Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

QoS設定

メモ:

QoS 設定は、 スイッチの設定で説明されているスイッチ設定ワークフローの一部です。このトピックでは、QoS の概念と構成手順のみに焦点を当てた、より詳細な情報を提供します。

サービス品質(QoS)は、輻輳したネットワーク内の他のトラフィックよりも遅延の影響を受けやすいトラフィック(音声など)を優先するのに役立つトラフィック制御メカニズムです。Juniper Mist™におけるQoSの実装には、一般的に以下が含まれます。

  • トラフィックの分類。

  • トラフィックとキューのマッピング(転送クラス)の定義

  • 各キューのスケジューラーおよび書き換えルールを定義する。これらのルールは、各インターフェイス上のトラフィックの優先度設定、帯域幅制御、および輻輳管理を制御します。

  • インターフェイスへの QoS コンポーネントの適用

Juniper Mistでは、QoSはBA(動作集約)分類を利用し、受信トラフィックのDiffServコードポイント(DSCP)またはサービスクラス(CoS)値によって分類が決定されます。BA 分類器は、パケット ヘッダーの CoS 値を転送クラスと損失の優先度にマッピングします。

インターフェイスで QoS を有効にすると、クラスおよび書き換えルールに基づいて、そのポートに DSCP マーキングが追加されます。QoS メカニズムは、DSCP マーキングを持つ着信パケットを、次の表に示す 7 つの転送クラスのいずれかにマッピングします。

コードポイント/損失の優先度 転送クラス 送信キュー バッファサイズ(%) 送信レート(%) 優先度
Bve デフォルトアプリ 0 残り 残り
af41/低 af42/高 af43/高 cs4/低 ビデオ 1 8 8
af31/低 af32/高 af33/高 cs3/低 bizapp-af3 2 10 10
af21/低 af22/高 af23/高 bizapp-af2 3 10 10
af11/低 af12/高 af13/高 ネットツール 4 3 3
cs5/low ef/low 5 10 10 ストリクトハイ
nc1/低 nc2/低 ネットコントロール 7 3 3

前の表に示すように、パケット分類では、パケットの転送クラスに基づいて、着信パケットを出力キューに割り当てます。リンクでトラフィックが輻輳している場合、Juniper Mistは、レイテンシの影響を受けやすいトラフィック(音声トラフィックなど)を他のトラフィックよりも優先します(着信トラフィックが適切にマークされている場合)。また、Juniper Mistは、パケットがスイッチを出る際にマーキングを保持するように、書き換えルールを自動的に設定します。

スイッチ ポートで QoS を有効にする

スイッチ ポートの QoS は、スイッチの詳細ページまたはスイッチ テンプレートの ポート プロファイル タイルから設定できます。

スイッチ ポートで QoS を有効にするには:

  1. 組織レベルで QoS を設定するには、[ 組織 ] > [スイッチ テンプレート ] > template nameをクリックします。または、スイッチ レベルで QoS を設定する場合は、[ スイッチ > switch name] をクリックします。

  2. [ポート プロファイル] タイルから、更新するポート プロファイルを選択します。または、新しいポート プロファイルを作成する場合は、[ プロファイルの追加(Add Profile)] をクリックします。

  3. 設定で、[ QoS ] チェックボックスを必ずオンにします。

  4. ポートプロファイル設定ウィンドウの右上にあるチェックマークをクリックして、設定を保存します。

  5. ポート プロファイルで QoS を設定した後、QoS を設定するスイッチ ポートにプロファイルを割り当てます。この操作は、スイッチ設定テンプレートの スイッチの選択 セクションの ポート設定 タブ( スイッチ設定テンプレートの作成 を参照)または スイッチの詳細 ページの ポート 設定 セクション(スイッチの詳細)から行うことができます。

最適な結果を得るために、ダウンストリームとアップストリームの両方のポート プロファイルで QoS を有効にしてください。

QoS の上書き

WLAN設定ページでQoS設定を上書きするオプションもあります(サイト>WLAN>WLAN)。QoS 設定を上書きするには、QoS を上書きする チェックボックスを選択し、ワイヤレス アクセス クラスを選択します(WLAN オプションを参照)。ダウンストリームトラフィック(AP>クライアント)は、指定された上書きアクセスクラス値でマークされます。オーバーライド構成では、アップストリーム トラフィック(クライアント> AP)はサポートされていません。

ジュニパーEXスイッチのQoSの詳細については、 例:EXシリーズスイッチでCoSを構成するを参照してください。必要に応じて、スイッチの詳細ページの [追加のCLIコマンド]セクションにあるCLIを介して、追加のQoS設定更新を実行できます。

QoS 設定の確認(API)

次の例では “enable_qos”: true 、ポート プロファイル qos-testuplinkに対して を設定します。これは、ポート プロファイルで QoS が有効になっていることを示します。

CLI を使用した QoS 設定の確認

次に、スイッチの QoS 設定例を示します。

トラフィックに一致する QoS ポリシーとそれに対応するキュー カウンターを確認するには、次の手順を実行します。

  1. 次のコマンドを実行して、現在のインターフェイス統計情報とCoS情報を確認します。

  2. ビデオと音声のトラフィックを生成します。デバイスは、DSCP 値(ビデオ トラフィックの場合はキュー 1、音声トラフィックの場合はキュー 5)でトラフィックをマークします。

  3. show interfaces ge-0/0/0 extensiveコマンドを再実行します。[キューに入れられたパケット] と [送信されたパケット] の下に表示されるパケット数を表示できます。

関連項目: 例:EX シリーズ スイッチでの CoS の設定