Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

アカウンティング プロファイルと SCU クラスの関連付け

ソース クラスが定義され、インバウンド インターフェイスとアウトバウンド インターフェイスで実装され、転送テーブルに適用されると、送信元クラスをアカウンティング プロファイルに関連付ける準備が整います。階層レベルでアカウンティング プロファイルを [edit accounting-options class-usage-profile] 設定します。SCU ソース クラスまたは DCU 宛先クラスのいずれかをアカウンティング プロファイルに関連付けることができます。また、データ キャプチャのファイル名、クラス使用プロファイル名、および SCU 情報をファイルに保存する頻度を示す間隔(分)を指定することもできます。

注:

SCU アカウンティングは、出力フィルター処理の前にアウトバウンド インターフェイスで実行されます。SCU マークのパケットがルーターで破棄された場合、SCU カウンターは実際よりも多くのトラフィックを示すことができます。SCU フィルターによって破棄されたすべてのパケットが記録されるようにするには、フィルター カウンターまたは traceoptions ログを使用する必要があります。ログに記録された場合、SCU カウンターから破棄されたパケットを減算して、真のトラフィック プロファイルを計算できます。

DCU アカウンティングはフィルタリング プロセスの後に発生するため、DCU はこの免責事項の影響を受けません。