライド

  • コネクションレス ネットワーク サービス(CLNS)

  • データ マルチキャスト ドメイン トンネル(MDT)以降の SAFI(アドレス ファミリー識別子)

  • Draft-Rosen 7 マルチキャスト VPN

  • IRB(Integrated Routing and Bridging)インターフェイス上のマルチキャスト

  • 外部および内部 BGP(EIBGP)パスを使用した複合ネクスト ホップ

  • 外部および内部BGP(EIBGP)パス全体のトラフィックのVPNロードバランシングとIPヘッダーフィルタリング

  • GRE(Generic Routing Encapsulation)上の MPLS(マルチプロトコル ラベル スイッチング)

  • 論理トンネル インターフェイスの設定

リリース

  • 12.3R2

  • 12.3R2

  • 12.3R2

  • 12.3R2

  • 12.3R2

  • 12.3R2

  • 12.3R2

  • 12.3R2

  • 12.3R2

  • 13.2R1

  • 13.2R1

  • 13.2R1

リンク アグリゲーション(IEEE 802.3ad)

12.3R2

リンク アグリゲーション コントロール プロトコル(LACP)

12.3R2

Link Layer Discovery Protocol (LLDP)

ローカル ループバック

12.3R2

MAC 学習、ポリシー設定、アカウンティング、フィルタリング

12.3R2

モバイル IP

マルチサービス DPC(MS-DPC):

  • Junos Address Aware Network Addressingの概要

  • 侵入検出サービス(IDS)

  • NAT 用グレースフル ルーティング エンジン スイッチオーバー(GRES)

  • 侵入検知防御(IDP)の相互運用性

  • IP セキュリティ(IPSec)検知

  • TWAMP(双方向アクティブ測定プロトコル)相互運用性

  • RPM(リアルタイム パフォーマンス モニター)相互運用性

  • GRE 相互運用性

13.2R1

マルチシャーシ リンク アグリゲーション(MC-LAG)

13.3R1

複数タグ プロトコル識別子(TPID)

12.3R2

MPLS(マルチプロトコル ラベル スイッチング):

  • PseudoWire セグメントのスイッチング(BGP-L2VPN を使用したマルチセグメント PseudoWire)

  • VPLS(LDP-VPLS)および MAC フラッシュ メッセージ処理(MAC-FLUSH-TLV)の LDP シグナリング

  • Nodal Hello を使用した Cisco との RSVP グレースフル リスタート相互運用性

  • RSVP LSP の BFD セッション ダウンに対する障害アクション

  • OSPF および IS-IS ループフリー 代替(LFA)

  • 4/5 ラベル MPLS 運用

  • 仮想回線接続検証(VCCV)BFD

  • コマンドを使用 enhanced-ip したポイントツーマルチポイント(アグリゲート イーサネット上での NG-MVPN および P2MP ロード バランシングのサポート)

  • MPLS-FRR バイパス リンク保護

  • 64 個の ECMP ネクスト ホップにわたる負荷共有

  • MPLS-FRR VPLS インスタンスの優先度設定

  • イングレス上の5つのラベルスタック

  • GRE(汎用ルーティング カプセル化)キープアライブ メッセージ

  • 静的 LSP の MPLS ノード保護、リンク保護、統計

12.3R2

mvrp

MTR(マルチトポロジ ルーティング)

ノンストップ アクティブ ルーティング(NSR)

12.3R2

Open Shortest Path First(OSPF)

12.3R2

パケット ミラーリング

12.3R2

高精度時刻同期プロトコル(PTP)(IEEE 1588)

15.1R1

IEEE 802.1ahプロバイダバックボーンブリッジ(PBB)

定期的なパケット管理プロセス(PPMP)と分散 PPMP

12.3R2

イーサネット VPLS およびイーサネット CCC タグカプセル化でタグをプッシュする

リモート障害表示(RDI)

12.3R2

リソース予約プロトコル(RSVP)

12.3R2

ルーティング情報プロトコル(RIP)

12.3R2

SNMP

12.3R2

スパニング ツリー プロトコル:

12.3R2

同期イーサネット(SyncE)

12.3(SCBE 以降の場合)

TWAMP(双方向アクティブ測定プロトコル)

13.2

トンネル サービス

  • クリア DF ビット(ビットをフラグメント化しない)

12.3R2

TLV(タイプ、長さ、値) のサポート(IEEE 802.1ag)

番号なしイーサネット インターフェイス

12.3R2

VLAN IEEE 802.1Q:

  • VLAN のスタックと書き換え

  • 2 つのスタック VLAN タグで定義されたチャネル

  • 柔軟な VLAN タギング

  • 非標準 TPID およびスタック VLAN タグの IP サービス

12.3R2

バーチャル シャーシ(MX シリーズ):

13.2R1(12.3R4 TRD)

VPLS(仮想プライベートLANサービス):

  • AS間VPLS向けBGPマルチホーミング

  • コア側インターフェイスとしてのギガビット イーサネット

  • 設定可能なラベル ブロック サイズ

  • VPLS カプセル化、CCC カプセル化、MPLS カプセル化のためのイーサネット pseudowire の L3/L4 フィールドのハッシュ化

  • VPLS フラッド 転送テーブル フィルタ(FTF)、入力 FTF

  • LAG を介したブロードキャスト、ユニキャスト不明、マルチキャスト(BUM)トラフィック ハッシュ

  • 構成可能な MC-LAG(マルチシャーシ リンク アグリゲーション)インターフェイスにより、マルチシャーシアグリゲート イーサネット リンクがダウンしたり、ブリッジ ドメインで発生した場合に、レイヤー 2 およびレイヤー 3 のコンバージェンス時間を 1 秒未満の値に改善できます。

  • ブリッジング環境と VPLS ネットワークで MAC の移動を制御するための MAC ピン留め

12.3R2

仮想プライベート ネットワーク(VPN):

12.3R2

IPv4 用 VRRP(仮想ルーター冗長プロトコル)

12.3R2

メッシュ グループ間の適切なインターフェイス セットへの VPLS パケット フラッディング

12.3R2

WAN-PHYモード

12.3R2