Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

レイヤー 2 回線の概要

レイヤー 2 回線とは、サービス プロバイダのネットワーク上でマルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)やその他のトンネリング技術を使用して転送されるポイントツーポイントレイヤー 2 接続です。レイヤー 2 回線は CCC(回線クロスコネクト)と似ていますが、2 つのプロバイダ エッジ(PE)ルーター間の単一の共有ラベルスイッチ パス(LSP)トンネルを介して複数の仮想回線(VC)が転送される点が異なります。対照的に、各 CCC には個別の専用 LSP が必要です。

レイヤー 2 回線の Junos OS 実装は、レイヤー 2 回線のリモート形式のみをサポートします。つまり、ローカルカスタマーエッジ(CE)ルーターからリモートCEルーターへの接続です。 図 1 は、レイヤー 2 回線のコンポーネントを示しています。

図 1:レイヤー 2 回線 Components of a Layer 2 Circuitのコンポーネント

レイヤー 2 回線を確立するには、LDP(ラベル配布プロトコル)をシグナリング プロトコルとして使用して、イングレス ラベルをリモート PE ルーターにアドバタイズします。このために、LDP で説明されている拡張検出メカニズムを使用して、ターゲットのリモート LDP ネイバー セッションが確立され、そのセッションがリモート PE ループバック IP アドレスに起動されます。LDP はレイヤー 2 回線構成を確認し、すべてのレイヤー 2 回線ネイバー(リモートPE)の拡張ネイバー検出を開始するため、LDP では新しい設定は必要ありません。各レイヤー 2 回線は、ローカル PE ルーターをローカル カスタマー エッジ(CE)ルーターに接続する論理インターフェイスで表されます。拡張ネイバー検出が正しく機能するには、lo0.0 インターフェイスで LDP を有効にする必要があります。

パケットは、ターゲットを絞った LDP セッションを使用して、リモート PE ルーターによってアドバタイズされたエグレス VPN ラベルを介してリモート CE ルーターに送信されます。VPN ラベルは、LDP LSP を介して、リモート CE ルーターに接続されたリモート PE ルーターに送信されます。ローカル CE ルーター宛てのリモート CE ルーターからのリターン トラフィックは、ローカル PE ルーターによってアドバタイズされたイングレス VPN ラベルを使用して送信されます。このラベルは、LDP LSP を介してリモート PE ルーターからローカル PE ルーターに送信されます。