Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

MPLS加入者論理インターフェイスの確認

Pseudowire 加入者論理インターフェイスの概要

加入者管理では、ポイント to ポイント接続と偽ワイヤを使用した加入者インターフェイスMPLSサポートされています。Pseudowire 加入者インターフェイス機能により、サービス プロバイダは、MPLS ドメインをアクセス アグリゲーション ネットワークから加入者管理が実行されるサービス エッジに拡張できます。サービス プロバイダは、フェイルオーバー、再ルーティング、統一された MPLS ラベル プロビジョニングなどの MPLS 機能を活用しながら、単一の偽ワイヤを使用してサービス ネットワーク内の多数の DHCP および PPPoE 加入者にサービスを提供できます。

メモ:

Pseudowire 加入者論理インターフェイスは、MICS(イーサネット モジュラー インターフェイス カード)を備えたモジュラー ポート コンセントレータ(MPC)でのみサポートされています。

pseudowire は、インターネットベースのレイヤー 2 VPN MPLS 2 回線のいずれかであるトンネルです。pseudowire トンネルは、イーサネットによってカプセル化されたトラフィックをアクセス ノード(DSLAM などのアグリゲーション デバイスなど)から加入者管理サービスをホストする MX シリーズ ルーターに転送します。物理ルーター上で pseudowire トンネルMX シリーズ終端は、物理イーサネット終端と似ています。これは加入者管理機能が実行されるポイントです。サービス プロバイダは DSLAM ごとに複数の PseudoWire を設定してから、特定の偽ワイヤ上で多数の加入者のサポートをプロビジョニングできます。

図 1 は、 加入者管理MPLS提供するネットワークの一部を示しています。

PseudoWire のアクセス ノード側では、加入者トラフィックは、PseudoWire 上に積み重ね可能なインターフェイスの数とタイプによって制限され、さまざまな方法で PseudoWire にグルーミングできます。アンカー ポイントを指定します。これは、アクセス ノードで pseudowire トンネルを終了する論理トンネル インターフェイスを識別します。

図 1:MPLS管理サポートを備えるネットワーク アクセス ネットワーク MPLS Access Network with Subscriber Management Support

図2は 、PseudoWire加入者論理インターフェイスのプロトコルスタック を示しています。pseudowire は、物理インターフェイス(IFD)上の論理トンネル アンカー ポイントを超える仮想デバイスであり、回線指向のレイヤー 2 プロトコル(レイヤー 2 VPN またはレイヤー 2 回線)をサポートしています。レイヤー 2 プロトコルは、トランスポートとサービスの論理インターフェイスを提供し、プロトコル ファミリー(IPv4、IPv6、または PPPoE)をサポートします。

Junos OSリリース18.3R1から、MPCおよびMICインターフェイスを備えたMX シリーズルーターでは、レイヤー3 VPNおよびドラフトローゼンマルチキャストVPNで、冗長論理トンネルを超える偽ワイヤ加入者サービス インターフェイスのサポートが導入されました。 それ以前は、レイヤー3 VPNが論理トンネル インターフェイス上での Pseudowire 加入者サービスをサポートしていただけでなく、これらのインターフェイスではユニキャストルーティングプロトコルを使用しました。 おOSPFやBGPなどですこのサポートを利用して、pseudowire 加入者インターフェイス上でマルチキャスト ルーティング プロトコル PIM(プロトコル独立マルチキャスト)をプロビジョニングし、VRF(仮想ルーティングおよび転送)ルーティング インスタンスで終端処理を実行できます。さらに、偽ワイヤ論理インターフェイス デバイスのスケーリング数が増加しています。この数は、冗長論理トンネル インターフェイス上の PseudoWire 加入者インターフェイスに対する追加の弾力性サポートを提供します。

メモ:

pseudowire加入者サービス インターフェイスが、メンバー インターフェイス(またはFPC)が存在しない冗長論理トンネルに固定されている場合、トンネル インターフェイスがダウンします。このような場合は、pseudowire インターフェイス(物理および論理)もダウンする必要がありますが、PseudoWire 加入者の論理インターフェイスの状態は上がったままですが、PseudoWire 加入者サービス インターフェイスのサービス側から カスタマー エッジ(CE)デバイスに向かう ping などのレイヤー 2 回線サービスは使用できません。

偽ワイヤ加入者の論理インターフェイスのトランスポート側では、サービスがアップし続だからです。

図2:Pseudowire加入者インターフェイスプロトコルスタック Pseudowire Subscriber Interface Protocol Stack

pseudowire 設定は加入者管理アプリケーションに対して透過的であり、加入者管理に使用されるパケット ペイロードには影響を与える必要はありません。DHCP や PPPoE などの加入者アプリケーションは、物理インターフェイス上にスタックされるのと同様に、レイヤー 2 上でスタックできます。

Junos OS リリース 16.1R1、MPLS PseudoWire 加入者のサービス側および非加入者の論理 family inet family inet6 インターフェイスでサポートされます。

Junos OS リリース 16.1R1から、Inline IPFIX は、ユーザーが使用する pseudowire 加入者の論理インターフェイスのMPLS側でサポートされています。

Junos OS リリース 15.1R3 および 16.1R1 以降のリリース以降では、CCC カプセル化は MPLS PseudoWire 加入者論理インターフェイスのトランスポート側でサポートされています。

ソフトウェア リリース Junos OS 19.1R1、pseudowire 加入者インターフェイスでサポートされているカプセル化タイプは以下のみです。

  • トランスポート論理インターフェイス—CCC(回線クロスコネクト)カプセル化。

  • Service logical interfaces:

    • イーサネットVPLSカプセル化

    • VLAN ブリッジ カプセル化

    • VLAN VPLSカプセル化

最初のJunos OS リリース 19.1R1、pseudowire 加入者トランスポートおよびサービスの論理インターフェイスに追加のカプセル化が追加されます。トランスポート論理インターフェイスは、イーサネットVPLSカプセル化をサポートし、ルーティング インスタンス上のインターフェイス終端のための l2backhaul-vpn プロビジョニングを行います。サービス論理インターフェイスは、CCC(回線クロスコネクト)カプセル化をサポートし、ローカルに切り替えたレイヤー2回線上でインターフェイスを終端するためのプロビジョニングを行います。

カプセル化タイプの追加がサポートされている場合、レイヤー2回線やレイヤー3VPNなど、複数のVPNサービスへのVPNのd demuxのメリットを l2backhaul 得できます。pseudowire 加入者インターフェイスは冗長論理トンネルに固定いので、この強化によりライン カードの冗長性も提供されます。

Junos OSリリース15.1R3および16.1R1以降のリリース以降、MPLS PseudoWire加入者論理インターフェイスのサービス側で、サービス拒否(DDoS)の分散型保護がサポートされています。

Junos OS リリース 15.1R3 および 16.1R1 以降のリリース以降、Policer と Filter は、MPLS PseudoWire 加入者の論理インターフェイスのサービス側でサポートされています。

Junos OS リリース 15.1R3 および 16.1R1 以降のリリース以降では、論理インターフェイス上の正確な送信統計情報が、MPLS PseudoWire 加入者論理インターフェイスのサービス側でサポートされています。

Junos OS リリース 17.3R1 以降のリリース以降、アクティブバックアップ モードの基礎となる冗長論理トンネル インターフェイス(rlt)により、pseudowire 加入者の論理インターフェイスにステートフル アンカー ポイント冗長がサポートされます。この冗長性により、アンカー PFE(コア PFE)の障害からアクセスとパケット転送エンジン保護します。

アンカー冗長化 Pseudowire 加入者論理インターフェイスの概要

pseudowire 加入者の論理インターフェイスを使用する pseudowire 導入のMPLSでは、論理インターフェイスを固定する論理トンネルをホストする パケット転送エンジン の障害が発生すると、トラフィックロスが発生し、その後の加入者セッション ロスが発生します。

サービス パケット転送エンジン障害検知のコントロール プレーンサービスに依存しない。代わりに、ハートビートベースの基になるアルゴリズムを使用して、システム内の他のパケット転送エンジンの障害を検出するライブネス検出メカニズムを使用します。ホストされている論理トンネルパケット転送エンジン障害も示し、最終的にはセッション損失が発生します。このセッション 損失を回避するには、トラフィックを失わずにセッションを移動できる冗長なアンカー ポイントが必要です。

Junos OS リリース 17.3 以降、pseudowire 加入者論理インターフェイスは、アクティブバックアップ モードで rlt(基礎となる冗長論理トンネル)インターフェイスを使用してインスタンス化できます。これは、単一の論理トンネル インターフェイス上に偽ワイヤをインストールするほかにです。冗長論理トンネル インターフェイス上に pseudowire 加入者論理インターフェイスを実装する最も顕著な利点は、基礎となる転送パスの冗長性を提供する方法です。

Junos OS リリース 18.3R1する前に、特定のルーターに最大 2048 台の PseudoWire 加入者冗長論理トンネル インターフェイス デバイスをMX シリーズできます。Junos OSリリース18.3R1から、MPCおよびMICインターフェイスを備えたMX シリーズルーターでは、pseudowire冗長論理インターフェイス デバイスのスケーリング数が7,000台に増加し、障害回復力が強化されました。

Junos OS 17.3 では、拡張されたアグリゲート インフラストラクチャもサポートされ、パケット転送エンジン ポイントの冗長性を提供します。拡張アグリゲート インフラストラクチャでは、冗長論理トンネル インターフェイス上に作成する必要がある、少なくとも 1 つの制御論理インターフェイスが必要です。pseudowire 加入者の論理インターフェイス用に作成されたトランスポートおよびサービスの論理インターフェイスはどちらも、冗長論理トンネル用のアンダーレイ制御論理インターフェイス上に積み重ねされます。このスタック モデルは、冗長および非冗長の PseudoWire 加入者論理インターフェイスの両方に使用されます。

次のイベントにより、冗長グループからの物理インターフェイスの削除をトリガーする必要があります。

  • MPC(モジュラーPICコンセントレータ)またはMIC(モジュラー インターフェイス カード)のハードウェア障害。

  • マイクロカーカークラッシュによるMPC障害。

  • MPC または MIC は、管理上、オフラインで取得されます。

  • MPC または MIC の電源障害。

図 3 は 、冗長論理トンネル インターフェイス上での pseudowire 加入者の論理インターフェイス スタックの詳細を示しています。

図 3:冗長論理トンネル インターフェイス上の Pseudowire加入者論理インターフェイス スタック Pseudowire Subscriber Logical Interface Stacking over Redundant Logical Tunnel Interface
メモ:

静的サービス ifl は、RLT を使用した場合、トランスポート ifl 上にスタックされません。

デフォルトでは、 冗長トンネル インターフェイス のリンク保護は元に戻ります。アクティブなリンクに障害が発生した場合、トラフィックはバックアップ リンクを通じてルーティングされます。アクティブなリンクが再確立すると、トラフィックが自動的にアクティブなリンクにルーティングされます。これにより、トラフィック損失と加入者セッション ロスが発生します。

トラフィックとセッション 損失を克服するには、 設定ステートメントを使用して、冗長トンネル インターフェイスに対して不法リンク保護を設定できます set interfaces rltX logical-tunnel-options link-protection non-revertive 。この設定では、アクティブなリンクが再確立された場合、トラフィックはアクティブなリンクにルーティングされ、バックアップ リンク上で引き続き転送されます。そのため、トラフィック ロスや加入者セッション ロスは発生しません。コマンドを使用して、バックアップ リンクからアクティブ なリンクにトラフィックを手動で切り替 request interface (revert | switchover) interface-name えすることもできます。

注意:

トラフィックの手動切り替えにより、トラフィック ロスが発生します。

メモ:
  • 制御論理インターフェイスは、pseudowire 加入者論理インターフェイスの設定を使用して冗長なトンネル インターフェイス上に暗黙的に作成されます。このため、追加の設定は必要はありません。

  • 冗長論理トンネル インターフェイスでは、32メンバーの論理トンネル物理インターフェイスを使用できます。ただし、冗長論理トンネル インターフェイス上でホストされている偽ワイヤ加入者論理インターフェイスでは、論理トンネル物理インターフェイスの数は 2 に制限されています。

メモ:

偽ワイヤがそのインターフェイスに固定されている場合、基礎となる冗長論理トンネル(rlt)インターフェイスや基礎となる論理トンネル(lt)インターフェイスを無効にすることはできません。基礎となるインターフェイスを無効にする場合は、まず pseudowire を非アクティブにする必要があります。

Junos OS リリース 18.4R1 から、冗長論理トンネル インターフェイスを使用して、シングルホップ Bidirectional Forwarding Detection(BFD)セッションのインライン配信がサポートされます。論理トンネル インターフェイス上の pseudowire 加入者の場合、インターフェイスは単一のフレキシブル PIC コンセントレータ(FPC)で固定され、その結果、シングルホップ BFD セッションのインライン配信がデフォルトでサポートされています。pseudowire 冗長論理インターフェイスを使用すると、メンバーの論理トンネル インターフェイスを異なるラインカードでホストできます。冗長論理インターフェイスでは分散アドレスを使用できません。このため、シングルホップ BFD セッションの配信は、デバイス リリースリリース前に集中モードJunos OSされました18.4R1。

PseudoWire 冗長論理インターフェイスを使用したシングルホップ BFD セッションのインライン配信がサポートされる中、最大 2,000 のシングルホップ BFD セッションを 1 秒間隔で拡張し、セッションのパフォーマンスを向上させる検知時間の改善が可能です。

冗長論理インターフェイスを使用した PseudoWire 加入者の BFD 操作は次のとおりです。

  1. 新しい BFD セッションが追加された場合、アクティブな FPC またはバックアップ FPC に固定できます。

  2. FPCのいずれか1つが失敗または再起動すると、そのFPCでホストされているセッションすべてがダウンし、利用可能な次の配信アドレスに対して再び固定がトリガーされます。セッションが他のFPCおよび BFDパケット交換にインストールされた後、BFDセッションは戻されます。

    ただし、設定された BFD 検出時間に応じて、バックアップ FPC 上のセッションがダウンしない場合があります。新しいアクティブな FPC の転送状態はプログラミングに時間がかかる場合があります。

  3. アクティブな FPC に障害が発生すると、すべての BFD セッションがバックアップ FPC に固定されます。同様に、バックアップ FPC に障害が発生すると、すべての BFD セッションがアクティブな FPC に固定されます。

  4. アクティブな FPC が再びオンラインの場合、BFD セッションの再固定はトリガーされません。

  5. 復帰しない動作が有効になっている場合、以前にアクティブだった FPC が再びオンラインになると、セッションがダウンするとは見なされません。デフォルトの復帰動作では、転送状態を更新する必要がある場合があります。検出時間の設定に応じて、セッションがフラップされる場合とフラップされない場合があります。

メモ:

論理トンネル インターフェイス上の PseudoWire 加入者上でのシングルホップ BFD セッションのインライン配信をサポートしている場合、以下を考慮に入れて考慮してください。

  • FPCタイプMPC 7eでは、7000ルーティングインスタンスのアクティブ化により、7000 BGPセッションが冗長論理トンネルインターフェイスに固定された PseudoWire加入者インターフェイス上に確立するのに約6分かかっています。

  • 新しいシステム ログ エラー メッセージ - はノンストップ アクティブ JTASK_SCHED_SLIP ルーティング(NSR)中に記録されます。これは、高いスケールの NSR の動作を想定しています。セッション フラップのような他の問題(アクションを必要とする場合を含む)がない限り、安全に無視できます。

Junos OSリリース21.4R1から、DHCPやPPPoEなどの加入者アプリケーション向けアクティブ/アクティブ冗長論理トンネル(RLT)インターフェイスを使用して、pseudowire上の加入者インターフェイスでBNGのCoSサポートを導入しました。このCoSは、論理トンネル リンクのスケジューリング ノードを提供することで実現されます。動的インターフェイス、インターフェイス セット、静的な基礎となるインターフェイス、RLT 上の動的な基礎となるインターフェイスの場合、CoS は、アクティブ/アクティブ モードで複数の論理トンネル リンクを持つ RLT 内の各リンクにスケジューリング ノードを割り当てします。プライマリ リンクとバックアップ リンクを持つターゲットとするインターフェイスとターゲットを絞ったインターフェイス セットの場合、CoS はプライマリ リンクとバックアップ リンクにスケジューリング ノードを割り当て、スケジューリング ノードの使用を最適化します。サブスクライバの対象となるインターフェイスのトラフィックは、デバイス が加入者レベルで適用CoS、すべてのプライマリ LT リンクに分散されます。また、特定の加入者からのトラフィックは常に同じポリシーで処理パケット転送エンジン。

図 4 は 、加入者アクセスの 4 レベルスケジューラ階層に使用される親と子のインターフェイスの詳細を示しています。動的 PPPoE IFL と動的 IFL セットは子ノードです。動的 svlan IFL-set および動的または静的 UIfl ノードは親ノードです。

図 4:加入者アクセス用の 4 レベルのスケジューラ階層 Four-level Scheduler Hierarchy for Subscriber Access

ノードでターゲット設定を有効にした場合、すべての子ノードのターゲット設定を有効にして、ネットワークをCoSする必要があります。子ノードを有効にするには、 で動的プロファイルを設定 [edit interfaces ps1 auto-configure stacked-vlan-ranges dynamic-profile] します。[動的プロファイルの編集] で動的なターゲットを絞ったインターフェイスとインターフェイス セットを設定して、動的プロファイルを作成します。

以下に、動的プロファイル設定の例を示します。

また、この機能は拡張 IP モードでのみ動作するから、階層レベルでネットワーク サービスを enhanced-ip [edit chassis] 設定する必要があります。

ターゲットとするアクティブ/アクティブの複数リンク モードは、RLT インターフェイスのターゲット アルゴリズムを使用して、クライアントを異なる RLT メンバー(プライマリ/セカンダリ レグ ペア)に分散します。ターゲット設定は、動的加入者および動的インターフェイス セットに適用できます。ターゲット アルゴリズムは、メンバー のリンク ペアに関連付けられた偽 IFL のリストを取得し、構成済みに基づいて十分な容量を持つ最初の偽 IFL を選択します rebalance-subscriber-granularity

ターゲット設定が有効になっている場合、加入者にはクライアント タイプに基づいてデフォルトのターゲット重量が割り当てられます。ターゲット アルゴリズムは IFL 選択プロセスで割り当て重みを使用し、IFL の重み付けは割り当てられた偽 IFL に対する重み付けです。IFLset を除くすべてのオブジェクトでは、割り当てと選択重み付けは同じで、クライアント プロファイルを使用して変更できます。IFLset の場合、クライアント プロファイルを使用して割り当て重み属性のみを変更し、IFLset の重み付けは 0 の値で固定されます。

表 1:さまざまなクライアント タイプのデフォルトの重み付け

クライアント タイプ

割り当て重量

重み付け

Dvlan

1

1

IPDemux

1

1

PPP

1

1

IFLset

32

0

Pseudowire 加入者論理インターフェイスの設定

pseudowire 加入者論理インターフェイスは、アクセス ノードから加入者管理をホストする MX シリーズ ルーターへの MPLS pseudowire トンネルを終了し、インターフェイスで加入者管理サービスを実行できます。

PseudoWire 加入者論理インターフェイスを作成するには、次の方法に示します。

  1. ルーターがサポートできる偽ワイヤ論理インターフェイスの数を指定します。
  2. pseudowire 加入者論理インターフェイス デバイスを設定します。
  3. トランスポート論理インターフェイスを設定します。
  4. pseudowire 加入者インターフェイスのシグナリングを設定します。レイヤー 2 回線シグナリングまたはレイヤー 2 VPN シグナリングのいずれかを使用できます。2 つのシグナリング タイプは、特定の PseudoWire には対して相互に限定されます。
  5. サービスの論理インターフェイスを設定します。
  6. 基礎となるインターフェイス デバイスを設定します。
  7. データ パラメーター CoS BA 分類を設定します。
  8. (オプション)動的プロファイルを偽ワイヤ加入者論理インターフェイスに関連付ける。

    DHCP、PPPoE、IP demux、VLAN 動的プロファイルを偽ワイヤ加入者論理インターフェイスと関連付けできます。このサポートは、一般的なイーサネット インターフェイスのサポートと同様です。

    メモ:

    PPPoE動的プロファイルを使用してd demuxインターフェイス デバイス上で偽ワイヤ加入者論理インターフェイスを作成する場合、動的プロファイルは、インターフェイスが作成されている正しい偽ワイヤ インターフェイス デバイスを明示的に指定する必要があります。動的プロファイルは、VLAN demuxインターフェイスと同様に、demux0インターフェイス デバイス上に自動的にインターフェイスを作成しない。

  9. (オプション)pseudowire 加入者論理インターフェイスのインターフェイス セット サポートを設定します。
  10. (オプション)偽ワイヤ論理デバイス上でPPPoE論理インターフェイスをスタックします。
  11. (オプション)Pseudowire サービス(PS)インターフェイス上の加入者トラフィックのロード バランシングをサポートしています。加入者トラフィックにロード バランシングサポートの設定 を参照してください

ルーターでサポートされる Pseudowire 論理インターフェイス デバイスの最大数の設定

ルーターが加入者論理インターフェイスに使用できる pseudowire 論理インターフェイス デバイス(pseudowire トンネル)の最大数を設定する必要があります。最大数を設定はまた、pseudowire インターフェイスのインターフェイス名を定義します。その後、インターフェイスを設定する場合、ps0からpsまでの範囲でインターフェイス名を指定する必要があります (device-count - 1)

たとえば、デバイスの最大数を5に設定した場合、インターフェイスps0、ps1、ps2、ps3、ps4のみを設定できます。

リリース Junos OS リリース 17.2R1する前に、特定のルーターに最大 2048 台の偽ワイヤ論理インターフェイス デバイスMX シリーズできます。Junos OSリリース17.2R1から、MPCおよびMICインターフェイスを備えたMX シリーズルーターでは、pseudowire論理インターフェイス デバイスのスケーリング数が7,000台に増加し、障害回復力が追加されました。

同様に、Junos OS リリース 18.3R1 の前に、特定のルーターに最大 2048 台の PseudoWire 加入者冗長論理トンネル(rlt)インターフェイス デバイスを指定MX シリーズできます。Junos OSリリース18.3R1から、MPCおよびMICインターフェイスを備えたMX シリーズルーターでは、PseudoWire冗長論理インターフェイス デバイスのスケーリング数が7,000台に増加し、障害回復力が強化されました。

Junos OS リリース 20.4R1 から、MX2K-MPC9E または MX2K-MPC11E ライン カードを使用した MX2010 および MX2020 ルーターで、最大 1,8000 台の PseudoWire 論理インターフェイス デバイスを指定できます。

最大の pseudowire 論理インターフェイス デバイスをホストする PFE は、ビジネス エッジ のシナリオで発生する可能性がある特別なケースに必要な構成の柔軟性を提供します。ただし、pseudowire 論理インターフェイス デバイス ポートで追加のサービスを設定する場合、使用可能な PFE リソースを超える場合があります。スケーリングされた構成をサポートするには、シャーシに適切な数の PFE を入力し、予想されるピーク負荷が PFE に圧倒されがちな方法で偽ワイヤ論理インターフェイス デバイスを PFE 全体に配信する必要があります。特定の導入のネットワーク計画の一環として、PseudoWire 論理インターフェイス デバイスのディストリビューションと、デバイスに関連付けられたサービスの正確な組み合わせを考慮する必要があります。

ベスト プラクティス:

設定された pseudowire 論理インターフェイス デバイスは、デバイスにアクティブな加入者論理インターフェイスがない場合でも、共有プールからのリソースを消費します。リソースを節約するために、使用する予定が過剰な数の偽ワイヤ デバイスを導入しなけれ。

ルーターにサポートする pseudowire 論理インターフェイス デバイスの数を設定するには、次の手順に示します。

  1. pseudowire サービスを設定する必要を指定します。
  2. pseudowire 論理インターフェイス デバイスの最大数を設定します。

Pseudowire 加入者論理インターフェイス デバイスの設定

ルーターが加入者の論理インターフェイスに使用する偽ワイヤ論理インターフェイス デバイスを設定するには、pseudowire 終端を処理する論理トンネルを指定します。また、冗長論理トンネルを使用して、メンバーの論理トンネルに冗長性を提供できます。VLAN タギング方法、プロトコル プロトコル、gratuitous ARP サポートなど、インターフェイス デバイスにMTUパラメーターを設定できます。

メモ:

pseudowire 論理インターフェイス デバイス用の論理トンネルを作成する必要があります。冗長論理トンネルを使用している場合は、冗長トンネルを作成する必要があります。

pseudowire 加入者インターフェイス デバイスを設定するには、次の手順に示します。

  1. pseudowire加入者論理インターフェイス デバイスを設定する必要がある場合に指定します。
    メモ:

    使用可能なインターフェイス名は ステートメントによって決定 [edit chassis pseudowire-service device-count] されます。指定する名前は、 ps0からpsの範囲内にある必要があります (device-count - 1) 。その範囲の外部でインターフェイス名を指定した場合、pseudowire インターフェイスは作成されません。

  2. pseudowire論理インターフェイス デバイスのアンカー ポイントである論理トンネル インターフェイスを指定します。アンカー ポイントは、形式が指定 lt されたデバイスである必要があります lt-fpc/pic/port
    注意:

    pseudowire 加入者インターフェイスを使用しているすべての加入者を最初に有効にしない限り、pseudowire 加入者インターフェイス デバイスに関連付けられた論理トンネル インターフェイスを再設定してくだい。

    メモ:

    トンネル サービスは、冗長論理トンネル内のアンカー ポイントまたはメンバー リンクである lt インターフェイスで有効にする必要があります。トンネル サービスを有効にするには、 set chassis fpc slot-number pic pic-number tunnel-services bandwidth bandwidth コマンドを使用します。

    メモ:

    偽ワイヤがそのインターフェイスに固定されている場合、基礎となる論理トンネル(lt)インターフェイスや冗長論理トンネル(rlt)インターフェイスを無効にすることはできません。基礎となるインターフェイスを無効にする場合は、まず pseudowire を非アクティブにする必要があります。

  3. (オプション)pseudowire 論理MAC アドレスデバイスのインターフェイス インターフェイスを指定します。
    メモ:

    トラフィックを通過する前、または偽ワイヤ ポートMAC アドレスサブスクライバをバインドする前に、トラフィックの設定を変更する必要があります。pseudowire MAC アドレス がアクティブな場合(上位レイヤーのプロトコルがネゴシエートされている場合など)、隣接関係が新しいネットワーク プロトコルを学習するまでネットワーク パフォーマンスに悪影響を与えるMAC アドレス。

  4. (オプション)pseudowire 論理インターフェイス デバイスに使用する VLAN タギング方法を指定します。単一のタグ、デュアル(スタック)タグ、混合(柔軟な)タグ付け、またはタグなしを指定できます。

    VLAN タギングの詳細については、「 VLAN タギング の有効化 」を参照してください。

  5. (オプション)pseudowire 論理インターフェイス デバイスのカプセル化タイプを指定します。

    Junos OSリリース19.1R1から、それぞれトランスポートおよびサービスの偽ワイヤ加入者論理インターフェイス デバイスに対して、イーサネットVPLSと回線クロスコネクトベースのカプセル化という追加のカプセル化を設定できます。

  6. (オプション)pseudowire 論理インターフェイス デバイスMTUのインターフェイス インターフェイスを指定します。設定オプションを明示的に設定MTU、ルーターはデフォルト値の 1500 を使用します。

    詳細 については、「 プロトコル設定MTU を参照してください。

  7. (オプション)pseudowire 論理インターフェイス デバイスが gratuitous ARP 要求に応答しない場合を指定します。

    詳細 については、「 Gratuitous ARP の設定 」を参照してください。

  8. (オプション)pseudowire 論理インターフェイスデバイス上のトラフィックに対してリバースパス転送チェックが実行されるを指定します。
  9. pseudowire 論理インターフェイス デバイスの追加のオプション パラメーター(説明、apply-groups、apply-groups-except、traceoptionsなど)を設定します。

Pseudowire 加入者論理インターフェイス デバイスのアンカー ポイントの変更

アクティブな偽ワイヤ デバイスがスタックされているアンカー ポイントを動的に変更することはできません。アンカー ポイントを移動する前に、特定の変更をコミットする必要があります。この状況の例としては、アンカー ポイントを 1 つの論理トンネルから別の論理トンネルに、論理トンネルから冗長論理トンネルに、冗長論理トンネルから論理トンネルに移動します。

アンカー ポイントを論理トンネル インターフェイス間で移動するには、次の方法に示します。

  1. スタックされた偽ワイヤを無効にしてコミットする。この場合、PseudoWire を使用して加入者をダウンこれが必要な場合があります。
  2. 非アクティブ化された pseudowire のアンカーを新しい論理トンネル インターフェイスとコミットに変更します。
  3. スタックされた偽ワイヤを再度有効化してコミットする。

アンカー ポイントを論理トンネル インターフェイスから冗長な論理トンネル インターフェイスに移動するには、次の方法に示します。

  1. スタックされた偽ワイヤを無効にしてコミットする。この場合、PseudoWire を使用して加入者をダウンこれが必要な場合があります。

  2. 新しい冗長論理トンネル インターフェイスを追加してコミットします。

    1. トンネルを作成し、許可されるデバイスの最大数を設定します。

    2. 各メンバーの論理トンネルを冗長論理トンネルにバインドします。

      メモ:

      冗長論理トンネルでは、メンバーがアクティブバックアップ モードである必要があります。バックアップ論理トンネルは、アクティブ論理トンネルとは異なる FPC 上に作成する必要があります。たとえば、アクティブ トンネルが FPC 3 上の場合、バックアップ トンネルは FPC 4 などの別の FPC 上に作成する必要があります。

    3. 変更をコミットします。

  3. 非アクティブ化された pseudowire のアンカーを新しい冗長論理トンネル インターフェイスとコミットに変更します。

  4. スタックされた偽ワイヤを再度有効化してコミットする。

アンカー ポイントを冗長論理トンネル インターフェイスから、冗長論理トンネルのメンバーである論理トンネル インターフェイスに移動するには、次の方法に示します。

  1. スタックされた偽ワイヤを無効化する。この場合、PseudoWire を使用して加入者をダウンこれが必要な場合があります。冗長論理トンネル インターフェイスを削除して変更をコミットします。

  2. 非アクティブ化された pseudowire のアンカーを新しい論理トンネル インターフェイスとコミットに変更します。

  3. スタックされた偽ワイヤを再度有効化してコミットする。

Pseudowire 加入者論理インターフェイスのトランスポート論理インターフェイスの設定

このトピックでは、pseudowire トランスポート論理インターフェイスを設定する方法について説明します。Pseudowire デバイスは、1 つのトランスポート論理インターフェイスのみを持つできます。

Pseudowire 論理デバイスと、関連する pseudowire 論理インターフェイスは、レイヤー 2 VPN またはレイヤー 2 回線である、基礎となる論理トランスポート インターフェイス デバイスの状態に依存します。

メモ:

pseudowire デバイスの unit 0 トランスポート論理インターフェイスを表す場合に使用することをお勧めします。ユニット番号がゼロ以外は 、pseudowire 加入者インターフェイスに使用されるサービス論理インターフェイスを表します。

PseudoWire トランスポート論理インターフェイスを設定するには、次の手順に示します。

  1. pseudowire加入者論理インターフェイス デバイスを設定する必要がある場合に指定します。
  2. トランスポート論理インターフェイスを表すユニット0を設定する設定を指定します。
  3. (オプション)トランスポート論理インターフェイスのカプセル化方法を指定します。

    Junos OS リリース 19.1R1から、pseudowire 加入者トランスポート論理インターフェイスに対する回線クロスコネクトベースのカプセル化に加えて、イーサネットVPLSカプセル化を設定できます。

  4. (オプション)ルーティング インスタンス上でトランスポート論理インターフェイスの終端 l2backhaul-vpn を設定します。このサポートは、現在のリリースJunos OSから有効19.1R1。

Pseudowire 加入者論理インターフェイスのレイヤー 2 回線シグナリングの設定

このトピックでは、pseudowire 加入者論理インターフェイスのサポートに使用されるレイヤー 2 回線シグナリングを構成するための手順について説明します。レイヤー 2 VPN シグナリングは、pseudowire 加入者の論理インターフェイスにも使用できます。2つの方法は1つ独自の方法です。特定の PseudoWire には 1 つの方法しか使用することはできません。

PseudoWire インターフェイス用にレイヤー 2 回線シグナリングを設定するには、次の手順に示します。

  1. プロトコル階層レベルでレイヤー 2 回線パラメータを設定する必要がある場合に指定します。
  2. ネイバーの IP アドレスを指定して、レイヤー 2回線に使用される PE ルーターを識別します。
  3. レイヤー 2 回線トラフィックで使用されるインターフェイスを指定します。
  4. PseudoWire のレイヤー 2 回線を識別する仮想回線 ID を設定します。

レイヤー 2 回線の詳細については、「 レイヤー 2 回線のインターフェイスの設定 」を参照してください

Pseudowire 加入者論理インターフェイスのレイヤー 2 VPN シグナリングの設定

このトピックでは、pseudowire 加入者論理インターフェイスのサポートに使用されるレイヤー 2 VPN シグナリングを構成するための手順について説明します。レイヤー 2 回線シグナリングは、PseudoWire 加入者の論理インターフェイスにも使用できます。2つの方法は1つ独自の方法です。特定の偽ワイヤに対して1つの方法しか使用することはできません

PseudoWire インターフェイス用にレイヤー 2 VPN シグナリングを設定するには、次の手順に示します。

  1. 設定するルーティング インスタンスの名前を指定します。
  2. レイヤー 2 VPN ルーティング インスタンス タイプを設定します。
  3. レイヤー2 VPNの偽ワイヤ論理インターフェイスを関連付ける。
  4. レイヤー 2 VPN に属するルートの一意の識別子を設定します。
  5. ルーティング インスタンスの VPN ルーティングおよび転送(VRF)ターゲットを設定します。
  6. ルーティング インスタンスのレイヤー 2 VPN プロトコルを設定する必要がある場合に指定します。
  7. ルーティング インスタンスのカプセル化タイプを設定します。
  8. レイヤー 2 VPN のサイト名とサイト識別子を指定します。
  9. サイトに接続するインターフェイスと、指定されたインターフェイスに接続するリモート インターフェイスを指定します。
  10. レイヤー 2 VPN を使用するトラフィックのトレース オプションを設定します。

Pseudowire 加入者論理インターフェイスのサービス論理インターフェイスの設定

このトピックでは、pseudowire サービスの論理インターフェイスを設定する方法について説明します。サービス論理インターフェイスは、pseudowire 論理インターフェイスの接続回線を表します。

Pseudowire加入者論理インターフェイスの概要 で説明されているとおり、ビジネスの必要性に応じて、サービスの論理インターフェイスを上位の加入者の論理インターフェイスと一緒に設定するかどうかを選択できます。ブロードバンド エッジ設定では、上位の加入者の論理インターフェイスが加入者の分位点になります。ただし、ビジネス エッジの設定では、サービスの論理インターフェイスはビジネス加入者の分位点であり、加入者の論理インターフェイスとして機能します。このため、加入者の論理インターフェイスは明示的に設定されていません。

メモ:

ユニット番号がゼロ以外は 、pseudowire 加入者インターフェイスに使用されるサービス論理インターフェイスを表します。PseudoWire unit 0 デバイスの トランスポート 論理インターフェイスを表す場合に使用します。

pseudowire サービスの論理インターフェイスを設定するには、次の手順に示します。

  1. pseudowire加入者論理インターフェイス デバイスを設定する必要がある場合に指定します。
  2. サービス論理インターフェイスのユニットを設定します。0 以外のユニット番号を使用します。
  3. (オプション)サービス論理インターフェイスのカプセル化タイプを指定します。

    Junos OS リリース 19.1R1 から、PseudoWire 加入者サービスの論理インターフェイスに対するイーサネット VPLS、VLAN ブリッジ、VLAN VPLS カプセル化に加えて、回線クロスコネクト ベースのカプセル化を設定できます。

    pseudowire 加入者サービス論理インターフェイスは、単一の論理インターフェイス上の単一タグ付きトラフィック、二重タグ付きトラフィック、VLAN リストをサポートしています。

  4. (オプション)ファミリー回線クロスコネクト カプセル化にフィルターとポリシーを設定します。
  5. VLAN タグ IP を設定します。
  6. デバイスが ARP 要求ターゲット アドレスにアクティブ ルートを持つ場合に、ARP 要求に応答するインターフェイスを設定します。
  7. プロトコル ファミリー情報を設定する必要がある設定を指定します。Pseudowire サービス論理インターフェイスは、IPv4(inet)、IPv6(inet6)、および PPPoE(pppoe)プロトコル ファミリーをサポートしています。

    たとえば、IPv4 ファミリーを設定するには、次の手順に示します。

    1. IPv4を設定する設定を指定します。

    2. ファミリーのパラメーターを設定します。

  8. (オプション)ローカルに切り替えたレイヤー 2 回線上でサービス論理インターフェイスの終端を設定します。このサポートは、現在のリリースJunos OSから有効19.1R1。

VC 11タイプ サポートによる PWHT の設定

概要サービス PE ルーター上で PseudoWire ヘッドエンド 終端(PWHT)インターフェイスを設定し、pseudowire 加入者(PS)トランスポート論理インターフェイスでカプセル化 ethernet-tcc を設定できます。

この機能を使用すると、サービス PE ルーターは、アクセス側の顧客から送信される TDM/SONET/SDH カプセル化トラフィックをサポートする必要があります。LDP 信号 FEC 128(仮想サーキット(VC)タイプ 11)である IP ベースのポイント to-point pseudowire は、サービス PE ルーターを CE ルーターに接続しているアクセス デバイスに接続します。pseudowire を設定して、レイヤー 3 VPN インスタンスまたはグローバル IP テーブルに終了します。

この機能は、IPv4 および IPv6 ペイロード、ユニキャスト およびマルチキャスト トラフィックをサポートします。

サービス PE ルーターは、回線のどちらの端で異なる解決プロトコルが使用されている場合でも、ARP 調停を使用してレイヤー 2 アドレスを解決します。サービス PE ルーターには、アクセス ルーターのCEローカルに接続されたとして表示されます。この ARP 調停は、IPv4 アドレスのプロキシ ARP と、IPv6 アドレスの近隣探索プロトコル(NDP)によって提供されます。サービス PE ルーターは、アクセス CE ルーターの IPv4 アドレスに対応するローカル ARP エントリーを作成するか、またはアクセス CE ルーターの IPv6 アドレスをネイバー テーブルに追加します。

VC 11タイプのサポート l2circuit で PWHT のインターフェイスとプロトコルを設定する前に、以下を実行します。

メモ:

PS インターフェイスで family tcc 有効に encapsulation ethernet-tcc した場合、設定に関する次の制約に注意してください。

  • PS物理インターフェイス当たり1つのIP偽ワイヤのみをサポート
  • 制御語はサポートされていません。PSインターフェイス上の BFD用。IP PseudoWire のアクティブスタンバイ、ホットスタンバイ、または全アクティブ構成の場合

サービス PE ルーター上で PWHT を設定し、レイヤー 3 VPN インスタンスに終端するには、次の手順に示します。

  1. 次のコマンドを使用して、RLT(冗長論理トンネル)を設定します。
  2. インターフェイスの設定—rltインターフェイスで冗長グループとメンバー インターフェイスを設定し、rltインターフェイス上のアンカー ポイントを設定し、PSトランスポートとサービスの論理インターフェイスを設定します。 トランスポート family tcc 論理インターフェイスで設定 ethernet-tcc とカプセル化タイプを設定します。注の直後のインターフェイス設定の例を参照してください。
    メモ:
    • 1つのPSサービス論理インターフェイスのみを設定します。
    • ARP は、PS サービスの論理インターフェイス上に設定されたサブネット内のすべての IP アドレスについて、サービス PE ルーターで生成できます。多くの ASP が生成されるのを防ぐには、PS サービスの論理インターフェイスで /30 または /31 サブネットを使用することをお勧めします。
  3. プロトコルを l2circuit 設定し、ステートメントを含め、IP TLV が送信されます。 としてトランスポート論理インターフェイスでカプセル化タイプ send-ip-addr-list-tlv を設定します internetworking 。プロトコル設定の例を次に示します。

    次の show コマンドを使用して、この設定の結果を表示できます。

    • コマンドを show route table l2circuit.0 使用して、VCタイプ11が有効になっているか確認します。
    • コマンドを show l2circuit connections extensive 使用して、カプセル化がインターネットワーキングに設定されているのを確認します。
    • コマンドを使用して、IP偽ワイヤからIP偽ワイヤにトラフィックを転送するラベルルートとtccルートが追加されているのを show route table mpls.0 protocol l2circuit 確認します。

加入者トラフィックに対するロード バランシング サポートの設定

アクティブ/アクティブ モードで、ルーターの LT リンクを使用して RLT を設定します。RLT アプリケーションを拡張して、LT の子メンバー リンクを集約プロパティとして含めできます。

Junos OS リリース 21.4R1 から、RLT の複数の LT 子メンバー リンクを使用して、PS インターフェイス上の加入者セッションに対する ロード バランシング サポートを同時に提供します。RLTロード バランシングのロード バランシングを利用して、PSインターフェイス上の加入者トラフィックを、異なるPCやラインカード上に分散および負荷分散できます。

RLT インターフェイスでは、PS アンカー ポイントの冗長性をサポートして LAG モードを強化します。RLT に固定された PS IFD を設定する場合、 [シャーシ ネットワーク サービスの編集] 階層レベルで オプションまたは オプション enhanced-ip enhanced-ethernet を使用します。

計算されたハッシュは、ECMP パスとコンピューティング パスの選択にロード バランシング。レイヤー 2 イーサネットロード バランシング経由で IPv4 トラフィックの設定と設定が可能です。IP情報に基ロード バランシングイーサネット偽ワイヤの設定も可能です。

制限

  • BNG インターフェイスロード バランシングPS(pseudowire 加入者)インターフェイス機能でサポートされています。これは、デバイス ルーター上の BBE アクセス モデルをサポートしているすべてのトリオベース ラインカードMX シリーズされています。

  • PS 物理インターフェイスを無効にしない限り、PS アンカー ポイントを変更することはできません。

  • RLT メンバーを追加または削除するときに、一時トラフィックの中断が発生する可能性があります。RLTメンバー リンク動作の追加または削除は、他のアグリゲート インターフェイス動作と同様です。

  • 各 LT メンバーのイングレス統計は使用できません。ただし、集約 PS IFL または IFD 統計は両方向で使用できます。

  • RLTアクティブ/アクティブ モードは、加入者サービスでのみサポートされています。

複数のアクティブな子供 LT リンク上のPS over RLTでの現在のロードバランシングサポートでは、以下はサポートされていません。

  • PS over RLT インターフェイスは、ライン MX240、MX480、MX960サポートされます。

  • CoSアクティブ/アクティブ モード メンバー リンクに対する階層型 Policer インターフェイスのサポート

  • CoS PS(PseudoWire サービス)インターフェイス上の加入者トラフィックに対するアグリゲート イーサネット サポートのサポート

  • L2 サービス IFL およびビジネス エッジ(L3)のアクティブ/アクティブ モード メンバー リンクのサポート

  • 非冗長でPSインターフェイスをサポート

  • pseudowire CoS論理インターフェイスのアンカー ポイント冗長化のための階層型ネットワーク サポート

加入者トラフィックに対ロード バランシング ポリシー サポートを設定するには、次の手順に示します。

  1. ルーターで拡張 DHCP ローカル サーバー オプションを設定する 」 を参照してください。 「 拡張 DHCP ローカル サーバーとしてルーターを設定する 」 を参照してください
  2. 2 つの異なるライン カードで 2 つの論理トンネルを設定し、RLT(冗長論理トンネル)を作成します。
  3. メンバーインターフェイス インターフェイス名を設定して、RLTインターフェイスを設定し、冗長グループに論理トンネルインターフェイスを含める。RLTインターフェイスの設定 については、「 Pseudowire加入者論理インターフェイスデバイスの設定 」を参照してください。
  4. 加入者管理用に動的プロファイルを設定する 方法については、「 加入者管理用動的プロファイル 」を参照してください
  5. 同じ仮想回線 ID を持つバックアップ ネイバーを使用した l2 回線の設定については、 例: LDP の Longest Match の設定を参照してください
  6. LT インターフェイスのエグレス統計情報を使用して、トンネルのエグレス帯域幅の利用を検証できます。RLTアクティブ/アクティブ モードサポート上のPSの設定を表示します。
リリース履歴テーブル
リリース
説明
21.4R1
Junos OS リリース 21.4R1 から、DHCP や PPPoE などの加入者アプリケーション用のアクティブ/アクティブ冗長論理トンネル(RLT)インターフェイス上の pseudowire(PS)上の加入者インターフェイスで BNG の CoS サポートを導入しました。
21.4R1
Junos OS リリース 21.4R1 から、RLT の複数の LT 子メンバー リンク上の PS インターフェイス上の加入者セッションに対する ロード バランシング サポートを同時に提供します。RLTロード バランシングのロード バランシングを利用して、PSインターフェイス上の加入者トラフィックを、異なるPCやラインカード上に分散および負荷分散できます。
21.2R1
Junos OS 21.2R1 から、インターフェイス上でイーサネット tcc カプセル化が適用されたサービス PE ルーター上に PWHT インターフェイスを設定できます。pseudowireは VCタイプ11です
20.4R1
mx2K-MPC9E または MX2K-MPC11E ライン カードを使用した Junos OS リリース 20.4R1 ルーターの MX2010 および MX2020 ルーターでは、最大 1,8000 台の PseudoWire 論理インターフェイス デバイスを指定できます。
19.1R1
このリリース Junos OSリリース 19.1R1、pseudowire 加入者トランスポートおよびサービスの論理インターフェイスに追加のカプセル化が追加されます。トランスポート論理インターフェイスは、イーサネットVPLSカプセル化をサポートし、l2backhaul-vpnルーティングインスタンス上のインターフェイス終端のためのプロビジョニングを行います。サービス論理インターフェイスは、CCC(回線クロスコネクト)カプセル化をサポートし、ローカルに切り替えたレイヤー2回線上でインターフェイスを終端するためのプロビジョニングを行います。
19.1R1
Junos OSリリース19.1R1から、それぞれトランスポートおよびサービスの偽ワイヤ加入者論理インターフェイス デバイスに対して、イーサネットVPLSと回線クロスコネクトベースのカプセル化という追加のカプセル化を設定できます。
19.1R1
Junos OS リリース 19.1R1から、pseudowire 加入者トランスポート論理インターフェイスに対する回線クロスコネクトベースのカプセル化に加えて、イーサネットVPLSカプセル化を設定できます。
19.1R1
Junos OSリリース19.1R1から、PseudoWire加入者サービスの論理インターフェイス用のイーサネットVPLS、VLANブリッジ、VLAN VPLSカプセル化に加えて、回線クロスコネクトベースのカプセル化を設定できます。
18.4R1
Junos OS リリース 18.4R1 から、冗長論理トンネル インターフェイスを使用して、シングルホップ BFD(Bidirectional Forwarding Detection)セッションのインライン配信がサポートされます。
18.3R1
Junos OSリリース18.3R1から、MPCおよびMICインターフェイスを備えたMX シリーズルーターでは、レイヤー3 VPNおよびドラフトローゼンマルチキャストVPNに、冗長論理トンネル上の偽ワイヤ加入者サービス インターフェイスがサポートされています。
18.3R1
Junos OSリリース18.3R1から、MPCおよびMICインターフェイスを備えたMX シリーズルーターでは、PseudoWire冗長論理インターフェイス デバイスのスケーリング数が7,000台に増加し、障害回復力が強化されました。
18.3R1
Junos OSリリース18.3R1から、MPCおよびMICインターフェイスを備えたMX シリーズルーターでは、pseudowire冗長論理インターフェイス デバイスのスケーリング数が7,000台に増加し、障害回復力が強化されました。
17.3R1
Junos OS リリース 17.3R1 以降のリリース以降、アクティブバックアップ モードの基礎となる冗長論理トンネル インターフェイス(rlt)により、pseudowire 加入者の論理インターフェイスにステートフル アンカー ポイント冗長がサポートされます。この冗長性により、アンカー PFE(コア PFE)の障害からアクセスとパケット転送エンジン保護します。
17.2R1
Junos OSリリース17.2R1から、MPCおよびMICインターフェイスを備えたMX シリーズルーターでは、pseudowire論理インターフェイス デバイスのスケーリング数が7,000台に増加し、障害回復力が追加されました。
16.1R1
Junos OSリリース16.1R1から、MPLS PseudoWire加入者のサービス側および非加入者の論理インターフェイスで、ファミリー inetとファミリー inet6がサポートされています。
16.1R1
Junos OS リリース 16.1R1から、Inline IPFIX は、MPLS PseudoWire 加入者論理インターフェイスのサービス側でサポートされています。
15.1R3
Junos OS リリース 15.1R3 および 16.1R1 以降のリリース以降、CCC のカプセル化は、MPLS PseudoWire 加入者の論理インターフェイスのトランスポート側でサポートされています。
15.1R3
Junos OSリリース15.1R3および16.1R1以降のリリース以降、DDoS(分散型サービス拒否)保護は、MPLS PseudoWire加入者論理インターフェイスのサービス側でサポートされています。
15.1R3
Junos OS リリース 15.1R3 および 16.1R1 以降のリリース以降、Policer と Filter は、MPLS PseudoWire 加入者の論理インターフェイスのサービス側でサポートされています。
15.1R3
Junos OS リリース 15.1R3 以降16.1R1以降のリリースでは、論理インターフェイス上の正確な送信統計情報が、MPLS PseudoWire 加入者論理インターフェイスのサービス側でサポートされています。