Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

一般設定メニュー

概要 Juniper Secure Connect の [全般設定] メニューでは、アプリケーションの 全般設定 を構成できます。

右上隅にある 3 つの縦のドットをクリックし、[ 全般設定 ] を選択して、Juniper Secure Connect のいくつかの一般設定オプションを構成します。 図1を参照してください。

図1:一般設定オプション General Settings Options

表1 は、Juniper Secure Connectの全般設定オプションをまとめたものです。

表1:一般設定オプション

一般設定

アクション

統計の非表示

チェックボックスを選択すると、メイン画面の統計データが非表示になります。

通知アイコンを隠す

このチェックボックスをオンにすると、Juniper Secure Connectの通知アイコンが非表示になります。

テンキーを使用する

チェック・ボックスを選択すると、デフォルトでテンキーを使用してユーザー証明書の PIN が入力されます。

FIPS モード

チェック・ボックスを選択して、FIPS 認定暗号化ライブラリーを使用します。

IPsec クライアントには、FIPS 標準 140-2 に準拠した暗号化アルゴリズムが組み込まれています。埋め込まれた暗号化アルゴリズムは、証明書 #1747 で検証されています。

IPsec 接続の確立と暗号化に次のアルゴリズムを使用する場合、FIPS 準拠が維持されます。

  • Diffie Hellman グループ: グループ 2 から 14 (DH 長は 1024 ビットから 2048 ビットまで)

  • ハッシュ アルゴリズム: SHA1、SHA 256、SHA 384、または SHA 512 ビット

  • 暗号化アルゴリズム: AES と 128、192、256 ビットまたはトリプル DES

IPsec設定はSRXシリーズファイアウォールで構成できます。

メモ:

SRXシリーズファイアウォールとJuniper Secure Connectアプリケーションは、独立したFIPS準拠製品です。FIPS で評価された SRX シリーズ ファイアウォールのリモート アクセス VPN ソリューションについては、 Juniper Secure Connect を参照してください。

この後について

Juniper Secure Connectの機能およびオプションの設定方法の詳細については、 次を参照してください:接続メニュー、 統計メニュー、 ログブックメニュー、 インポート/エクスポートメニュー、 PINリセットメニュー、 バージョン情報メニュー